節約は簡単にできる!光熱費と食費に意識を向けてみて!

支出削減

節約は簡単にできる!光熱費と食費に意識を向けてみて!

更新日:

節約と聞くと構えてしまう人が多いですが、簡単にできる節約はたくさんあります。特に簡単なのは光熱費と食費の節約です。日常的に使う電気、ガス、水道は少し意識をするだけで使う量を減らすことができます。食費は無駄遣いしやすい費用なので余計なものを購入してしまう癖を直すことができれば無駄遣いを抑えることが可能でしょう。

節約は意識次第で簡単にできる!

簡単に節約するためには光熱費と食費に意識を向けることが大切です。毎日使うものだからこそ意識次第で簡単に節約することができるのです。電気、水道、ガスそれぞれで簡単にできる節約方法をご紹介します。食費の節約方法も合わせて見ていきましょう。

無理せずに自分ができそうな方法から試していくと挫折することなく節約を続けることができます。せっかくなので楽しみながら節約に挑戦してみましょう。

電気代を簡単に節約するためには待機電力が重要!

電気代を抑えるためには待機電力を意識しましょう。待機電力とは家電製品を使っていない時にも消費されている電力のことです。家電製品を使っていない時にコンセントをさしたままにしておくと待機電力がかかるのでコンセントを抜く習慣をつけることが大切です。

テレビや炊飯器は使う時だけコンセントをさすようにすると良いでしょう。テレビはついダラダラと見続けてしまうので意識してコンセントを抜いておけば今まで無駄にしていた時間を別の作業をする時間にあてることができます。

テレビや炊飯器と違い一日中使う必要がある冷蔵庫はコンセントを抜くことができません。しかし工夫すれば電気代を節約することは可能なのです。冷蔵庫に関する節約方法をご紹介します。

・熱いものは冷ましてから入れる
・食材を入れ過ぎないようにする
・冷気が逃げないようにカーテンをつける
・冷蔵庫の上に物を置かない

どの節約方法も冷蔵庫の電力を無駄に使わないようにするための方法です。熱いものを入れたり食材を詰め込み過ぎたりすると、冷蔵庫内を一生懸命冷やそうとして電力を使ってしまうので注意しましょう。

おすすめ電力会社

東京ガス電気

東京ガス電気は、日本顧客満足度指数調査で電気事業者顧客満足度No.1に輝いています。

東京ガスのガス契約とセットなら、電気の年間使用料が4,000kWhの場合は7,200円もお得になるなど安さが際立っています。

独り暮らしで電気の使用が少ない人向けのスマートセレクトもあり、東京ガス電気のホームページでシュミレーションして最もお得なサービスを選んで申し込めます。

《東京ガス電気はココがお得!》
★ファミリーセレクトなら水まわり・玄関鍵・窓ガラスのトラブルに無料で対応
★ガス料金1,000円でパッチョポイント+5ポイント&電気1,000円で+15ポイント付与
★貯まったパッチョポイントはPonta・WAON・nanacoなどと交換可能
★スマートセレクトでも年間580ポイント貯められる

東京ガス電気のホームページでは、スマホで簡単に申し込めるサービスもあります。

また、ガス会社にもかかわらず電気に関するトラブルに対応するサポートも充実しています。
ブレーカーが落ちたり、照明が点かない・コンセントが使えないなど、電気の設備や流れにトラブルがあれば専門のスタッフが駆けつけて原因を調査してくれます。
24時間・365日いつでも電気のトラブルに無料で出張対応してくれる、嬉しいサービス付きです。

詳しく見る

水道料金の節約はお風呂がカギ!簡単に節約可能!

水道料金を節約するためには使用する水の量を減らす必要があります。一度に大量の水を使う機会があるのはお風呂ですが、お風呂の残り湯の使い方を工夫すれば簡単に使用する水の量を減らすことができます。残り湯を有効利用する方法をいくつかご紹介します。

・洗濯に使う
・家庭菜園の水やりに使う
・風呂場や換気扇の掃除に使う

残り湯をそのまま捨ててしまうのはもったいないため洗濯や水やり、掃除などに使いましょう。お風呂から出てすぐに使えばぬるま湯なので汚れが落ちやすくなります。家庭菜園の水やりに使う場合は翌日冷めて水になった状態で使えば問題ありません。

お風呂に入る際は一人ずつ入るのではなく、家族で一度に入ると節水につながります。大勢で入ると水かさが増すのでお湯を足す必要がなくなるからです。また、一度に入ることで追い炊きをしなくなるためガス代の節約もできます。入浴時間にもよりますがいつも15分以内にお風呂から出ているのならシャワーの方が水量を節約できるので家庭に合ったお風呂の入り方を選びましょう。

