投資

風力発電の投資前に押さえたいポイントをわかりやすく解説!

投稿日:

風力発電は、太陽光発電と同じように個人でも始められ、近年は環境にやさしいエコエネルギーであると同時に、投資の対象としても注目されています。

また会社員として勤務しながら負担なく副業を始めたい方にとって、再生可能エネルギーを利用した風力発電は、身近で興味のある分野ではないでしょうか。

今回は、風力発電の投資前に押さえておきたいポイントをわかりやすく説明します。メリットだけでなく、デメリットも正直にお伝えします。

風力発電が投資先としておすすめの理由

風力発電と聞いて、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。

海岸沿いや広い平原で大型の風車が何基も回っている、そんな風景を思い浮かべる方も多いと思います。

今までの風力発電は、企業や自治体が投資して設置し、稼働させる大規模なものでしたが、現在では太陽光発電のように、個人でも参入できるものになっています。

そんな、小型風力発電を投資先としておすすめの理由を説明します。

風力発電も固定買取制度で安心

風力発電も再生可能エネルギーですので、太陽光発電のように経済産業省の決定した固定買取価格が適用されます。

小型風力発電は陸上風力発電として、2018年度より規模の大小にかかわらず買取価格が決定しています。

2019年の買取価格は以下の通りです。
・陸上風力 20円+税
・陸上風力リプレース(既存の施設を活用)17円+税

2017年の買取価格が、陸上風力発電は55円+税でしたが、広く普及して設置価格や施設費が低下したことで、リプレースとほぼ同額にまで下がりました。

参考までに太陽光発電の買取価格は、非住宅用(10kw以上2,000w未満)で18円+税です。このように比較すると、これから始めるのであれば、風力発電は太陽光発電と遜色ないことが明白です。

このように、風力発電による電力が固定価格で買い取りの対象になることは、投資先としての安心につながり、十分な魅力です。

太陽光発電のデメリットを補う

太陽光発電市場は、現在供給過剰な状態です。

実際九州電力管内では5月の連休中に、需要と供給の観点から電力の買取が一時停止されました。今後も晴天が続き企業活動が落ち着く連休中は、このような電力の買取停止措置がとられる可能性も否定できません。

一方の風力発電の強みは、夜間の発電です。

電力の利用は、一般家庭では夜間が最も多くなりますが、太陽光発電は昼間にしか発電できません。そこで風力発電の存在が増します。風さえあれば、時間に関係なく発電する風力発電は、需要にこたえられる電力を作り出します。

太陽光発電を夜間使用できるようにするためには、蓄電装置の購入などの費用も発生します。しかし風力発電であれば、電力を使用する時間にも発電するので蓄電装置も小型のもので対応可能です。

また、雨や雪の多い地方に住んでいる方にとって、太陽光発電は季節に影響を受けます。夏はそこそこ発電し収入を得られますが、冬は発電できないので収入を期待できません。

ところが、風力発電を導入することで、悪天候の冬に発電能力をあげることができ、収入が安定します。

風力発電投資で災害に備える

北海道地震で、ブラックアウトによる大規模停電の発生時に太陽光発電による電力を自家用に転用したことをご記憶の方も多いと思います。

電気のない生活は、現代社会では考えられません。北海道地震で電力を自家用に転用した場合に携帯電話の充電や冷蔵庫など、家庭での最低限の電力が確保できたといった報告もあります。

日本では災害に対する備えに投資することは、自分の身の安全や生活を守るために欠かせません。災害時の電力確保として、風力発電は十分価値ある投資です。

今後の生活を支えるエネルギーは、電力に対する依存度がますます高まります。その点においても再生可能エネルギーに投資することは、将来の自分や家族に必ず役立ちます。

市場の拡大でコスト低下による利益が増加する見込み

風力発電は、太陽光発電に比べて市場規模は小さいものです。したがって、設置やメンテナンスの専門業者が多くありません。

しかし、今後は個人の風力発電の増加が見込めるので、参入業者も増えると予想されています。しかも、従来の風力発電と比較して小型の機械であれば、参入も容易になります。

また、先ほどご説明したように、太陽光発電で思うように伸びなかった地域に伸びしろがあります。過疎に悩む小規模な自治体が、風力発電用の土地を提供するといった動きも加速することも予想されます。

市場が拡大すれば、維持コストは低下するので、利益の増加が期待できます。

何より、風力発電は自然エネルギーを活用しているので、メンテナンス以外にランニングコストが全くかかりません。設置場所は住宅地から離れた場所になるので、土地を購入しても、購入代金も固定資産税も負担に感じる金額ではありません。

同じように太陽光発電を過疎地域に設置した場合、人目につきにくく、それでいて取り外しが容易なことから、大規模な盗難被害も発生しています。しかし風力発電施設は、小型のものであっても簡単に取り外せないので、このような犯罪被害の心配もありません。

おすすめ証券口座

SBI証券

ネット証券最多の460万を超える口座数が安心感をもたらしてくれる(2019年7月24日現在)。

また日本最大級の顧客満足度調査(JSCI)の証券部門で2015年度1位に輝き、今年の「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」部門では総合1位に輝きました。

SBI証券  は情報量の多さに加え、少額資金で株取引が行えるミニ株など取扱商品も豊富にラインナップ。気になる分野が多岐にわたる場合にも対応してくれるのが魅力だ。

専門のアナリストが分かりやすく株式の動向を分析してくれたり、ネットを介して質の高いセミナーがいつでも視聴できる点から、初心者向けのサービスを展開している姿勢も見て取れる。

