単身赴任の生活費の平均や節約で安くする方法についてお伝えします

支出削減

単身赴任の生活費の平均や節約で安くする方法についてお伝えします

更新日:

単身赴任を決めた家族は、残った家族や不慣れな地での仕事について不安があります。さらに生活費についても、心配な方が多いです。会社から手当てが出るとしても別々に生活することで無駄になる部分も多いです。ここでは単身赴任の生活費や、節約で安くする方法についてお話します。

単身赴任の生活費は?

お札

家賃

家賃は地方などでしたら、40,000円でも良い物件がありますが都内となると70,000円でも中々見つからないかもしれません。また、赴任先への引っ越し費用もかかりますので荷物が多い場合50,000円以上かかってしまいます。会社からの手当てが出るとは思いますが、少なかったり全くでなかったりすると、自分たちで負担をするので準備をしておきましょう。

水道光熱費

単身赴任の男性の光熱費は、平均で10,000円前後です。在宅の時間が長いか短いかによって変わってきます。

通信費

スマホの料金に関しては、家にいるときと変わりません。スマホだけでなく家でインターネットをする場合は、別に料金がかかります。一般的には、5,000円から10,000円必要です。

食費

単身赴任の生活費で、出費が多いのが食費です。忙しくてコンビニや外食が多い方は50,000円以上になります。自炊する人は30000以下ですみます。不慣れな土地での仕事なので、最初は食費の出費は多いと考えておきましょう。一人でお酒を飲む量が増えれば、お酒代も増えるので思ったよりかかるでしょう。

単身赴任の生活費は手当てを確認

給料明細と電卓 白バック

家計簿見直しイメージ

引っ越し

引っ越しは、単身赴任で必要ですが会社から手当てが出る場合が多いです。長距離になるほど料金は増えていきますので、事前に確認しておきましょう。荷物が少ない場合は、安い料金で引っ越しが可能です。

住居費

会社によって手当てが違いますが、家賃の10~50%を負担してくれる会社が多く、全額負担してくれる会社もあります。申請しないと出してくれない会社もありますので調べておきましょう。

帰宅旅費

月に何回か帰省できるように、帰宅旅費というのを用意している会社もあります。手当は距離によって違いますが、20,000円から50,000円くらいのところもあります。家族が同行するのを、すすめている会社では規定がない場合もあります。

単身赴任の生活費固定費変動費の見直し

家計簿

住む場所は違いますが、家計を見直すなら固定費変動費の節約は必須です。

住宅費(固定費)

赴任先での住宅費は会社が負担してくれる場合があるので、チェックをしておきましょう。出ない、もしくは少ない場合は物件選びが大切になります。できる限り会社に近い物件がいいですが、駅に近い物件は高額になります。

通信費(固定費)

スマートフォンは、単身赴任生活に必ず必要です。家族との会話が多い場合は、かけ放題プランや無料のラインを使いましょう。使っていない有料のサービスに登録していたり無駄なパケットプランを組んでいないかどうか確認してみましょう。格安SIMに変更した場合は、会社によって半額になるケースもあります。

おすすめ格安SIM

Y!mobile

スマホで通話するのが多いならワイモバイルがおすすめです。
ソフトバンク回線を利用したワイモバイルには、10分以内の国内通話が無制限のサービスがあります。

スマホプランSを申し込めば、ワンキュッパ割で1年間は月々1,980円と格安で利用できます。
さらに、おうち割光セットを同時に申し込めば高速データー通信3Gがついて、なんと月々1,480円ともっとお得になります。

しかも3年連続でスマホ満足度No.1を獲得していて、全国にワイモバイルの取り扱い店舗数は4000店あります。
携帯電話会社より安く&繋がりにくい時間のない格安SIMを探しているなら、断然ワイモバイルが便利です。

《ワイモバイルの魅力》
★1回の通話が10分以内なら0円でかけ放題
★ワンキュッパ割+おうち割光セットで高速データー通信
★取扱店舗数は安心の4000店
★いま使っているiPhoneをそのまま使えてコミコミ価格

