資産管理

家計簿の費目で節約できるかが決まる!?費目の作り方をご紹介します!

投稿日:

家計を管理する時に便利なのが、家計簿ですよね。あなたはどのように家計簿をつけていますか?現代ではレシートを撮影するだけで家計簿がつけられるアプリが出ていたり、費目によって自動で計算してくれるようなサービスがあります。そのようなサービスを利用している方もいれば、昔ながらのノートに自己流の家計簿をつけている方もいると思います。今回は、家計簿をつける時に重要な「費目」について、考えていきましょう。

 

家計簿は費目をこだわると無駄が見えやすい

instagram-image

kakeibo.6812

まず、家計簿は何のためにつけているのか、考えてみましょう。「家庭で使ったお金は、どこにどれくらい使ったのか可視化するため」ですよね。そして、さらに深く考えると、家庭で使ったお金の流れを可視化することで無駄が見えてきて、節約に繋がります。このように、家計簿には「節約に繋がる」というメリットもあるのです。

節約に繋がる家計簿をつけるためには、「費目」にこだわる必要があります。

 

費目とは?

家計簿での「費目」とは、家計簿をつける際に支出額をカテゴライズするために必要な項目です。例えば、食パンや魚などを買った場合は食べる物なので「食費」、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの生活に必要な物は「日用品費」となります。この費目は細かく分けようと思うと、かなり細かくできます。細かく分けた方がしっかりカテゴライズされるので良いように思いますが、実は費目が多すぎると、逆に無駄が分かりにくくなったり、家計簿をつけるのが大変になったりするので、あまりオススメできません。では、どのように費目をつければいいのでしょうか?

 

「娯楽費」という費目を作る

費目を作る際に、「食費」や「日用品費」などのお金をかけるべき費目はちゃんと作り、「あったら嬉しいけど、なくても困らない物・事への出費」という内容の「娯楽費」を作ることをオススメします。娯楽費にカテゴライズする出費は、人それぞれの価値観によって変わりますが、「外食費」や「衣服費」などがいいでしょう。外食費は「食費」に分けてしまいそうになりますが、外食はしなくてもいい事ですよね。また、衣服費も全く服がないわけではないのに買い足している方がほとんどだと思います。なので、買わなくてもいい服を買っているということになり「娯楽費」に入ります。この基準はそれぞれのご家庭で決めるようにしましょう。

娯楽費の費目を作ることで、出費しなくてもよかった出費額が一目瞭然になります。必ずしも必要でない出費で、どれくらいの無駄使いしているのかわかるので、節約に繋がりやすいのです。

 

固定費の費目は作らない

家計簿をつけるのは、正直面倒臭いですよね。その面倒臭くなってしまう原因が「書いたり、入力する費目の多さ」であることがほとんどです。費目が多いとそれだけ時間がかかってしまいますよね。できるだけ費目を減らし、簡素な家計簿にすることが家計簿を続けるポイントになります。

家計簿の費目に「固定費」を作っている方はいらっしゃると思いますが、固定費は必要ありません。なぜなら、毎月金額が変わらない出費だからです。家計簿の一番最初のページに「固定費」というページを作り、そこに固定費を書きましょう。固定費とは家賃や光熱費、ローン、保険料などの毎月必ず引き落とされる出費のことを指します。固定費をなくすことで、書く量がグッと少なくなります。無駄な消耗をせずに、省エネで家計簿をつけられる工夫をしましょう。

 

毎月出費がない費目は作らない

固定費の話とは逆に、毎月必ずしも出費があるとは限らない費目は作らないようにしましょう。これも費目を減らすための工夫です。例えば、「医療費」や「交際費」などが挙げられます。医療費という費目は作ってしまいがちですが、実際は病院に行くのは年に数回程度ではないでしょうか?また、交際費は友人へのプレゼントや、会社へのお土産などがありますが、これも毎月あるとは限りませんよね。このように、毎月必ずしも出費があるとは限らない費目については作らないようにしましょう。

もし、出費があった場合は「その他」や「特別費」などの項目を随時作って記入・入力をするといいでしょう。

 

まとめ

家計簿の費目について、考えてきました。

「家計簿」というと、ノートに記入するイメージが強いのではないでしょうか?しかし、現代では簡単に家計簿が作れるアプリがあったり、パソコンのエクセルを活用して管理することもできます。ノートに記入する家計簿だと、自分の好きなように家計簿が作れますが、集計する時に電卓で一つ一つ計算しなければいけなくなるので非常に非効率です。逆に、アプリではレシートの写真を撮るだけで集計してもらえたり、エクセルであればフォーマットを作ってしまえば数字を入力するだけで家計簿管理ができます。昔ながらの方法もいいですが、主婦は家事に仕事に忙しいと思うので、手を抜けるところは手を抜いてみましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.