資産管理

貯金2000万円を貯めてる割合は?その貯蓄方法を詳しく解説

投稿日:

老後に貯金が2000万円必要になるという金融庁の報告がありましたが、2000万円を貯金できている世帯はどのくらいいるのでしょうか。現状50歳でも2000万円の貯金が出来ている世帯の割合は少なく、若いうちから意識して貯金を増やすことがますます重要になっています。本記事では、老後不安の背景と貯金を増やす方法をご紹介していきます。

老後に貯金2000万人は本当に必要か?

instagram-image

masaru_rito

金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が公表した報告書では、老後に必要になる貯金が2000万円必要であるというデータが公表され、テレビや新聞でも話題になりました。果たしてこれは正確なデータなのでしょうか。

このデータの前提として夫が65歳、妻が60歳で無職、30年間夫婦が健在という仮定のもと、月平均26万円の生活費から不足分を算出したところ、年金支給だけでは毎月約55000円が不足し、それが30年間続くことで、約2000万円近くマイナスになるということからの算出です。

参考:総務省「家計調査」(2017年)Ⅱ 世帯属性別の家計収支(二人以上の世帯)より

今の若い方が「そんなに長生きしないよ!」と思っていても、最近の医療技術の進歩は目覚ましく寿命は、確実に伸びています。1950年頃で平均寿命は60歳と言われていましたが、現在は80歳を越えています。それが10年、20年後となると恐らくさらに伸びるのは間違いないでしょう。人生100年の時代はそう遠くありません。

そんな中、自分の貯金がどのくらいあれば、老後も安心といえるかは非常に気になるところです。

2000万円ある?日本人の平均貯金額とは?

instagram-image

twicemoon

2018年の金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する調査」によると、日本人の平均貯蓄は、1430万円、中央値は603万円でした。年代別でみると1000万円を越えているのは50代平均値1481万、中央値900万円、60代で平均額は1849万円、中央値1000万円です。データから推測しても、やはり2000万円以上の貯蓄がある世帯は、貯金の平均値を上げているごくわずかの富裕層といえるでしょう。

退職金が支給されれば、貯金2000万円もいらない?いくら支給されるか確認しましょう

instagram-image

jyuuza19

老後の資金を退職金で賄うからと安心されている方もいらっしゃるでしょう。しかし、何十年も先に支給される退職金は、どのくらい確かなものでしょうか。雇用条件の変化、例えば子会社への出向、解雇、倒産など予期していなかった事態により、受け取れる退職金の額は実際よりはるかに下回る可能性や最悪の場合、もらえないという状況もありえます。

また、近年は企業の退職金も減少傾向にあり、退職金は1700万~2000万と3割以上まで減っているとの調査結果もあります。よって、決して退職金をあてにせず、他にも貯蓄を準備する必要があります。

2000万円貯金は銀行の定期預金で貯めるのは難しい

instagram-image

iphonecamera_man

30年前には銀行預金金利が6%という信じられない時代がありましたが、もはや銀行の定期預金に預ければ増やせるという時代ではありません。現在の都市銀行の預金金利を確認すると、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行は、きれいに横並びで金利が0.01%しかありません。1年間1000万を定期預金しても1000円しか利息が増えません。税引き後に実質受け取れる金額は、約800円弱になります。この数字で貯金を増やすのは現実的とはいえません。

老後資金2000万円を貯金する方法とは?

instagram-image

iksachi49

前章では、貯金は安全ですが金利の低さからわかる通り、なかなか貯金は増えていかないことは明らかでしょう。銀行への定期預金以外に効率的に貯める必要は他にもあります。毎月の給与から老後資金を積み立て、確実に貯蓄を増やせる金融商品の運用についてご紹介していきます。

2000万円の貯金達成への近道①:投資信託で運用する

預金以外でよく聞く資産運用として投資信託があります。投資信託とは、投資家から資金を集めて1つの基金とし、運用のプロであるファンドマネージャーが株式や不動産などに分散投資し利益がでれば分配される金融商品です。運用が順調にいけば預金より大きく増やすことができます。ただし、銀行預金のように元本保証はなく、損失を出すリスクや、販売している金融機関にかかる手数料が高い商品もありますので、しっかりと調べた上で契約しましょう。

2000万円の貯金達成への近道②:外貨建て金融商品で運用する

外貨建てとは、取引価格がドルやユーロなど外貨で運用する商品です。メリットとしては、魅力的な高い金利です。外貨預金は0.5%など国内銀行と比較しても50倍以上とかなり利回りが良い金融商品が多くあります。ただし、為替変動による運用資産が増減する可能性や、金融機関の手数料が高額などのデメリットも存在します。こちらも情報収集をしてデメリットを把握してから検討しましょう。

