節約はストレスを溜めずにも達成できる!基本ポイントをご紹介

支出削減

節約はストレスを溜めずにも達成できる!基本ポイントをご紹介

更新日:

節約を辞書で調べると「無駄を省いて切り詰めること」とあります。切り詰めるといえば、一定の我慢をしなければならないため、ストレスを溜めてしまう方も多いかもしれませんね。しかしあくまで無駄なものを省けば良いので、無駄でないものを切り詰める必要はないのです。

ストレスを溜めずに楽しく節約するためには、無駄なものと無駄でないものの識別をはっきりさせることが重要だといえます。

節約によるストレスの原因には個人差がある

人にはそれぞれ大切なものの優先順位があります。栄養バランスの良い食事を摂るのは欠かせないという方もいれば、お酒やたばこは辞められないという方もいれば、子供の教育には不自由なくお金をかけたいという方もいるでしょう。そのため、ストレスを抱える原因にも個人差がみられるわけです。

節約によるストレスを緩和するには?

少しでも楽しんで節約を継続するためには、ちょっとした工夫をすることが大切です。ストレスを溜めずに節約に取り組んでいくためには、どんな点に注意すべきなのでしょうか?

生活水準を極端に下げない

例えば、今まで食費に月5万円使っていた人が、月1万円しか使えない生活に生活水準を下げたとすると、当然かなりのストレスが溜まりますよね。そのため、例えば今まで毎日高級牛肉を食べていたとして、それを週に3回に減らすようにして、少しでも食費節約に繋げていくと良いでしょう。

お酒の節約をする際には、毎日目盛りをつけて飲む量を決めている方が知人におりました。毎日の量ではなく、週末だけの楽しみとして「週末のみ飲酒OK」というルールもおすすめです。

たまには節約を解禁する日を作る

たまには友人との食事会に出席して外食を楽しんだり、家族みんなでテーマパーク行ったりのようなリフレッシュ活動も大切です。家族や友人との良好な関係を保つのにも最適でしょう。ただ、費用は発生しますのできちんと計算の上で、どのくらいの頻度ならば家計に支障が出ないのかを見極めるべきなのです。

お金がかからず没頭できる趣味に励む

ウォーキング・ランニング・サイクリング・ヨガ・柔軟体操・野球・サッカーなど、お金をそこまでかけなくても楽しめるスポーツはたくさんあります。スポーツをすることで、体力がついて丈夫な体になるばかりか、基礎代謝量も上がり痩せやすい体質になるというのです。さらには心身のリラックス効果も期待できます。

スポーツが苦手だという方は、簡単な柔軟体操やラジオ体操などを習慣づけてみてはいかがでしょうか?

節約によってストレスを溜めないための対策は?

では今度は、ストレスが溜まってしまう少し前に戻って考えてみましょう。前項では、ストレスが溜まったらどうするかでしたが、今回はストレスを溜める前にできる予防策を考えていきます。

無駄なものをじっくり選別する

ある人にとってはいらないものであっても、別の人にとっては宝物だったということもありますよね。特に家族が多いと選別が難しくなりますが、よく話し合い選別して「ここにはお金を掛けすぎているな~」と感じる費用を挙げていくのです。人によっては少しは必要だという方もいるかもしれないため、全くゼロにすることは避けましょう。

そして無駄なものではなく、生活に必要不可欠なものについては今まで通り、壊さないように大切に使ってくださいね。

家計簿をつける習慣をつける

いざ節約をしようと思っても、何が家計を圧迫しているのかの原因が分からなければ解決のしようがありません。そこで便利なのは家計簿。パソコンが得意な方はexcelで作れますし、100均でも2年間使える家計簿を手軽に購入できるのです。お店で買い物をしたら必ずレシートを貰うようにしましょう。

レシートを保管するように心がけることで、確定申告を行なう際にも役に立つので一石二鳥なのです。

節約を始める前にまずは目標を定める

みなさんは、節約で貯まったお金を使って何をするのでしょうか?家族旅行へ行ったり、お子さんの習い事の費用に当てたり、電化製品を買うために使ったりと、きっと有意義に利用されることでしょう。実際に目標が達成した時のことを想像しながら、わくわくと胸を馳せながらであれば、少しの我慢も頑張れますよね。

目標は具体的であれば具体的であるほど、説得力があると言われています。ぜひ「家族旅行へ行く」だけでなく「ハワイに4泊6日で家族旅行へ行って海で泳ぐ」など、より具体的に詳細を考えて、目標に向けての強い活動力としてくださいね。

お財布の中には必要なお金のみ入れておく

人はお金を持っていると使ってしまうものです。何かの支払いがあるだとか、はっきりとした目的がある場合以外、財布の中には必要最低限(個人差はありますが1万円前後)の金額を入れて持ち歩歩くと良いです。もし緊急の時にはクレジットカードがありますが、基本的に一括払いで支払い、手数料のかからないようにするのも節約です。

