資産管理

独身者の老後計画!老後へ向けたお金の管理は出来ていますか?

更新日:

独身貴族の方々は老後についてお考えでしょうか。老後のことを考え貯金している方や何もしていない方もいるかと思います。老後の生活は誰も想像が出来ないことであり、老後には何が必要となるのかも不明なことが多くあります。ですので、お金が稼げる今だからこそ老後について考え出来ることを行っていきましょう。ここでは、老後の為に出来る貯金術や老後の生活スタイルをご紹介しています。

老後が不安という方は是非参考にしてみてください。また、老後に出来ることは働けるうちに必ずあります。出来ることを出来るだけ行い後悔しない生活を送りましょう。

独身者ができる老後のための貯金術

老後の暮らしで最も必要と言われているのがお金です。老後のために年金を払っているかと思いますが、今問題となっているのが年金暮らしは難しいということです。ここでは、年金だけでは生きていけない独身者の老後のために出来ることを出来るうちに行いましょう。独身者が老後困らないために出来る貯金術をご紹介しています。

独身者ができる老後のための貯金方法①目標金額を決める

独身者ができる老後のための貯金方法1つ目は「目標金額を決める」ことです。まずは目標を立てることをしなくては何事も始まりません。老後のために必要なお金を貯める為の目標金額を決める時に注目して欲しいのが、今の老後生活に必要と言われている金額です。

今必要と言われている金額は平均3,000万円以上は必要と言われています。そしてこの金額は生活をして行くだけに必要とされる金額ですので、さらにお金を準備する必要があります。まず老後のためにお金を貯めるのであれば3,000万円を目標に頑張りましょう。

また、注意してほしいのが、貰えるお金で生活したいと考えている方です。老後は厚生年金や国民年金といったお金で生活できるという方もいますが、あまり余裕のある生活は出来ずに、苦しい生活を送る方が多くなっています。老後に苦しみたくないという方必ずお金を貯めるようにしましょう。

独身者ができる老後のための貯金方法②ボーナスは貯金へ

独身者ができる老後のための貯金方法2つ目は「ボーナスは貯金へ」ということです。独身者の方には今まで将来のことも考えることなく、貯金をしたことがない方もいるかと思います。そういった方に貯金をおすすめしても方法が分からず諦めてしまう場合もあります。

そんな貯金方法を知らない方におすすめする貯金術がボーナスを全て貯金に回すことです。一人暮らしの方で裕福な暮らしをしていない限りはボーナスなどの余るという方も多いと思います。一人暮らしの方は比較的お金に困らないかと思いますので、ボーナスは貯金をしましょう。

ボーナスを貯金に回すことで毎月コツコツと貯金を頑張らずともお金は貯まっていきます。ただし、目標金額を立て目標に近付けるように貯金をして行かないと後悔することとなりますので、計算をしながら貯金をして行きましょう。

独身者ができる老後のための貯金方法③生活費を決める

独身者ができる老後のための貯金方法3つ目は「生活費を決める」ことです。老後のために貯金をするのなら生活費を決めることをおすすめします。生活費を決めることで無理なく貯金をすることが出来るだけでなく、やりくり上手になります。老後は限られたお金の中で生活をしなくてはいけなくなるため、早めにやり繰りを覚えておくと老後も楽に暮らせます。

また、生活費を決める時に注意するべきなのが、余裕を持った生活を送らずギリギリの生活にならない金額に決めましょう。余裕がある生活を送っても、ギリギリの生活をしてもやり繰り上手にはなれませんので、あなたの生活にとってちょうどいい生活費を決めましょう。

独身者ができる老後のための貯金方法④毎日貯金

独身者ができる老後のための貯金方法4つ目は「毎日貯金」です。毎日貯金とは生活を圧迫しない程度の毎日貯金できる金額を決めて貯金することです。人によっては100円しか貯金できないという方もいますが、この貯金は毎日行うことが重要です。100円貯金でも10年続ければ365,000円になります。もし、500円貯金できれば10年で180万円以上貯まることになります。

毎日積み重ねることでかなりの貯金が出来ます。年金や個人的な積み立てだけでなく、老後のために貯金を増やしたいという方はこの方法がおすすめです。毎日を行う時は100円と決めたから絶対に100円しか貯金できないというワケではありません。余裕のある時は100円以上入れることもおすすめです。ただし、決めた金額以下を貯金するのは避けましょう。

独身者ができる老後のための貯金方法⑤節約生活

独身者ができる老後のための貯金方法5つ目は「節約生活」です。やはりお金を貯めるには節約生活が必須です。お金を沢山稼ぐ人にとっては節約生活は不要かも知れませんが、収入が少なく将来が不安という方は一人暮らしであっても節約生活を送ることをおすすめします。

節約生活は貯金ができやすくなりますので、貯金したい方にはおすすめする方法ですが、それだけでな老後の為にも節約する習慣を身につけておく必要があります。老後は限られた貯金の中からやり繰りをすることとなります。上記でご紹介しましたやり繰り上手になるのも必須ですが、節約生活を覚えておくと無理をしない楽な老後を送ることが出来ます。

節約生活は少し厳しく避けたいと考える方もいるかと思いますが、節約方法を知り無理をしないことで楽しく節約しお金を貯めることが出来ます。節約生活で貯金をしたいという方は節約方法を学びましょう。

独身の老後の生活スタイル

突然ですが独身の方の老後の暮らし方はご存知でしょうか。老後は旅行や若い頃に出来なかったことを使用と夢見る方も少なくはないと思いますが、老後を安定した生活を送るには意外と現実的なことを知っておくべきだと思います。老後の生活で夢見ることは良いのですが、現実を知っておかなければ楽しくない老後となってしまいます。

ここでは、独身者の老後の暮らし方をご紹介しています。独身者の老後の暮らし方が気になるという方は是非参考にしてみてください。

趣味や習い事を楽しむことを探す

独身者の老後の暮らしは趣味や習い事を楽しむ方が多くいます。必ず独身者の方が老後は趣味や習い事を楽しんでいるというワケではありませんが、老後を安心して安全に暮らすために利用している方がいます。というのも近年問題となっている孤独死などを防ぐ為に人との触れ合いをしていたり、ボケ防止などで趣味や習い事をしている方がいます。

老後の暮らし方は自由でしたいことが出来るイメージですが、老後の生活になってから趣味や習い事をするのは少し抵抗があったり行動力が無くなり出来なくなる方も多くいます。独身者の方は老後の生活を送る前に趣味や習い事を見つけておくことをおすすめします。

シニア向けマンションや老人ホームを探す

独身者の方は老後に向けてシニア向けマンションや老人ホームを探しておくことをおすすめします。独身者の方は老後に生活は一人でしたいことが色々と出来ますが、体が弱ってきたり、病気になってしまうと看病が必要となります。独身者の方でも看病をしてくれる人がいる場合はシニア向けマンションや老人ホームを探す必要はありません。

ですが、誰も居ないという方は老後の生活を送る前にシニア向けマンションや老人ホームを探しておきましょう。シニア向けマンションや老人ホームというのは近年増えてきましたが、入りたい時にすぐに入居できる場所が少なくなっています。ですので、老後生活を送る前に見つけておくなどしましょう。

まとめ:独身者の方の老後生活を知ろう

独身者が老後のためにできることは参考になったでしょうか。老後はお金が兎に角必要となります。老後は金が稼げない分、働けるうちにためておくことをおすすめします。また、老後のために習い事や趣味、またはシニア向けマンションや老人ホームを探しておきましょう。独身者の老後はかなり準備することがありますのでできる時に行っておきましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.