2000万円の貯金達成への近道③:初心者向きの個人向け国債でコツコツ増やす

国債はご存知の方も多いでしょう。政府が発行する債権で、日本政府が破綻ない限りリスクはほとんどありません。元本保証型のため、初心者でも安心して投資できます。また、相場が変動しないため、タイミングは気にすることはありません。また、銀行金利より金利が高く、0.05%の金利は政府が最低保証しています。ただし、途中で換金した場合は、一定金額が差し引かれるので注意が必要です。

2000万円の貯金達成への近道④:貯蓄型保険(低解約返戻金型終身保険)

終身保険の低解約返戻金型終身保険は、貯蓄型保険の一種で文字通り貯蓄ができる保険です。この低解約返戻金終身保険は、加入から数十年間のうちに解約すると、返戻金が少なくなるよう設計されているため、月々の保険料も低く抑えつつ、貯蓄性が高い保険です。保険と貯蓄を両立させたい方には非常に便利でしょう。

2000万円の貯金達成への近道⑤:つみたてNISAで運用する

つみたてNISAは、少額投資の非課税制度になり、NISA専用口座で購入した投資信託などの運用利益は年間40万円まで非課税となります。例えば、40万円を投資して、10万円の利益を得た場合20%ほどの税率がかかりますが、つみたてNISA専用口座で運用した場合は、10万円を非課税で受け取ることができます。運用益が全て非課税になるのは「NISA」や「ジュニアNISA」と同様ですが、非課税枠は最大800万と最も多くなっています。ただし年間の限度額が40万円と少なく、その年に使いきれなくても持ち越すことができないところがデメリットです。

2000万円の貯金達成への近道⑥:iDeCo(イデコ)で節税しながら老後資金を貯める

iDeCoは個人型確定拠出年金のことで、60歳になるまで毎月一定の金額を出して、その掛金で投資信託や定期預金、保険などの金融商品を運用し、60歳になった時に資産を受け取れる制度です。メリットは、掛金全額が所得控除扱いになり、税金が戻ります。また、運用で利益が出たら、税金はかかりません。ただし60歳になるまでお金を引き出すことができません。

おすすめ証券口座

SBI証券

ネット証券最多の460万を超える口座数が安心感をもたらしてくれる(2019年7月24日現在)。

また日本最大級の顧客満足度調査(JSCI)の証券部門で2015年度1位に輝き、今年の「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」部門では総合1位に輝きました。

SBI証券  は情報量の多さに加え、少額資金で株取引が行えるミニ株など取扱商品も豊富にラインナップ。気になる分野が多岐にわたる場合にも対応してくれるのが魅力だ。

専門のアナリストが分かりやすく株式の動向を分析してくれたり、ネットを介して質の高いセミナーがいつでも視聴できる点から、初心者向けのサービスを展開している姿勢も見て取れる。

加えて、SBI証券が誇る株式取引ツールがHYPER SBIだ。最短1クリックで発注が可能な上、マーケット情報やニュースなどの豊富な情報を提供し、投資のチャンスを逃さないよう作られている。

HYPER SBIの利用料は月額500円(税込540円)だが、「先物・オプション取引口座」もしくは「信用取引口座」を開設する等の条件を満たすと無料で使用できる。

詳しく見る

楽天証券

安心&便利な証券口座を探しているなら、SBI証券がおすすめです。

SBI証券は、2019年のオリコン顧客満足度ランキングでネット証券総合1位に輝き、4年連続&12度めの受賞を果たしています。

お客様主義をモットーにサービスを展開し、証券総合口座数も2019年3月には463万に上昇中です。

《SBI証券のメリット》
★さまざまなニーズに応える豊富なラインナップ
★毎月・毎週・毎日と好きな日付けで積立OK
★友達や家族にすすめて最大10,000円キャッシュバック
★オンラインセミナー動画は随時更新

SBI証券にはハイブリッド預金サービスがあり、住信SBIネット銀行へ預金していると預金残高からSBI証券の株取引などを購入できます。株式などを取引して利益があれば、自動で証券口座に送られるしくみです。

いつも使っている銀行口座からSBI証券へもリアルタイムで入金できて、手数料は0円です。
またSBI証券は、金融のプロが利用する値動きに関するニュース配信やチャート検索で銘柄をチェックして即注文できるサポートツールも充実しています。

新しく証券口座を持つなら、安心と満足のあるSBI証券がベストです。

詳しく見る

 

まとめ

instagram-image

mikihisa_k.1997

本記事では、話題になった老後2000万円問題をテーマにして、2000万円の貯金の必要になる背景と貯め方についてご紹介しました。人生100年といわれる高齢化社会はまだまだ未来の話と思っていた方も多いでしょう。しかし平均寿命は確実に伸び続けています。定年後の生活が20年、30年続く現実がそこまで来ています。もはや貯金2000万でも足りるかわからないでしょう。そんな将来の不安に少しでも対処できるのは、働ける今しかありません。今から計画的に貯蓄を増やすには、ご紹介した金融商品を運用して「お金に働いてもらう」方法も検討すべきでしょう。この記事が参考になれば幸いです。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.