その他

ふるさと納税はクレジットカードで!メリットと注意点を徹底解説

投稿日:

ふるさと納税は、居住地以外の自治体に寄付を行いその金額が所得税や住民税の控除の対象になる制度です。

多くの自治体が寄付金の3割を上限として返礼品を贈り、特産品を目当てにふるさと納税する方も年々増えています。

そこで今回は、ふるさと納税をクレジットカード決済で行うメリットと注意点をお伝えします。

ふるさと納税をクレジットカード払いで行うメリット

ふるさと納税をクレジットカードで行うと、どんなメリットがあるのでしょうか。

分割支払いが可能

クレジットカードといえば、分割支払いです。

もちろんふるさと納税も分割支払いが可能で、クレジットカードによっては、一括払いの他に、リボ払いや分割支払いができます。

カード会社で対応は異なりますが、分割の場合最低3回から15回まで支払い回数を選ぶことができます。選んだ支払い回数を変更することができませんが、分割手数料はかかりません。

自分の応援したい自治体にふるさと納税をする時に、現金納付の場合は一括払いしか方法はありません。

しかし、災害が発生した時に緊急で支援したい。

そんな場合にクレジットカードであれば手持ちのお金がなくてもすぐに寄付することができます。その上、支払いは分割が選べます。

被災地にも、支援する側のお財布にも優しいメリットです。

計画的に寄付できる

現金納付でふるさと納税を行うと即日決済ですが、クレジットカードであれば、納付日と支払日は異なります。

ふるさと納税の返礼品で魅力的なものを見つけた時や災害発生時に、手持ちのお金が不足気味。

そんな時でもクレジットカードで納付すると支払日は、カードの決済日です。一括払いであってもほとんどは翌月支払いです。

そこで、自分のクレジットカードの利用状況と照らし合わせて、逆算してふるさと納税を行うこともできます。

クレジットカードで計画的に納付することで、理想のライフサイクルを作り出せます。

決済手数料の負担がいらない

現金でふるさと納税を行うと、銀行振込の振込手数料を自己負担する場合もあります。

ふるさと納税を受け取る自治体は、多くが地元の金融機関を振込先として指定しています。その場合、他の都道府県に住んでいる人にとっては、口座を所有していないことも多く、他行あての振込手数料はかなりの金額を負担することになります。

ところがクレジットカードで行うと、決済手数料がかかりません。

1年に複数回の寄付を行う方にとって、この負担金額の違いは大きなメリットです。

ポイント還元で2度おいしい

ふるさと納税を現金ではなく、クレジットカードで行うとポイント還元が受けられることはご存知の方も多いと思います。

そして、ふるさと納税に限ってポイント還元率が高く設定されているカードもあります。
また、入会から一定の期間ポイント還元率が高くなるカードもあるので、期限内に集中的にふるさと納税に使うこともポイントを取得できるチャンスです。

この他カードによっては、還元されたポイントで再びふるさと納税を行うこともできます。クレジットカードは貯まったポイントを商品やサービスに交換できますが、ふるさと納税を行うと現金を使うことなく特産品を受け取るなどのメリットがあります。

つまり、クレジットカード決済でふるさと納税を行うと、ポイントをもらえるだけでなく、ポイントで再度寄付をすることもでき、どちらも控除の対象として申請できます。

クレジットカードのサイトは税金情報に詳しく安全

一般にふるさと納税は、ふるさと納税専用サイトで行われますが、納税サイトによってはクレジットカードの使用に制限のあるものもあります。

そんな時に利用したいのが、クレジットカードのサイトです。

クレジットカードのサイトでもふるさと納税ができます。また、クレジットカードのサイトは税金情報に詳しいので、ふるさと納税をした後の手続きの方法を詳しく説明しています。

ふるさと納税の控除額は、年収や家族構成、住んでいる自治体によって違いがあります。手軽にシュミレーションできるのも、税金情報に詳しいクレジットカードのサイトの特徴です。

そして、クレジットカードのサイトは情報流出の対策が十分に講じられています。

ふるさと納税関係のサイトよりも個人情報の取り扱いに関して、内部規定も厳しく設定されています。

安全なサイトからふるさと納税を行うことは何ものにも代えがたい大きなメリットです。

おすすめクレジットカード

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

年会費無料のクレジットカードなら、OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)が断トツでお得です。

通常100円の利用で1オリコポイントなのですが、入会後6ヶ月のあいだは2倍のポイントがもらえます。オリコモールを利用すれば入会後7ヶ月をすぎても、それ以上のポイントが貯まるサービスのある高還元率のクレジットカードです。

《オリコカード・ザ・ポイントはココがお得!》
★オリコモール経由で楽天市場やYahoo!ショッピング・Amazon利用可能
★毎月8の付く日はnanacoポイントが5倍貯まるハッピーデー
★貯まったポイントはiTunesやAmazon・LINEギフト、楽天やT-ポイントになる
★電子マネーのiDとQUICPay搭載、チャージ&サイン不要でお買い物

