支出削減

家計簿を付けるだけでできる簡単節約術!節約したい方は必見

更新日:

家計簿を付けていますか。近年では家計簿を付けていないという方が増えてきていると耳にします。家計簿を付けなくなる原因としては、家計簿を付けることが面倒といった理由や継続できないなどが原因です。家計簿の付け方次第は確かに面倒ですが、付け方を工夫すればとても簡単に楽して家計簿を付けることが出来ます。家計簿を付けて節約したいという方は是非参考にしてみてください。

簡単に出来る家計簿の付け方貯金を増やす方法

家計簿の簡単な付け方はご存知でしょうか。家計簿の付け方は食費や光熱費など掛かった金額を書くといった方法がよく知られている家計簿の付け方ですが、その方法を行うと時間が掛かったり面倒だったりします。ここでご紹介します家計簿の付け方はとても楽で三日坊主の方でもすぐにできる方法です。

家計簿を付けたくでも面倒だと避けている人や過去に家計簿付けに挫折してしまい諦めたという方は、特に必見です。ここで紹介する家計簿の付け方がとても楽が出来る方法ですので、是非行ってみてください。簡単に家計簿を付けて節約しましょう。

簡単に家計簿を付け貯金を増やす方法①レシートを貼る

簡単に家計簿を付け貯金を増やす方法1つ目は「レシートを貼る」ことです。家計簿を付ければ節約になると言われていますが、家計簿を付ける習慣が無くてはなりません。家計簿は簡単に付けれると言われていますが、時間が掛かり面倒という方もいます。家計簿が面倒という方には文字を書くのではなく、レシートを貼ることをおすすめします。

家計簿にレシートを貼るだけで、いくらお金を使ったのかやどんなことに出費が掛かったのかが簡単に分かります。レシートを貼る時は日付ごとに貼ったり、見やすい様にレシートを貼るなど工夫することで見直しがしやすい家計簿となります。

簡単に家計簿を付け貯金を増やす方法②商品名と金額を書く

簡単に家計簿を付け貯金を増やす方法2つ目は「商品名と金額を書く」ことです。家計簿の付け方は色々ありますが、家計簿の付け方は人それぞれあります。簡単な家計簿の付け方を上記でご紹介しましたが方法が合わないという方もいると思います。そんな方は商品名と金額を書くようにしましょう。

家計簿を書く時は光熱費や交通費、食費といったざっくりとした記入の仕方をするかと思いますが、ざっくりと書くのではなく、購入しました商品名と金額をしっかりと書くことで分かりやすい見直しがしやすい家計簿を作ることが出来ます。ですが、食費など商品名を書いていると細かくなるものは書かずに、娯楽物などを購入した時に書くと効果があります。

簡単に家計簿を付け貯金を増やす方法③欲しいものを書きだす

簡単に家計簿を付け貯金を増やす方法3つ目は「欲しいものを書きだす」ことです。家計簿を付ける時は、次回飼いたいものや欲しいものがあるのであれば、その商品名を書くようにしましょう。購入したいものを書くことで、本当に必要な物なのかや欲しいものなのかなど考えることができます。

家計簿の簡単節約術

家計簿を付けても節約できないと思っている方も多いかと思います。家計簿を付けるだけで簡単に節約できる方法があります。節約できないと悩んで切る方は是非参考にしてみてください。

家計簿の簡単節約術①目標額を決める

家計簿の簡単節約術1つ目は「目標額を決める」ことです。どんな節約術や貯金方法を行う場合でも目標金額を決めることが需要となってきます。目標金額を決めることによって、節約生活が苦しくなり心がくじけそうになる時でも目標金額を決めることで継続する力となります。

ただし、目標金額を決める時は注意しましょう。目標金額を決める時は目標金額が高いと挫折する原因となりますので、節約生活が成功するまでは達成できる金額にしておきますよう。また、目標金額の設定が低すぎるもの失敗する原因となりますので注意が必要です。