お風呂と合わせて毎日必ず使うのが食器洗いの際の水です。食器の汚れを落としている間も水を出し続けている人がいますがとてももったいないです。お風呂ほど一回に使う水の量は多くありませんが、毎日使うからこそ工夫次第で使用量は減らすことができるので節約方法を見ていきましょう。

・つけ置き洗いをする
・つけ置き洗いをしない場合はすぐに洗う

食器の洗い方は二通りあります。一つ目はつけ置きをして汚れを落ちやすくしてから洗う方法です。汚れを落とすための余分な水を使わずに済むので節約になります。二つ目は食後すぐに洗う方法です。汚れが食器にこびりつく前に洗ってしまうことで水量を節約できます。一人暮らしの人は食器の数が少ないのでつけ置き洗いよりすぐ洗う方法が向いているでしょう。

ガス代も簡単に節約できる!

ガス代はお風呂の使い方を見直すことで大きく節約できるでしょう。追い炊きをしないようなお風呂の入り方をしたり、場合によってはシャワーを使うことでガス代だけではなく水道料金の節約も同時に行えます。

お風呂以外でガスを使うのは料理をする時です。毎日使うからこそ少し意識することが節約につながります。ガスコンロの節約方法はたくさんあるのでいくつか見ていきましょう。

・お湯を沸かす時はケトルを使う
・料理の際は蓋を使う
・火が鍋からはみ出ないようにする
・圧力鍋を使う

ケトルの方が鍋を火にかけて沸騰を待つより時間を短縮することができます。また、料理の際に蓋を使ったり圧力鍋を使用したりするとガスを使う時間が減るのでガス代の節約になります。

火が鍋からはみ出ないようにするのは、強火にする必要がない時は中火の方が節約になるからです。例えばお湯を2リットル沸かす時にかかる額を比較してみましょう。

・強火:3.7円
・中火:3.0円
・弱火:4.2円

実は弱火よりも中火の方がお得なのです。強火や弱火などの指定がない時は中火を心がけましょう。

簡単な食費の節約方法は自炊をすること!

食費を節約する一番の方法は自炊をすることです。外食はとても便利ですが自炊の何倍もお金がかかります。疲れた時や時間がない時は仕方ありませんがなるべく自炊を心がけましょう。

自炊をする際は、スーパーへ行く頻度を減らすと節約につながります。余計な食材やお菓子などを買わずに済むからです。ただしスーパーへ行く頻度が減ると一度に購入する量が増えるため冷蔵庫がいっぱいになる可能性があります。冷蔵庫に食材を詰め込み過ぎると電気代がかかるので注意しましょう。冷凍庫の場合は詰め込んだ方が電気代がかからないので、冷凍できるものは冷凍庫に入れておくことをおすすめします。

何でも自炊しようとせず、スーパーのお惣菜に頼る方法もあります。一人暮らしや家族が少人数の場合はすべて手作りをするよりお惣菜を購入した方が安く済みます。特に揚げ物は自宅ですると面倒くさいですし高くつくことが多いので上手にお惣菜を利用しましょう。

自炊の方が節約にはなりますがどうしても外食をする場合に使える節約術があります。外食をする時にお金のことを意識し過ぎると食事を楽しめないので、思う存分楽しみながらできる節約をしましょう。外食時の節約方法をご紹介します。

・クーポンを利用する
・なるべくランチタイムを利用する
・サービスデーに利用する

クーポンはインターネットや情報誌からもらうことができます。インターネットではチェーン店のクーポンがたくさんあるので行くお店が決まっている時に覗いてみましょう。情報誌はその地域に合わせた内容が書かれているため個人経営のお店のクーポンがついていることが多いです。行くお店が決まっていない時は情報誌を覗いてみるとお得に外食することができます。

また、ディナータイムよりランチタイムの方がお得に食事を楽しむことができます。他にも月に一度のサービスデーやレディースデーなどもあるので調べてから出かけるようにすると節約になります。

節約は意外と簡単で難しくない!

節約をするために我慢をする必要はありません。節約しやすい光熱費と食費の無駄遣いを減らすだけでも毎月の費用は変わるはずです。節約を失敗しないコツは楽しむことです。特に食費を減らすためにはスーパーへ行く頻度を減らすだけではなく、安い食材を使ったメニューを考えたり実際に料理したりするのは楽しいと感じるでしょう。

意識次第で節約は簡単にできます。毎日を楽しみながら節約を続けることが大切です。

 

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.