とにかくポイントが貯まりやすいのが魅力のオリコカード・ザ・ポイントですが、ポイント交換もスムーズでリアルタイム交換で、使いたいときすぐポイントをギフトなどにできます。

オリコモールコンシェルジュというブラウザ用の拡張機能があり、モールの経由忘れを防止できます。そして、オリコポイントゲートウェイアプリを使えば、スマホひとつでポイント移行も楽々です。

スピーディーにポイントを貯めて、お得に買い物を楽しみたいあなたにオリコカード・ザ・ポイントが役立ちます。

詳しく見る

楽天カード

パソコンやスマホでカンタンに申し込めて、年会費がずっと無料のクレジットカードに楽天カードがあります。

楽天市場など楽天のサービスを多く利用しているなら、楽天カードを持っていないと損をしてしまいます。

《楽天カードのメリット》
★楽天市場の利用でポイント+2倍!楽天トラベルなら+1倍
★貯まったポイントは楽天グループで1ポイント=1円で使える
★マクドナルドやペッパーランチ・大丸などでもポイントが貯まる&使える

また、楽天カードは海外旅行先でも便利に使えます。
日本から出国する以前に、自宅から空港へ行くときの交通費や旅行代金をを楽天カードで支払っていると海外旅行傷害保険が有効になります。海外通貨でのキャッシング機能もあり、旅行前に空港で両替えするよりも手数料が安くついてお得です。

また、楽天ポイントは2ポイント=1ANAマイルにも交換可能です。

楽天カードはファミリーで利用すると、もっとお得になります。
楽天カードを家族で利用すると、アプリでまとめて確認できます。アプリの家計簿サービスを利用すれば、レシート撮影で自動入力ができてカードの支払いとあわせて収支管理も楽チンです。

目標設定やヘソクリ設定もあり、ポイントを貯めながら賢く買い物して貯金や節約もできちゃいます。

詳しく見る

ふるさと納税をクレジットカードで行う際の注意点

ふるさと納税をクレジットカードで行う際に、どのような点に気をつけなければならないでしょうか。現金納付では気づかないクレジットカードの注意点をご紹介します。

本人名義のクレジットカードで行う

クレジットカードを利用する際は、本人名義のものでふるさと納税を行いましょう。

預金口座同様、クレジットカードには所有者が存在します。現金で納税する際は振込名義人が納税者になりますが、クレジットカードはカードの名義人が納税者になります。

ほとんどの自治体では、家族名義のクレジットカードを使用した際の納税者は、申込者ではなくカードの名義人になってしまいます。

確定申告の際に、控除の対象と認められないこともあります。納税者に代わって支払った贈与と判断されることもありますので、必ず本人名義のクレジットカードで納税しましょう。

また、クレジットカード名義人と引き落とし口座が同一のものを使用することも同じ観点から注意が必要です。

家族カードの場合、カードの名義人と引き落とし口座が異なることもあります。

ふるさと納税はあくまでも自分の住民税を住んでいる自治体に納める代わりに、居住地以外の自治体に寄付することで控除を受ける行為です。

寄付者(納税者)、クレジットカードの名義人、引き落とし口座。この3つが必ず同一になるようにします。

年末は決済日に要注意

クレジットカードは決済日と振込日が同一とは限りません。

自治体は、ふるさと納税の口座に現金が振り込まれた時点で納税が完了したと見なします。例えば、年内にふるさと納税の手続きを済ませても、年末時点で納税が完了していないこともあります。

確定申告は、毎年12月31日が締め日です。納税が完了して発行された寄付(受領)証明書が12月31日までのものが、翌年の確定申告で控除の対象となります。

特に年末は金融機関の休業や、自治体の業務も休みになってしまいます。

年末のボーナスでふるさと納税を行う場合や、控除の金額の上限いっぱいまでふるさと納税の総額を使おうとすると、納付が完了せず確定申告に間に合わないこともあります。

年末のふるさと納税は早めに行いましょう。

ふるさと納税を行うサイトの選択とリスク管理

ふるさと納税は、それぞれの自治体のサイトで直接行うこともできますが、多くの方が「ふるさと納税専用サイト」を利用されていると思います。

ふるさと納税専用サイトは現在約10個程度存在します。この他に先ほどご紹介したクレジットカードのサイトもふるさと納税を行うことができます。

ふるさと納税専用サイトの中には、登録している自治体が専属契約を結んでいるものもあります。また、全てのサイトでクレジットカードが使用できるわけではありません。

その上、ふるさと納税による控除には上限額があります。

できるだけ控除の範囲内で寄付金を抑えようとするなら、納税を行うサイトを選択することで、納税額の管理しやすくなります。例えば、申告準備をする際も複数のサイトから情報を集める必要もなくなり、作業を手早くミスなく終えることができます。

そして、多くのサイトにクレジットカードの情報を入力することは、リスク管理上好ましくありません。クレジットカードの情報を入力するサイトを絞り込むことで個人情報の流失に対する備えもできます。

ふるさと納税をクレジットカード払いで行った後の手続き

 

