その他

財布は100円ショップでも買える時代!安い財布のメリット・デメリット

投稿日:

あなたはどのような財布を持っていますか?長財布や2つ折り財布、高いものから安いものまで、財布には様々な種類があります。今や財布はどこでも入手できる時代で、100円ショップにも並んでいるほどです。種類が豊富な財布ですが、今回は「安い財布」に注目して、メリットやデメリットを見ていきたいと思います。

 

安い財布はどこで手に入る?

instagram-image

zukkiniiiii

財布を購入する場所として、どこが思い浮かぶでしょうか?ブランド店や雑貨屋、ネットショップなどがあると思います。しかし、雑貨屋やネットショップでは最低でも数千円、ブランド店では最低でも数万円はする財布しか置いてないですよね。このような場所以外で財布を安く手に入れようとすると、身近なところだと100円ショップやネットのフリマなどで購入することができます。

 

100円ショップやフリマの品質は?

最近の100円ショップは商品の質がどんどん上がっており、すぐ壊れたりする心配がありません。しかし、100円ショップの財布はデザインがシンプルだったり、素材が安っぽいことがあります。どこに持っていっても恥ずかしくないような財布ではありませんが、日常生活で使う分には問題ありません。

ネットのフリマでは、ブランド品がほぼ新品の状態で安く販売されていることが多いです。店舗で購入するより安いので、コスパは良いですよね。ちゃんとした販売者さんであれば問題ありませんが、たまにブランド品に似た粗悪品を出品している悪徳業者もいます。ネットならではの問題ですが、せっかく購入したのに粗悪品だった場合、お金の無駄になってしまいます。また、ネットのフリマに出ている財布は中古品のことが多いので、その財布にどのような過去があったか分からないという部分は不安要素でもあります。「質などを問わず、とりあえず安く見た目が良い財布を買いたい!」という方には、ネットのフリマがオススメです。

 

安い財布のメリット

instagram-image

yukoiwahashi

安い財布を使うことで得られるメリットは何があるのでしょうか?高い財布を使うより、安い財布を使う方がメリットが大きい場合、出費も抑えられるので安い財布を使いたくなりますよね。

 

気軽に買い替えられる

まず「気軽に買い替えられる」ということが挙げられます。財布1個あたりに1,000円もかからないので、汚れが気になったり、ボロボロになった場合は気軽に買い替えることができますよね。高い財布を持っていると、なかなか捨てられなかったり、買い替えするのが勿体無いという気持ちが強くなるので、少し汚い状態でも高い財布を使い続ける場合もあります。しかし、たとえ高い財布であってもボロボロの状態だと、周りから見ると清潔感がないように思えたり、「買い替えるお金がないのかな?」と思われることが考えられます。それなら、安い財布を使い、常に綺麗な状態を保てているほうが清潔感もあり、好印象を与えられるのではないでしょうか?

 

財布を無くした時のダメージが少ない

財布のトラブルでよくあるのが「財布をなくす」ですよね。手に持っていた財布をちょっと置いたことを忘れてしまったり、財布が盗まれることもあります。財布をなくした場合、財布の中身も重要ですが財布自体をなくしたことにダメージがかかることが多いです。特に、お気に入りの高い財布をなくした時はダメージが大きいですよね。

安い財布を使っていると、財布自体の値段は安いので、財布をなくしたときのダメージを軽減することができるのです。

 

安い財布のデメリット

instagram-image

mizuno.tatsuya

安い財布のメリットをご紹介しましたが、逆にデメリットは何があるのでしょうか?メリットとデメリットを合わせて考えて、安い財布を使うか否かを考えてみてください。

 

自信を持って財布を出せない

友人や恋人とご飯に行ったり、遊んだりする時に、財布を取り出すタイミングは何回かあると思います。そんな時にハイブランドの財布を使用していれば、自信を持って友人・恋人の前に出すことができますが、安い財布を使っていると、それができません。こそこそとお金を取り出しているのも怪しいので、どう回避すればいいか悩むと思います。

このように、安い財布を使っていると、少し恥ずかしい思いをすることがあります。財布のことについて突っ込まれた場合、「今、財布が壊れてて、安い財布を一時的に使っている」などの理由で回避できますが、何回もこの理由は使えません。また、男性の場合はデートなどで支払いをする場面があるでしょう。そんな時に安い財布を使っていると、彼女から幻滅されることも考えられます。友人や恋人の前で、恥ずかしい思いをする可能性があるので注意しましょう。

 

頻繁に買い替えることで出費がかさむ

安い財布は、値段が安いため、壊れてもすぐに買い替えられます。これはメリットでもありますが、作りが雑で高頻度で買い替える必要がある場合、予想外に出費がかさむことがあります。高い財布であれば、素材や作りがしっかりしているので最低でも1年以上、革財布であれば5年以上は使えると思います。安い財布だと、この期間で何回買い換えることになるのでしょうか?長期的に1つの財布を使うことを考えると、安い財布だとコスパが悪い可能性が高いです。

 

まとめ

安い財布の入手方法やメリット・デメリットについて、ご紹介しました。

人によって財布に対する価値観が違うため、「お金を入れるだけの物」と考えている方もいれば、「その人の価値を表す物」と考えている方もいます。あなたは財布に対してどんな価値観を持っているでしょうか?改めて、一度考えてみるといいかもしれません。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.