AndroidのラインナップもありLG社のAndroid One X5や、京セラかんたんスマホなど選べます。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでお得に買い物できるサービスもあり、ショッピングでポイントを貯めたいあなたにもワイモバイルはベストな選択です。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはNTTドコモまたはauから好きなSIMを選んで、通常の携帯電話会社より70%もスマホの利用料金を安くできます。

《BIGLOBEモバイルの特徴》
★ネット利用のみのデータSIMは3GBで月々900円
★音声通話SIMの月額料金は480円の激安価格
★ドコモ・auのほか、SIMフリーのスマホに差し替えてそのまま使える
★使い切れなかった通信容量は翌月繰り越しOK

「スマホはネット利用だけだから、もっと安くしたいな」と考えているなら、確実にBIGLOBEモバイルはお得です。

今ならBIGLOBEモバイルで音声通話SIMと同時にエンタメフリーオプションを申し込めば、最大3ヶ月間無料になるキャンペーンを実施しています。

エンタメフリーオプションはYouTubeやAbemaTV・Apple MusicやLINE MUSICなど、動画や音楽を通信量の制限なく定額料金で楽しめるものです。

スマホのネット利用のうち、動画や音楽配信がメインなら間違いなくBIGLOBEモバイルをおすすめします。

 

保険料(固定費)

生命保険・医療保険・車の保険は本当に必要かどうかを、チェックしてみましょう。新しく保険に加入するときは、ネットで申し込める保険と比べてみて、どちらが節約できるか確認します。

水道光熱費(変動費)

まずは電気プランの選定や、ガスが都市ガスかプロパンガスかを調べましょう。プロパンガスは都市ガスより火力が強く早く調理することができますが、その分割高になってしまいます。電気プランは自分にあった使用量を設定しましょう。こまめに電気を消したり、家電のスイッチを切りましょう。お風呂は、疲れをとるためにシャワーではなくてつかりましょう。夜中のエアコンは、睡眠の質を上げるためには必要です。節約も大事ですが、健康のことも大事にしましょう。

食費(変動費)

自炊に慣れていない方でしたら、食費は必然的に高くなっていきます。理由はコンビニや外食で済ましてしまうからで、疲れている時などはとくに多くなってしまうでしょう。節約をしたいのならば、自炊をすることをおすすめします。現在では、自炊に便利な家電も発売されています。材料と調味料を入れるだけで、自動で煮込んでくれます。忙しくて買い物に行けないときは、食材の配達も利用しましょう。まとめて買うと、送料が無料になるので節約ができます。

雑費

洗剤・ティッシュやトイレットペーパーなどの日用品は、土日にスーパーで買うと安く売っています。雑貨は、100円ショップであるものは利用しましょう。時間がないときは、ネットでも安売りをしているのでまとめて注文するとお得です。家から送ってもらえる物は、買わないで送ってもらいましょう。

単身赴任が短い場合の生活費の節約

instagram-image

kanae3z3

家具や家電をレンタル

単身赴任の期間が短い場合、家具や家電をすべて買いそろえる必要はありません。レンタルすれば安いし、全国どこでも配達してくれます。保証期間であれば、無料で修理してくれます。短期の単身赴任なら、家に帰ってくるときに持って帰らなくてすみます。レンタルが難しく、購入した場合は李ライクルショップなどで、売ることができます。

あまり使わない車を手放す

単身赴任で思った以上に生活費がかかる場合は、車を手放すことも考えましょう。単身赴任先と家と2台を所有すると経費がかかります。車のローンや保険料を考えると、必要なときにタクシーに乗るほうがいい場合もあります。レジャーで車を使うときは、レンタルも可能です。

子供の大学選びを考える

父親が都会で単身赴任している間に、地方の子供が4年間大学に通う場合は同じ家から通うことも考えましょう。部屋は少し大きくなりますが、別々に部屋を借りるより、節約になります。父親が子供と短期間でも一緒に暮らすことで、精神的にも安定します。