ふるさと納税をクレジットカードで決済した後に、住民税の控除を受けるために必要な手続きがあります。

手続きの方法は、「ワンストップ特例制度」と「確定申告」です。それぞれの特徴を説明します。

ワンストップ特例制度は手軽で計算不要

instagram-image

isshinn

ふるさと納税のワンストップ特例制度は、確定申告をしなくてもふるさと納税による控除が行われる制度です。

申請には、以下の書類が必要で、ふるさと納税ができるサイトでは申請用紙をダウンロードできます。

・ワンストップ特例制度申請用紙
・マイナンバーと本人確認ができる書類の写し

その年1年間に納税したすべての自治体に翌年の1月10日までに申告する必要があり、同じ自治体に複数回行った場合もその都度申告しなければなりません。

また納税後に転居した場合は、住民税の事務手続き変更のために「住所変更届」の添付も必要になります。

そして、確定申告が必要な自営業の方や年金生活の方、住宅ローンの控除を受ける方は利用できない制度です。

この他、ふるさと納税を1年間に6つ以上の自治体に行った方も利用できません。

確定申告は慣れると簡単

確定申告でふるさと納税の控除を申請する方法もあります。毎年確定申告をする方は、こちらの方が慣れて簡単なこともあります。

そして、1年間に6つ以上の自治体にふるさと納税を行った方は、ワンストップ特例制度が使えませんので確定申告をします。

確定申告は翌年の2月16日から3月15日までに所轄の税務署で行い、以下の書類を準備します。
・確定申告の申告書
・各自治体が発行した寄付(受領)証明書
・源泉徴収票
・所得税還付受取り用の口座番号
・マイナンバーと本人確認ができる書類の写し

また、毎年確定申告を行っている方で国税電子申告・納税システムの「eタックス」を利用している方も、ご自宅で例年通りの方法で合わせてふるさと納税の申告もできます。

確定申告の準備の際に寄付金の総額を確認するため、クレジットカードの利用履歴やふるさと納税を行ったサイトでの履歴が役に立ちます。

ワンストップ特例制度と確定申告のどちらがいいの?

では、ワンストップ特例制度と確定申告のどちらがいいのでしょうか。

会社勤めのサラリーマンで、住宅ローンの控除がない方は、ワンストップ特例制度の方が簡単です。

そのためには、寄付先を5自治体までに抑えます。一度に寄付する金額や同じ自治体に複数回するなど工夫します。

そして、1月10日までにワンストップ特例制度の手続きができなかった場合は、先ほどのワンストップ特例制度で申請可能な方でも確定申告が必要です。

また申請書や添付書類の不備で特例制度を利用できなかった場合も、確定申告で手続きをしなければなりません。

確定申告の方がワンストップ特例制度より優先して処理されますし、1度の手続きで完了します。

また、ワンストップ特例制度は住民税の控除だけしかできません。しかし確定申告を行うと所得税と住民税に分けて控除されます。

住民税は申告をした年の5月から6月に自治体から通知される住民税決定通知書に反映されます。一方の所得税は指定した受取口座に申告から1か月から2か月後に還付されます。

自分に最適な申告制度を利用して、ふるさと納税の控除の手続きを確実に行いましょう。

おすすめふるさと納税サイト

ふるさとチョイス

ふるさとチョイスは、利用率第1位の納税サイトです。
地域活性にベストな品々以外は掲載されないため多くの人に利用されていて、あなたと生産者の双方がwin-winな運営をしています。

《ふるさとチョイスが人気の理由》
★日本全国の80%の自治体を応援できる
★各地の旬のグルメや、地域特産を多数掲載(20万以上!)
★全国のブランド肉や日本酒が選べる
★安心なお米やフルーツも満載
★観光支援・子育て支援に参加できる

ただのショッピングサイトではなく、古民家の復元事業や伝統文化の保護などの寄付も募っています。

寄付をすると温泉利用券やゴルフプレー割引券などと交換できて、寄付はクレジットカードのほかAmazon Payや携帯電話のまとめて支払い・ペイジーなどでも行えます。

ふるさと納税をすることで控除上限以内の寄附については、あなたが寄附をした合計金額から2,000円を引いて所得税や住民税の還付や控除が受けられるとあって、寄付をしつつ節税対策になるのです。

ふるさとチョイスは国際交流にも力を入れていて、難民支援・フェアトレード支援をしていたりなどもあり、あなたに合ったふるさと納税ができるサイトです。

詳しく見る

 

まとめ

今回はふるさと納税をクレジットカードで行う際のメリットと注意点をお伝えしました。
クレジットカードを利用したふるさと納税は、分割払いも可能で振込手数料も必要なく、ポイント還元を受けることもできます。また、貯まったポイントで寄付できるメリットがあります。

一方、注意点は本人名義のクレジットカードを使用することや、納税するサイトを選択すること、年末のふるさと納税は振込日によっては認められないことがあります。そして、リスク管理も必要です。

この他、ふるさと納税の控除を申請する方法は、ワンストップ特例制度と確定申告があり自分に最適の方法で手続きをします。

クレジットカードを上手に利用して、ふるさと納税を有意義なものにしましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.