その他

クレジットカードで年収を申告するのはナゼ?嘘をつくのは完全NG!

投稿日:

クレジットカードを契約する時に、必要な情報として「年収」があります。ポイントカードなどを作成する場合は年収の申告はないのに、クレジットカードになると年収の申告が必要になるということは審査するための重要な情報ということなのでしょうか?今回は、クレジットカードと年収にどのような関係があるのか、ご紹介します。

クレジットカードを契約するには年収・勤務地などの確認が必須

クレジットカードを契約する場合、「申請→審査→合否判定→カード所持」という流れになります。申請をする時に、氏名や住所、年収、勤務地などの個人情報が必要になります。年収は自己申告制であり、給与明細などの確認がないので、だいたいの年収を申告します。数十万単位で合っていれば、問題ありません。

年収や勤務地などは、ポイントカードなどを作成する場合には必要ない情報ですよね。しかし、なぜクレジットカードになると必要になるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

何のために確認するの?

まず、年収や勤務地は何のために確認するのか、ご説明します。

クレジットカードは、簡単に説明すると「カード会社が一時的に支払いを立て替えてくれるカード」です。そのため、一定以上の信用性がないとクレジットカードを発行してもらえないのです。あなたも、返してくれるか分からない人にお金を貸そうとは思わないですよね?カード会社も、それと同じことを考えているのです。

そこでカード会社が、あなたの信用性としての判断材料にするのが「年収・勤務地」などです。他にも、他のカード会社で支払いの滞納をしていないか、適度にクレジットカードを利用しているかなども判断材料になります。しかし、初めてクレジットカードを持つ方は後者のような、クレジットカードの利用履歴はありません。そのため、年収や勤務地が重要になってきます。

嘘をついてもバレる可能性が高い

年収・勤務地の申告は「自己申告であり、給与明細などの提示は求められない」とご説明しました。この部分を悪用すれば、嘘の年収・勤務地を申告することも可能ですよね。しかし、絶対に嘘はつかないようにしましょう。

まず、勤務地についてです。勤務地についての情報として、勤務地の住所・電話番号・会社名などを申告します。ここで1文字間違えてしまったり、”有限会社”を”株式会社”と書いてしまう少しのミスなら教養範囲内です。しかし、自分を大きく見せるために、実際の勤務地ではなく大手の会社を申告するのはNGです。少しでも不振に思われることがあると、申告した会社宛てに在籍確認され、実際には勤めていないことがバレます。

また、年収と聞かれると「20万円×12ヶ月で、ボーナスも入ると…」と考え、細かい数字まで出すのは大変ですよね。そのため、年収が280万円の方が300万円と申告しても、許容範囲内になっています。しかし、年収280万円の方が500万円と申告するのは問題アリです。年収は勤続年数や雇用形態(社員・準社員など)によってだいたいの予想がつきます。その予想から大きく外れることがあると、収入が確認できるような資料の提出を求められることがあります。そうなると、嘘はバレてしまいますよね。

このように年収・勤務地などについて嘘の申告をすると、審査に落ちることに加え、カード会社のブラックリストに載り、そのカード会社からは永久的にクレジットカードの契約拒否をされる可能性があります。このようなブラックリストに載らないためにも、正しい年収・勤務地の申告をしましょう。

クレジットカードの審査に年収は関係ない

ここで驚きの事実をご紹介します。実は、クレジットカードの審査は「年収は関係ない」と言われているのです。年収が0円で無職の方でも、条件に当てはまるカード会社があれば、クレジットカードを発行することができます。詳しくご説明します。

「安定した収入」があれば合格する可能性が高い

クレジットカードを申請する際に、年収や勤務地を申告するとご説明しました。この年収ですが、「◯百万円以上の年収がないと契約できない」などの決まりはありません。

年収に対しての条件としては「安定した収入」と決まっていることが多いです。そのため、あなたの月収が、一般的なサラリーマンの月収である月20万円以下であっても、定期的に決まった額の収入があれば申請し、合格する可能性が十分にあります。

無職でも審査に通る可能性がある

安定した収入がない方、つまり無職の方は、クレジットカードの発行はできないのではないか?と思いますよね。しかし、無職でもクレジットカードを作れるカード会社があるのです。そのようなカード会社を探す方法としては、「申込資格」を確認してみましょう。申込資格に「安定した収入がある」という条件がなければ、無職でもクレジットカードを持てる可能性があります。

また、「家族カード」に申し込むという手もあります。家族カードとは、家族が持っているクレジットカードのカード会社に連絡し、追加で発行してもらうクレジットカードのこと言います。しかし、引き落としはメインで契約している方の口座からになるので、何を購入したかバレバレになってしまいます。また、月末にはお金の清算を家族内で行わなければいけないので、少し面倒臭いという点もあります。家族カードは簡単に作れるので、クレジットカードを手に入れるためには一番手っ取り早いですが、面倒なこともくっついてくるので、しっかり考えてか発行するようにしましょう。

おすすめクレジットカード

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

年会費無料のクレジットカードなら、OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)が断トツでお得です。

通常100円の利用で1オリコポイントなのですが、入会後6ヶ月のあいだは2倍のポイントがもらえます。オリコモールを利用すれば入会後7ヶ月をすぎても、それ以上のポイントが貯まるサービスのある高還元率のクレジットカードです。

《オリコカード・ザ・ポイントはココがお得!》
★オリコモール経由で楽天市場やYahoo!ショッピング・Amazon利用可能
★毎月8の付く日はnanacoポイントが5倍貯まるハッピーデー
★貯まったポイントはiTunesやAmazon・LINEギフト、楽天やT-ポイントになる
★電子マネーのiDとQUICPay搭載、チャージ&サイン不要でお買い物