家計簿の簡単節約術②欲しいものと必要なものを考える

家計簿の簡単節約術2つ目は「欲しいものと必要なものを考える」ことです。欲しい物は必要なものと考えがちですが、欲しいものの多くは必要なものではありません。欲しいものは必要なものと思いがちですが、実際に購入してみると要らないものだったりして後悔する経験をした方も少なくはないと思います。

上記でも言っている通り家計簿を付けるだけでは家計を楽にすることも貯金することもできません。欲しい物は必要なものと思い購入するのではなく、本当に必要なものなのかをしっかりと考えてから購入するようにしましょう。

家計簿を付けても簡単に節約できない原因

家計簿を長年継続して付けても節約できないと悩んでいる方はいませんか。実は家計簿を付けても節約が出来ない人には共通した原因があります。ここでは、家計簿を付けていても全く意味がないと頭を抱える方の原因と改善方法をご紹介します。

家計簿を付けても簡単に節約できない原因①家計簿の付け方が間違っている

家計簿を付けても簡単に節約できない原因1つ目は「家計簿の付け方が間違っている」ことです。家計簿を長年付けているのに成果が表れないという方は、本当に家計簿の付け方はあっていますか。家計簿の付け方が適当だったりすると効果がありません。長年付けていても効果がないという方は家計簿の付け方を見直してみましょう。

また、家計簿の付け方が分からないという方は光熱費や食費などの費用だけでなく、使ったお金を全て書き出すようにしましょう。そして、上記でご紹介しましたように娯楽物などに使用した金額も全て書き出すことで効果が出る家計簿が出来ます。

家計簿を付けても簡単に節約できない原因②家計簿を付けているだけ

家計簿を付けても簡単に節約できない原因2つ目は「家計簿を付けているだけ」です。家計簿を付けていても効果がないという方の中には、家計簿を付けているだけという方がいます。家計簿を書くだけでは効果を発揮することはありません。家計簿の意味は使用した金額を書きだし、無駄なものを知るために使うものです。

ただ家計簿を付けているだけでは全く効果を発揮しませんので、今までつけてきた家計簿をしっかりと見直し、無駄なものを購入していないかや削減できそうな部分を見つけ出してみましょう。

家計簿を付けても簡単に節約できない原因③家族で協力していない

家計簿を付けても簡単に節約できない原因3つ目は「家族が協力していない」ことです。家計簿を付けていても節約できないという方は家族の協力を得れていますか。あなたがいくら頑張って家計簿を付けていたり節約を頑張っていても家族の協力が無くては節約は出来ません。

家計簿を付けるのも節約にとって重要な方法ですが、まずは家族に協力してもらうことを最優先にしましょう。家族に協力してもらうことで、今まで苦戦していたこともすぐにできる可能性もあります。節約生活を成功させるには家族の協力を得ることが最も重要なポイントです。

家計簿を付けても簡単に節約できない原因④無駄使いをしている

家計簿を付けても簡単に節約できない原因4つ目は「無駄使いをしている」ことです。家計簿を付けていても成果が表れないという方は無駄使いをしてはいませんか。家計簿を付けていても無駄使いをしていては何の意味もありません。家計簿は無駄使いを見抜く手段でもありますので、家計簿を付けるだけでなく無駄使いを探しましょう。

また、上記でご紹介しましたように欲しいものは必要なものとは限りません。こうした考えを無くし必要なものを見極める力を付けることで無駄使いを無くすことが出来ます。無駄使いを無くし貯金や家族のために使いましょう。

まとめ:簡単に家計簿を付けれる方法を知ろう!

簡単に出来る家計簿の付け方は参考になったでしょうか。従来の家計簿の付け方では時間が掛かり、家計簿自体付けることが面倒となってしまいます。ここで紹介しました方法を行えば誰でも簡単に付けることが出来ますので、家計簿付けに苦戦していたり継続できないと悩んでいた方はぜひお試しください。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.