節約でストレスを溜めないための意外なヒント

お金を節約しようと思うと、つい身の周りのものや食費など、日常にかかる費用を節約してしまう方が多い傾向にあります。しかし、それ以外にも家賃・公共料金・通信費・娯楽費・医療費など、さまざまな項目でお金は使用されていますよね。他の項目にも着目してみましょう。

意外に注目すべきは公共料金の基本料

賃貸でも一軒家でも、その家に適切な公共料金のプランが設定されています。しかし実際は帰って来て寝るだけの生活だと、既定の基本料ほど使わない場合の方が多いのです。使用できる料の最大値は減りますが、他にお得なプランはないかどうか確認してみるのも1つの手です。

特に電気代に関しては、ブレーカーが落ちることを懸念して規定より多めのワットにしている可能性が高いので、一人暮らしなら30W→20Wでも十分生活できるでしょう。

スマホ代やインターネット代も見直そう!

近年、ガラケーの存在もほぼなくなり、スマートフォンやwi-fiの需要が高まってきました。情報量を節約するために、ポケットwi-fiを持ち歩いたり、公共の場所にある無料wi-fiを使ったりと試行錯誤している方も多いはずです。しかし、それ以前にご自身が使っている情報量とスマートフォンのプランが見合っているかを、検討したことはあるでしょうか?

制限を5GBまでにしておいてギガの追加が多いようならば、ちょっと高いけど上のプランにした方が良いかもしれません。電話や携帯電話ショップで相談に乗ってくれますので、もし自分一人ではよく分からない方は相談してみてくださいね。

ポケットWiFi

カシモWiFi


i-Fiを月額利用料の安さで選ぶなら、カシモWiMAXがNo.1です。

カシモWiMAXの魅力は配線工事ナシで自宅でも外出先でも使えて、スマホだけでなく携帯ゲーム機やモバイルパソコン・デジタルカメラなど、さまざまなものでWi-Fiが利用できる点にあります。

しかも今申し込めば初月の利用代金0円に加えて、ギガスピードWi-Fi端末代金も送料も0円です。

《カシモWiMAXのおすすめポイント》
★ギガ放題プランを申し込めば初月は完全無料
★プランに変更手数料は驚きの0円
★工事不要で携帯すればどこでもWi-Fiが使える

とにかく安く自宅や移動先でWi-Fiを使いたいなら、カシモWiMAXをおすすめします。

プラス月額980円でオプションのスマートシネマ with U-NEXTを付ければ、U-NEXTが7日間見放題のサービスもあります。

カシモWiMAXなら週末にU-NEXTを利用して、あなたはTVで映画を見ながら家族はパソコンで海外ドラマ・タブレットでアニメを楽しめるといったお得なサービスです。

家族みんなで楽しめる工事不要のWi-Fiを探しているなら、カシモWiMAXが最高に便利です。

詳しく見る

UQ WiMAX

UQ WiMAXには、価格.comで2019年格安SIM総合満足度No.1の実績があります。
auの4G LTE回線を使っているため、受信速度が最大75Mbpsと高速なのが満足度No.1の理由です。

プランSを申し込めば毎月1,980円でデータ通信量3GBに加えて、5分以内の国内通話なら何度かけても0円です。またデータ通信も節約モードを利用すれば、データの消費量ゼロでTwitterやLINEを楽しめます。

《UQ WiMAXのピックアップPOINT》
★15日間無料で試せるサービス付き
★節約モードを活用してSNSをデータ消費量ゼロで楽しめる
★余ったデータ量が90日間繰り越せる
★電話番号を変えずに乗り換えOK

UQ WiMAXのモバイルネットにはSIMだけでなく、高速Wi-Fiもあります。
コンセントにさすだけでプロバイダ契約いらずで、届いたその日からすぐ使えます。そのうえ同時に広範囲で利用できるので、一軒家のリビングや二階の子供部屋など自宅のどこでもつながる嬉しいWiMAXハイパワー対応です。

スマホ&ネットでさらにお得になるウルトラギガMAXプランもあり、3人以上の家族で使えば毎月50%の節約になります。スマホとネット料金を節約したいなら、UQ WiMAXをおすすめします。

詳しく見る

クレジット払いに統一した方が楽な場合もある

クレジットカードを使うと、使った金額に応じてポイントが付きます。そのクレジット会社によって商品は異なりますが、商品券や現金と交換できたり、指定の商品と交換できたりするというのです。もし日常の買い物をしていて、無駄遣いをしていないならば、プラスで現金や物が貰えるのが嬉しい気持ちになりますよね。

クレジットカードを「支払いを先延ばしにできる」と捉えるのではなく「ポイントを溜めて別の商品を貰える」と捉えるのが正しいのでしょう。

まとめ

この記事を最初から最後まで読んでみると、節約することで多少我慢はするけれど、メリットもたくさん見出せることが分かりました。今までデメリットだと思い悩んでいたことも、考え方によってはメリットに捉えられることもありますよね。

せっかくお金の「無駄を省いて切り詰める」のですから、ストレスフリーで楽しく節約に取り組んでいきましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.