とにかくポイントが貯まりやすいのが魅力のオリコカード・ザ・ポイントですが、ポイント交換もスムーズでリアルタイム交換で、使いたいときすぐポイントをギフトなどにできます。

オリコモールコンシェルジュというブラウザ用の拡張機能があり、モールの経由忘れを防止できます。そして、オリコポイントゲートウェイアプリを使えば、スマホひとつでポイント移行も楽々です。

スピーディーにポイントを貯めて、お得に買い物を楽しみたいあなたにオリコカード・ザ・ポイントが役立ちます。

詳しく見る

楽天カード

パソコンやスマホでカンタンに申し込めて、年会費がずっと無料のクレジットカードに楽天カードがあります。

楽天市場など楽天のサービスを多く利用しているなら、楽天カードを持っていないと損をしてしまいます。

《楽天カードのメリット》
★楽天市場の利用でポイント+2倍!楽天トラベルなら+1倍
★貯まったポイントは楽天グループで1ポイント=1円で使える
★マクドナルドやペッパーランチ・大丸などでもポイントが貯まる&使える

また、楽天カードは海外旅行先でも便利に使えます。
日本から出国する以前に、自宅から空港へ行くときの交通費や旅行代金をを楽天カードで支払っていると海外旅行傷害保険が有効になります。海外通貨でのキャッシング機能もあり、旅行前に空港で両替えするよりも手数料が安くついてお得です。

また、楽天ポイントは2ポイント=1ANAマイルにも交換可能です。

楽天カードはファミリーで利用すると、もっとお得になります。
楽天カードを家族で利用すると、アプリでまとめて確認できます。アプリの家計簿サービスを利用すれば、レシート撮影で自動入力ができてカードの支払いとあわせて収支管理も楽チンです。

目標設定やヘソクリ設定もあり、ポイントを貯めながら賢く買い物して貯金や節約もできちゃいます。

詳しく見る

年収などによって持てるクレジットカードのステータスが変わる

クレジットカードには「通常・ゴールド・プラチナ・ブラック」とステータスがあります。通常のクレジットカードは上記のような審査を通過すれば、誰でも持つことができます。しかし、ゴールド以上になると、必要年収の最低ラインが決まっていたり、年間どれくらい利用しているのかなどをカード会社が審査し、招待されないと持てない制度になっているのです。各ステータスの内容を見ていきましょう。

ゴールドカード

ゴールドカードは、ステータスのあるクレジットカードのなかでも普通の会社員でも審査に通りやすいカードです。安定的な収入があり、クレジットカードを定期的に使用していれば、発行してもらえます。また、「年間◯万円以上使用」という条件で、カード会社から「ゴールドカードに変えませんか?」という招待状が届く場合があります。

ゴールドカードのメリットは、通常のクレジットカードよりも特典が少し豪華になっている程度です。しかし、その分年会費が上がる可能性があるので、ゴールドカードを契約する場合は必ず確認するようにしましょう。ゴールドカードの年会費はピンキリで、無料〜2万円程度まで幅があります。ゴールドカードにする場合、それだけの年会費を払うべきなのか確認するのが大切です。

プラチナカード

プラチナカードは、ゴールドカードの1つ上のカードです。プラチナカードになると、一気に審査基準が厳しくなる印象があります。まず、一般からの申請は受け付けていないことが多く、ほとんどが招待制です。招待制の場合、「ゴールドカードを利用していた」という条件も必要になります。

プラチナカードのメリットは、ゴールドカードとは段違いの特典を受けられることです。例えば、ディナーの招待や、プライオリティパスという世界中の空港のラウンジを無料で利用できることなどがあります。

しかし、年会費に関しても段違いに上がります。最低でも2万円はかかり、最高では13万円にもなるカード会社もあるのです。高年収の方でないと、プラチナカードをもっているだけで破産してしまいそうですよね。

ブラックカード

ブラックカードは、プラチナカードのさらに上、クレジットカードのステータスのなかでは最高のカードです。ブラックカードになると、全てのカード会社で招待制となっています。カード会社に選ばれた方でないと持てないカードなのです。

ブラックカードを持つようになると、コンシェルジュ・デスクを24時間365日利用でき、食事の予約や旅行時のチケット手配などをしてもらえます。さらに、プラチナカードよりも充実した特典を受けることができるのです。

年会費は、最低では5万円、最高では35万円以上にもなります。その他にも、入会金が50万円かかることもあるので、ブラックカードを所持するために必要な額は最高で85万円にもなります。並大抵の方では持つことができませんね…。

まとめ

クレジットカードと年収の関係について、ご説明しました。

クレジットカードを申請する時は、嘘偽りなく年収・勤務地の申告をしましょう。もし、ブラックリストに載ってしまうと、その後もずっと特定のカード会社が発行するクレジットカードを持てないことになります。また、無職でもクレジットカードを持てるのは驚きますよね。しかし、安定的な収入がある方と比べると、合格率は下がるので、審査に落ちる覚悟もしておきましょう。

年収の違いによって、ステータスの違うクレジットカードを持てることもご説明しました。お金持ちの方が持っているイメージが強いブラックカードなどは、特典が付いている代わりに、年会費も非常に高く、一般の会社員が持てないカードだということが分かりましたね。

身の丈に合ったクレジットカードを持ち、適度に利用するようにしましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.