その他

クレジットカードは何枚が適当なのか?複数枚持つメリットとデメリット

投稿日:

クレジットカードは1枚も作らない現金派の人もいれば、何十枚と所持しているクレジットカードマニアもいます。
でも最近ではクレジットカードの発行会社も増えて、店舗ごとに魅力的な特典などが付いています。その為もう一枚作ってもいいかなって考えたりすることもあるでしょう。

でも実際に「クレジットカードは何枚持ちが適当?」と思ったことはありませんか。
この記事ではどんな生活スタイルの人にも、適当なクレジットカード枚数かが分かるようにお伝えしていきます。

クレジットカードは何枚必要?

クレジットカードは一人あたり、2~3枚所持しています。
ほとんど人が、メインとサブを所持しているんです。でも中には何十枚も使い分けている人もいます。

メリット
・クレジットカードごとの特典サービスや割引が受けられる
・国際ブランドを使い分けて幅広く利用できる
・万が一の紛失や破損の場合でも、サブカードがあれば安心できる
・海外旅行損害保険の上乗せが可能(死亡保険金または後遺障害保険金については、保険金の限度額が多い方になる)

デメリット
・利用額、ポイント、暗証番号などの管理が大変になる。(暗証番号を1つに統一するのは危険!)
・年会費がかかる
・紛失しても分からない
・所持枚数が把握できなくなる

メリットとデメリットのバランスを考えてもクレジットカードは、2~3枚ぐらいが管理がしやすく、メインカードとサブカードを使い分けている方が多く、これ以上増えるマネジメントが大変だと感じるのでしょう。

ただこれはあくまでも参考にすぎず、クレジットカードの適当は何枚かは個人のライフスタイルによってかわります。
その為にもクレジットカードを持つ目的をより明確にしていれば、管理が困難になることを防ぐことができます。

おすすめクレジットカード

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

年会費無料のクレジットカードなら、OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)が断トツでお得です。

通常100円の利用で1オリコポイントなのですが、入会後6ヶ月のあいだは2倍のポイントがもらえます。オリコモールを利用すれば入会後7ヶ月をすぎても、それ以上のポイントが貯まるサービスのある高還元率のクレジットカードです。

《オリコカード・ザ・ポイントはココがお得!》
★オリコモール経由で楽天市場やYahoo!ショッピング・Amazon利用可能
★毎月8の付く日はnanacoポイントが5倍貯まるハッピーデー
★貯まったポイントはiTunesやAmazon・LINEギフト、楽天やT-ポイントになる
★電子マネーのiDとQUICPay搭載、チャージ&サイン不要でお買い物

とにかくポイントが貯まりやすいのが魅力のオリコカード・ザ・ポイントですが、ポイント交換もスムーズでリアルタイム交換で、使いたいときすぐポイントをギフトなどにできます。

オリコモールコンシェルジュというブラウザ用の拡張機能があり、モールの経由忘れを防止できます。そして、オリコポイントゲートウェイアプリを使えば、スマホひとつでポイント移行も楽々です。

スピーディーにポイントを貯めて、お得に買い物を楽しみたいあなたにオリコカード・ザ・ポイントが役立ちます。

詳しく見る

楽天カード

パソコンやスマホでカンタンに申し込めて、年会費がずっと無料のクレジットカードに楽天カードがあります。

楽天市場など楽天のサービスを多く利用しているなら、楽天カードを持っていないと損をしてしまいます。

《楽天カードのメリット》
★楽天市場の利用でポイント+2倍!楽天トラベルなら+1倍
★貯まったポイントは楽天グループで1ポイント=1円で使える
★マクドナルドやペッパーランチ・大丸などでもポイントが貯まる&使える

また、楽天カードは海外旅行先でも便利に使えます。
日本から出国する以前に、自宅から空港へ行くときの交通費や旅行代金をを楽天カードで支払っていると海外旅行傷害保険が有効になります。海外通貨でのキャッシング機能もあり、旅行前に空港で両替えするよりも手数料が安くついてお得です。

また、楽天ポイントは2ポイント=1ANAマイルにも交換可能です。

楽天カードはファミリーで利用すると、もっとお得になります。
楽天カードを家族で利用すると、アプリでまとめて確認できます。アプリの家計簿サービスを利用すれば、レシート撮影で自動入力ができてカードの支払いとあわせて収支管理も楽チンです。

目標設定やヘソクリ設定もあり、ポイントを貯めながら賢く買い物して貯金や節約もできちゃいます。

詳しく見る

クレジットカードの適当は何枚?

何枚クレジットカードを作るかは、個人の生活スタイルに合わせることが大切です。
例えば男性が魅力を感じるステイタス系のクレジットカードや、女性限定の買い物に便利な高還元のクレジットカードなど、様々なクレジットカードがあります。
クレジットカードを作る狙い所を決めることで、軸がブレなくなります。

クレジットカードの最低でも何枚必要?