赴任先で妻が作り置き冷凍おかずを作る

定期的に妻が夫の赴任先に訪問する場合は、まとめて作り置き冷凍おかずを作っておきましょう。レンジで温めるだけで食べれるので、便利です。コンビニや外食が多いと健康面でも心配になります。冷凍おかずを保存するためには、少し大きめの冷蔵庫が必要です。冷凍おかずのレシピに迷ったときは、クックパッドを見るのがおすすめです。外食やコンビニでは野菜が不足しますが、冷凍おかずでは野菜たっぷりの常備材を作ることができます。

単身赴任の生活費の見直しはクレジットカードで

クレジットカード

内訳が分かりやすい

クレジットカードで支払った場合内訳が、非常にわかりやすいです。銀行やコンビニ払いなどと違い、一つの画面で支払った内訳を見れるので出費の計算ができます。請求日は月末のことが多く、カードによっては当月だけではなく先月分や来月分も先に見ることができるので見通しを立てやすくなります。

ポイントがつく

クレジットカードの、最大の利点はポイントがつくことです。スーパーやコンビニでもポイントがつきますが、クレジットのほうがポイントが多く設定されています。払うだけで節約につながるという、画期的な方法です。月によっては、キャンペーンで高額なポイントがつくのでお得です。

おすすめクレジットカード

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

年会費無料のクレジットカードなら、OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)が断トツでお得です。

通常100円の利用で1オリコポイントなのですが、入会後6ヶ月のあいだは2倍のポイントがもらえます。オリコモールを利用すれば入会後7ヶ月をすぎても、それ以上のポイントが貯まるサービスのある高還元率のクレジットカードです。

《オリコカード・ザ・ポイントはココがお得!》
★オリコモール経由で楽天市場やYahoo!ショッピング・Amazon利用可能
★毎月8の付く日はnanacoポイントが5倍貯まるハッピーデー
★貯まったポイントはiTunesやAmazon・LINEギフト、楽天やT-ポイントになる
★電子マネーのiDとQUICPay搭載、チャージ&サイン不要でお買い物

とにかくポイントが貯まりやすいのが魅力のオリコカード・ザ・ポイントですが、ポイント交換もスムーズでリアルタイム交換で、使いたいときすぐポイントをギフトなどにできます。

オリコモールコンシェルジュというブラウザ用の拡張機能があり、モールの経由忘れを防止できます。そして、オリコポイントゲートウェイアプリを使えば、スマホひとつでポイント移行も楽々です。

スピーディーにポイントを貯めて、お得に買い物を楽しみたいあなたにオリコカード・ザ・ポイントが役立ちます。

詳しく見る

楽天カード

パソコンやスマホでカンタンに申し込めて、年会費がずっと無料のクレジットカードに楽天カードがあります。

楽天市場など楽天のサービスを多く利用しているなら、楽天カードを持っていないと損をしてしまいます。

《楽天カードのメリット》
★楽天市場の利用でポイント+2倍!楽天トラベルなら+1倍
★貯まったポイントは楽天グループで1ポイント=1円で使える
★マクドナルドやペッパーランチ・大丸などでもポイントが貯まる&使える

また、楽天カードは海外旅行先でも便利に使えます。
日本から出国する以前に、自宅から空港へ行くときの交通費や旅行代金をを楽天カードで支払っていると海外旅行傷害保険が有効になります。海外通貨でのキャッシング機能もあり、旅行前に空港で両替えするよりも手数料が安くついてお得です。

また、楽天ポイントは2ポイント=1ANAマイルにも交換可能です。

楽天カードはファミリーで利用すると、もっとお得になります。
楽天カードを家族で利用すると、アプリでまとめて確認できます。アプリの家計簿サービスを利用すれば、レシート撮影で自動入力ができてカードの支払いとあわせて収支管理も楽チンです。

目標設定やヘソクリ設定もあり、ポイントを貯めながら賢く買い物して貯金や節約もできちゃいます。

詳しく見る

単身赴任の生活費を安くする方法・まとめ

単身赴任での生活費は、家事になれない男性なら高額になりがちです。最初は戸惑うことが多いですが、この記事に書いてあることを実践していくと確実に生活費は安くなります。無理のない範囲で、少しずつ実践していきましょう。気分転換に休日は、赴任先の観光地を歩いてみてもいいでしょう。運動不足の解消になり、新しい発見があるでしょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.