資産管理

お金の管理、あなたはどうしてる?賢く使って賢く貯めるには?

投稿日:

お金は人間にとって無くてはならないものであり、子供から大人までお金に関する問題はつきまとうものです。

特に社会人となり、給料をもらうようになると、その管理に難しさを感じることがあります。

思ったより貯金できない、気づいたらお金が減っているなど、理想どおりにいかないというのがほとんどのケースですが、どうすればお金をうまく管理することができるのでしょうか?

今回は、お金の管理について詳しく解説していきます。

お金の管理は難しい?

お金が嫌いな人はいないですし、多くあればあるほど好ましいというのは言うまでもありません。

しかし実際にはお金が足りない嘆いている人が多くいます。

給料が少ない、無駄な出費が多いなどの声は毎日のように聞きますが、実際にはお金をうまく管理できていないということが原因になっています。

お金の管理を面倒に感じてしまっている人や、どんぶり勘定になってしまう人がいますが、本当にお金の管理は難しいのでしょうか?

できるところから始める

お金の管理というと、「資産管理」というイメージがあります。

資産管理という言葉を聞くとなんだか重々しい感じがしてしまい、特に若い人の場合はまだそんなことを考えるのは早いと思ってしまいがちです。

確かに資産管理に関しては、結婚をしたり子供を持ったりして、リタイア後のことを真剣に考えるようになってから行うというケースがほとんどです。

しかし、早い段階からお金の管理をすることは非常に大事であり、資産管理という仰々しいものではなく、日々の収支を細かく計算する、その中で無駄が無いかを考えるというのも立派なお金の管理であり、それが将来の資産管理の準備にも繋がります。

扱うお金の額が大きくなり、遺産や相続のことを考える場合などは金融のプロに相談することになりますが、生活に関するお金の管理は自分で行うことが可能ですし、するべきです。

 

まずは収支の可視化をする

自分でできるお金の管理としてまずすべきことは、収支の管理です。

毎月入ってくる給料の額はある程度決まっています。

つまり、大事なのはその給料の中から何円をどこに使い、何円貯金できるか、何円投資できるかということを考えるということです。

まずは給料の中から確実に引かれていくのが固定費です。

固定費とは家賃・光熱費・通信費・保険料などです。

保険料や年金については給料から天引きされるのが基本ですが、それ以外の費用は講座から毎月引き落とされる、もしくは自分でお金をおろして支払うということになります。

家賃に関しては契約の段階で把握しているので知らないという人はいませんが、ではあなたは毎月の光熱費(電気・水道・ガスの合計)や通信費(携帯電話・インターネット)料金を細かく把握していますか?

食費はいくら使っているかわかりますか?

1円単位で収支の計算をする必要はありません。

しかし、自分が思っていたよりも5,000円、1万円違っているというケースも多くいます。

まずは大体でもいいので、「自分はこれくらい使っているんだな」「もっとここは減らせそうだな」と考える癖をつけるだけでも変わってきます。

お金の管理はどうやってすればいい?

お金の管理が大事なのは言うまでもありませんし、自分の収支を可視化できればそれだけ効率的に生活できるようになります。

しかし、毎月毎月収支に関して計算していくのは簡単ではありません。

家計簿をつけるといっても継続しなければ意味がなく、結局今まで通りのどんぶり勘定に戻ってしまうこともあります。

では、お金の管理はどうやってすればいいのでしょうか?

アプリを活用する

ほとんどの人がスマホを持っている現代においては、アプリも便利なものが増えています。

家計簿アプリというものもあり、スマホを家計簿代わりにして管理することもできる時代になりました。

最近ではレシートをスキャンするだけで金額が登録され、また費目を自動で分けてくれるものもあるので、見返した時に何にいくらを使ったかを確認することができます。

特に食費や交際費については月によってばらつきがあったりするので、アプリで見える化することで出費の改善ができるようになります。

キャッシュレス支払いで管理する

クレジットカードやキャッシュレス決済をすることで、収支の管理をしやすくなります。

クレジットカードで支払いを行うと、月末に明細が届きます。

紙で管理することもできれば、スマホやPC画面で見ることもできます。

毎月家計簿をつけなくても、明細を見て管理できるのは大きなメリットです。

また、最近人気の〇〇ペイと呼ばれるような決済方法も活用できます。

こうした決済方法では、銀行講座からお金を入金したりクレジットカードと連動させることができるので、収支管理がしやすくなります。

還元もあるので、お得にお買い物をすることもできます。

おすすめクレジットカード

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

年会費無料のクレジットカードなら、OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)が断トツでお得です。

通常100円の利用で1オリコポイントなのですが、入会後6ヶ月のあいだは2倍のポイントがもらえます。オリコモールを利用すれば入会後7ヶ月をすぎても、それ以上のポイントが貯まるサービスのある高還元率のクレジットカードです。

《オリコカード・ザ・ポイントはココがお得!》
★オリコモール経由で楽天市場やYahoo!ショッピング・Amazon利用可能
★毎月8の付く日はnanacoポイントが5倍貯まるハッピーデー
★貯まったポイントはiTunesやAmazon・LINEギフト、楽天やT-ポイントになる
★電子マネーのiDとQUICPay搭載、チャージ&サイン不要でお買い物

とにかくポイントが貯まりやすいのが魅力のオリコカード・ザ・ポイントですが、ポイント交換もスムーズでリアルタイム交換で、使いたいときすぐポイントをギフトなどにできます。

オリコモールコンシェルジュというブラウザ用の拡張機能があり、モールの経由忘れを防止できます。そして、オリコポイントゲートウェイアプリを使えば、スマホひとつでポイント移行も楽々です。

スピーディーにポイントを貯めて、お得に買い物を楽しみたいあなたにオリコカード・ザ・ポイントが役立ちます。

詳しく見る

楽天カード

パソコンやスマホでカンタンに申し込めて、年会費がずっと無料のクレジットカードに楽天カードがあります。

楽天市場など楽天のサービスを多く利用しているなら、楽天カードを持っていないと損をしてしまいます。

《楽天カードのメリット》
★楽天市場の利用でポイント+2倍!楽天トラベルなら+1倍
★貯まったポイントは楽天グループで1ポイント=1円で使える
★マクドナルドやペッパーランチ・大丸などでもポイントが貯まる&使える

また、楽天カードは海外旅行先でも便利に使えます。
日本から出国する以前に、自宅から空港へ行くときの交通費や旅行代金をを楽天カードで支払っていると海外旅行傷害保険が有効になります。海外通貨でのキャッシング機能もあり、旅行前に空港で両替えするよりも手数料が安くついてお得です。

また、楽天ポイントは2ポイント=1ANAマイルにも交換可能です。

楽天カードはファミリーで利用すると、もっとお得になります。
楽天カードを家族で利用すると、アプリでまとめて確認できます。アプリの家計簿サービスを利用すれば、レシート撮影で自動入力ができてカードの支払いとあわせて収支管理も楽チンです。

目標設定やヘソクリ設定もあり、ポイントを貯めながら賢く買い物して貯金や節約もできちゃいます。

詳しく見る

まとめ

お金の管理について解説してきました。

お金が無くては生きていくことができず、正しい認識を持って管理するということは非常に大事な能力です。

今回解説した内容を参考にして、自分でできる範囲で管理をできるようになりましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.