まずはクレジットカードは、最低でも2枚はどんな目的の場合でも持っていたほうがいいでしょう。

基本的にはメインとサブを持つことですが、これによって先程のべたクレジットカードのメリットは全て受けることができます。
数多く持つ場合は、「クレジットカードごどの特典サービスや割引が受けられる」ことが目的になります。
そこで大きく分かれるのが2つの目的です。

・マイルを貯めたい(特典航空会社が目的)
・ポイントを貯めたい(キャッシュバック、優待サービス、ショッピングなどの割引)

クレジットカードは航空系のクレジットカードならマイルが貯まり、その他の金融系のクレジットカードならポイントが貯まりますが、どちらを貯めるのがお得なのでしょうか。
これはマイルとポイントの価値を円に変換すると分かりやすいです。

・マイルの価値:1マイル/約2円~
・ポイントの価値:1ポイント/約0.5円~

これはおよその目安ですが、マイルのほうが資産価値があるのです。その為に陸マイラーとなってマイルを中心に貯める人が多いのです。
ですがマイルは特典航空券に交換することに特化しているので、飛行機を乗らない人にはマイルが貯まるクレジットカードは意味がないので、その場合は自ずとポイントを貯めるクレジットカードがおすすめになります。

マイルを貯めるならクレジットカードは何枚?

マイルを貯める場合はメインカードはもちろんマイルを高還元で貯めれる航空会社が発行しているクレジットカードになります、ポイントと違いマイルが還元されることで、より効率的にマイルを貯めることができます。
サブカードはあくまでも、メインカードに対応していない場合に使います。

マイルは飛行機乗らないと貯まらないイメージがありましたが、現在では陸マイラー(飛行機を乗ること以外でマイルを貯めている人)が急増中です。
・マイルを貯めるならクレジットカードは何枚:2~3枚

ポイントを貯めたいなら適当なクレジットカードは何枚?

マイルを貯めたい場合は単純にメインカードとサブカードでもいいのですが、難しのがポイントを貯めることを目的とする場合の適当なのは何枚なのかということです。
クレジットカードカードを数多く持つことでクレジットカードのメリットでもある「クレジットカードごどの特典サービスが割引が受けられる」ことが増えるのですが、その分デメリットも部分も同時に増えるのです。

しかしデメリットの部分を理解した上でしっかりと管理できるなら、複数枚持つことで得られるメリットも増えます。

・利用額、ポイント、暗証番号などの管理が大変になる

デパートやスーパー、ネットショッピングにガソリンスタンドなど、店舗によってキャシュバックを受ける一方で家計簿の管理が大変になります。
例えばメインカードを1枚だけ使っていれば明細もスッキリするし、家計簿アプリなどと連帯させて家計管理がしやすくなります。
またポイントも各クレジットカードによって使える場所が限定されることが多いため、ポイントが執行することも増えます。
そのうえ暗証番号は枚数によって暗証番号を変えたほうがいいので、記憶するのが大変になります。

・年会費がかかる
年会費が無料なものはいいですが、使用していないクレジットカードの年会費を払っていると費用がかさんでコストパフォーマンスが落ちてしまいます。

・紛失しても分からない
複数枚持つと紛失していることに気づかないことです。クレジットカードは不正利用などされた場合でも迅速に対応すれば被害は保証される場合が多いです。

・所持枚数が把握できなくなる
複数枚持つようになると、自宅で管理するクレジットカードなども増えて所持枚数が把握できなくなる恐れがあります。
部屋の整理をしているときに、古い財布などからまだ有効期限があるクレジットカードなどが保管されていたりすることがよくあります。

クレジットカードの枚数はいつでも変えられる

クレジットカードの何枚持てばいいのかは、個人の生活スタイルによって変わってきます。もしも「役立ちそう!」と思えば作ってみて、仮に使わないような場合は解約/退会することは可能です。

始めは自分に適当な枚数は、分かりづらいものです。クレジットカードはその1枚を一生使っていかなくてはならないわけでもないので、気軽に考えてもいいのです。

例えば、学生時代と社会人になってから使う最適なクレジットカードは少し違ってくるでしょうし、結婚したり、海外に仕事で滞在することが増えるまた違ったクレジットカードが必要になったりもします。
柔軟に対応して不要なクレジットカードを見極めながら、適正枚数を維持しましょう。

まとめ

現代人の生活スタイルは多種多様です、またクレジットカードの種類も昔と違って使い方の幅が広がり、この先も電子化されて使われることが増えて更に便利になる一方で、管理する側も注意が必要になります。

クレジットカードの特典サービスや優待サービスなどのメリットも多岐にわたり、メインカードとサブカードで全てがカバーできたら理想的ですが、それだけでは補えないことが増えてきました。
それだけに自分に必要なクレジットカードの何枚なのかをしっかりと見極めていきましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.