加えて、SBI証券が誇る株式取引ツールがHYPER SBIだ。最短1クリックで発注が可能な上、マーケット情報やニュースなどの豊富な情報を提供し、投資のチャンスを逃さないよう作られている。

HYPER SBIの利用料は月額500円(税込540円)だが、「先物・オプション取引口座」もしくは「信用取引口座」を開設する等の条件を満たすと無料で使用できる。

詳しく見る

楽天証券

安心&便利な証券口座を探しているなら、SBI証券がおすすめです。

SBI証券は、2019年のオリコン顧客満足度ランキングでネット証券総合1位に輝き、4年連続&12度めの受賞を果たしています。

お客様主義をモットーにサービスを展開し、証券総合口座数も2019年3月には463万に上昇中です。

《SBI証券のメリット》
★さまざまなニーズに応える豊富なラインナップ
★毎月・毎週・毎日と好きな日付けで積立OK
★友達や家族にすすめて最大10,000円キャッシュバック
★オンラインセミナー動画は随時更新

SBI証券にはハイブリッド預金サービスがあり、住信SBIネット銀行へ預金していると預金残高からSBI証券の株取引などを購入できます。株式などを取引して利益があれば、自動で証券口座に送られるしくみです。

いつも使っている銀行口座からSBI証券へもリアルタイムで入金できて、手数料は0円です。
またSBI証券は、金融のプロが利用する値動きに関するニュース配信やチャート検索で銘柄をチェックして即注文できるサポートツールも充実しています。

新しく証券口座を持つなら、安心と満足のあるSBI証券がベストです。

詳しく見る

 

風力発電が投資先としてデメリットな理由

もちろん、風力発電にも投資先としてのデメリットはあります。

風力発電は発電量が一定ではない

風力発電は風任せなので、発電量が一定ではありません。

そのため投資先として考えた場合、発電量や長期的な収支計画を立てることが困難です。対策として、土地の購入を先行して行い、風量測定を事前に行うことがおすすめです。

また、現在風力発電に投資できる土地を持っている場合、専門業者に依頼すると風量測定を行って、どれくらいの発電が可能か見積もりや計画を立てることもできます。

理想は6.5m以上の風力が確保できることと、風が強すぎると安全のために自動停止してしまうので、強すぎない場所が望まれます。

ある程度収支計画を立ててみることで、投資先としての具体的なイメージも持ちやすくなります。

風力発電の施設設置や維持管理の業者が少ない

太陽光発電と比較して、風力発電の施設の設置やメンテナンス作業を行う専門業者は限られています。

そこで、風力発電に適した土地の斡旋や、手持ちの土地の風量測定を依頼しようと思っても、選択肢は多くありません。

風力発電が一般的ではないため、依頼する側も専門知識の不足は否めません。したがって専門業者が少なければ、向こうの言いなりになってしまい、投資先としてのリスクは高くなります。

風量測定の段階から複数の業者に依頼して見積りをとるなど、信頼できる業者を選んでいくことも投資のためには重要です。将来の風力発電装置の設置及び維持管理のパートナー選びには欠かせない作業であることを認識してください。

風力発電施設の維持費用が必要

風力発電施設は、経年劣化による施設の老朽化も想定しておく必要があります。

24時間羽根を回して発電を続けるため、休みがありません。その点は施設の老朽化のペースが、休みながら稼働する太陽光発電に比較すると若干早くなります。

また、経年劣化以外に、思わぬアクシデントが発生することもあります。鳥の衝突や落雷、想定外の強風など自然災害ともいえる状況も起こることもあります。この場合、先ほどお話したように専門業者が限られているので対応に時間も費用もかかります。

しかし、どんな再生可能エネルギー施設でもこのようなアクシデントはつきものです。風力発電施設だけにおこるものではありませんので、ご承知おきください。

風力発電施設の設置場所の決定

風力発電施設は、住宅地に設置することは困難です。

例えば太陽光発電であれば、自宅の屋根に設置することも可能です。しかし風力発電施設は、小型タイプといっても高さが10m以上ありますので自宅の屋根に設置することは困難です。

また、実際には発生していないにもかかわらず、近隣住民から苦情が寄せられることもあります。風力発電の風切り音がうるさいといった騒音以外に、低周波音による体調不良や目障りだとか、施設の倒壊といった被害の発生を心配するといったものまであります。

そうなると風力発電施設の設置場所は自宅周辺以外から選ぶことになり、自分で勝手に決めることは困難になります。その場合は、苦情を言われない土地や風力発電の専門業者が勧める物件から選びます。

自分の思うような場所に設置できないことはデメリットですが、専門業者のすすめる場所であれば、一定の収支を見込めますので、完全なマイナス要素にはなりません。

また郊外にお住いの方や、周辺に住宅地のない場所に土地をお持ちの方は、条件が異なります。自身の思う場所や所有する土地に風力発電施設を設置して、投資することが可能です。

風力発電投資のまとめ

今回は風力発電投資を始める前に押さえておきたいポイントをお伝えしました。

一般に風力発電は、15年で投資費用を回収できるとされています。

どんな投資にもリスクはつきものですが、風力発電は再生可能エネルギーの中では想定外のリスクが少ないものです。そしてメンテナンス作業以外に毎月の維持費は必要なく、廃棄物もないので処理費用が発生しません。

再生可能エネルギーは経済産業省の決定する固定買取価格で、安定した収入を確保できます。そして現在は太陽光発電も風力発電も買取価格はほぼ同じで、資金の回収に必要な期間も変わりません。

会社員として勤務しながら、労力も時間も使わないで収入が増やせる風力発電を、これからの投資先としておすすめします。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.