その他

おしゃれなメンズ財布はどう選ぶ?オススメの選び方をご紹介!

投稿日:

生活する上で必ず必要になる「財布」。財布に対する考え方は人それぞれですが、多くの男性は「より高品質な物を持ちたい」と思っているのではないでしょうか。財布は意外と人に見られる機会が多く、友人や恋人から「かっこいい!」と思われるような財布を持ちたいですよね。今回は、おしゃれなメンズ財布について、ご紹介します。

 

おしゃれなメンズ財布とは?

一言で「おしゃれ」と言っても、人によってはデザイン性の高い財布をおしゃれと思う人がいたり、逆にシンプルな財布をおしゃれと思う人もいます。また、年代によって持っている財布の印象は変わります。どんな財布を選べば「おしゃれ!」と思ってもらえるのでしょうか?

 

大学生は手が届きやすいブランドの財布

まずは大学生の場合です。大学生はバイトでやっと貯金が貯まってきて、ハイブランド品に手を出しやすくなる時期ですよね。そんな大学生は「手が届きやすいブランドの財布」がオススメです。「手が届きやすい」とは、無理をせずに購入できる金額ということを指します。例えば、ルイヴィトンやバレンシアガなどのハイブランド品は、財布1つで数十万することがありますよね。そこまで高い財布を持っていると注目は浴びますが、財布が少し浮いてしまう可能性があります。

大学生にオススメのブランドは、ポールスミスやアニエス・ベー、ビームスがちょうど良いでしょう。

 

20〜30代はハイブランドを持っても◎

20〜30代は社会人になっている方がほとんどなので、定期的に給料をもらい、ハイブランド品も少し貯金すればすぐに手に入るようになります。大学生の頃はなかなかオススメできなかったハイブランドも、20〜30代ではオススメできます。20〜30代がハイブランドを持っていても、周りからは「初任給・ボーナスで買ったのかな?」と思わるので違和感もなく、スーツでいる時間が長いので財布がファッションに馴染みます。

この年代は恋愛をすることも多いと思います。ハイブランドの財布を持っていれば、胸を張って恋人の前で支払いをすることができますよね。逆に、安い財布だと恥ずかしい思いをするかもしれないので要注意です。

 

40代以降は財布の素材や作りにこだわりを持つ

40代以降の方は、ブランド名だけに惹かれるのではなく、素材や作りにこだわっている財布を持つと大人の雰囲気が出ます。

日本には、素材や作りにこだわっているブランドがたくさんあります。海外のハイブランドが昔から根強い人気があるため、なかなか表舞台に出てくることはありませんが、日本にも素晴らしい財布を作っている職人がいるのです。そのような職人技が光るブランドを探してみましょう。財布のことについて周りの人から聞かれた時、そのブランドのこだわりを話せるようになっているとかっこいい大人に見られますよ。

 

おしゃれなメンズ財布の選び方

財布を選ぶ基準として、デザイン性や機能性、色、大きさなどの要素があると思います。財布を選ぶ時に、デザインの選び方を工夫すると「おしゃれだな」と思われることが増えるので、その選び方をご紹介します。

 

ハイブランドのハイブランド感がない財布を選ぶ

ハイブランドの財布を使っていると、「かっこいいな」と思われることが増えます。しかし、ハイブランドを前面に押し出ているデザインだと、少しいやらしく見えてしまうというデメリットもあるのです。例えば、ルイヴィトンであれば「モノグラム柄」、グッチであれば「GG柄」や「赤と緑のストライプ柄」、ジミーチュウであれば「星のスタッズ」などが象徴的ですよね。これらだと、確かにハイブランド品を持っている感覚はしっかりありますが、周りに強い主張をしているようにも捉えられてしまいます。

そんな時、ハイブランド品を持っていても「おしゃれだな」と思われるには、「ハイブランドだけどハイブランド感がない財布」を選ぶことが重要です。ルイヴィトンの財布だけどモノグラム柄はなく、黒無地で「LV」のロゴが右端に型押しされているだけの財布や、グッチの財布だけど目立つ「GG柄」ではなく、黒無地で一部に同系色の「GG柄」が入っているだけの財布なども販売されています。このように、一見何のブランドか分からない財布が、実はハイブランドの財布だった時「おしゃれだな」と思われることが多いです。

ハイブランドの財布を選ぶ時は、あえてハイブランド感がない財布を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

おしゃれなメンズ財布について、ご紹介しました。

周りの人から「おしゃれだな」と思われる財布は、「ハイブランドだけどハイブランド感がない財布」ということが分かりました。ハイブランドの財布を持つ場合、どうしてもそのブランドを象徴するような財布を買いたくなりますよね。もし、そのような象徴的な財布が気に入っている場合は、購入しても問題ありません。あなたの財布なので、あなたが持っていて誇れる財布を購入するのが最優先です。周りからの印象を考える余裕がある場合は、また違った財布を選んでみると面白いですよ。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.