賢く貯金する方法は基本料金とクレジットカードにあった!

資産管理

賢く貯金する方法は基本料金とクレジットカードにあった!

更新日:

誰しも自分の身に何かが起こった時のために、もしくは家族や身内の人のために、貯金をして役立たせたいと思うはずです。特に現在、年金だけでは生活できない方が多く、ご自身の老後のために一生懸命働いて資金を集めているという話も耳にします。

この記事では、基本的な貯金方法から意外なる貯金方法まで、1つ1つかみ砕いて説明していきます。

貯金が全くないという方が早急に行なうべき解決方法は?

女性 ライフスタイルイメージ

仕事をしているのに貯金が全くなく、使い過ぎているのは分かるけれど、何から手を付けたら良いか悩んでいる方も多いでしょう。まずはそんな現状を紙にまとめて、何が家計を圧迫しているのか、ありのままの事実を追求していきます。

  • 何かにすごくお金をかけてしまっているのか?
  • 給料が足りないのか?
  • 家賃や公共料金が見合っていないのか?

といった、それぞれの原因を突き詰めて考えていくのです。

月々いくらの収支があるのかをまとめる

1ヶ月辺りどのくらいの収入があり、どのような支出があるのかも、多少季節差はありますがまとめてみます。そして最終的に貯金として残せる額、もしくは貯金を切り崩しての対応など、ありのままを「最低いくら」「最高いくら」という言い方で目標を立てていきます。

生活には必ず公共料金がかかりますから、それが最低値、多くもこの額くらいには抑えたいをいう志を明確にして、目標を立てていきます。通信費・公共料金についてはきっちり見直すことでかなり差が出てくるといいます。基本料金が適切であるのか、という点からまずは考えていきましょう。

他には携帯電話料金が見直しのポイントです。今やガラケーは殆どなくなり、街中にはスマートフォンで調べものをする方が増えてきました。人によってはかなりギガを多く使い、家計を圧迫していることが予想されます。今はそんな沢山情報を収集する方向けのプランも徐々に作成されてきており、窓口で相談に乗ってくれます。

プランを変えただけで数千円も節約になったという話もよく耳にします。このように、必要なものにはお金をかけますが、不要なものには予想以上にお金がかからぬよう工夫することが大切なのです。

公共料金の節約も徹底しよう!

当たり前のことですが、部屋を出る時には電気を消す・水を出しっぱなしにしない・長期間使用しないものはコンセントを抜くなど、1人1人がちょっとずつ努力するだけでだいぶ変わります。それ以外に基本料金が見合っているかを確認しましょう。

通常は、余裕を持って利用出来るように電気は高めのWが設定されています。一人暮らしでは、20Wでも可能なところを30Wと指定してありますが、それを20Wに落として貰うことで基本料金の節約に繋がるのです。少しは我慢しなければならない部分は出て来ますが、過去に5人暮らしで30Wという節約をしていた方もいました。

冬に暖房を使うとブレーカーが落ちてしまいましたが、落ちたらあげればいいだけという考え方で生活していたというのです。

クレジットカードを賢く使って貯金に繋げる方法

通帳

社会人になってある程度固定給を貰えるようになったら、収入証明書などを掲示することでクレジットカードを作ることができます。銀行によって異なりますが、月末締めの翌月20日払いなどの締め日・支払日が設定してあり、ご自身で管理して引き落とし口座にお金を入金しておきます。

支払日にお金を入れ忘れていることが多いと、銀行や信用機関に信用がなくなりブラックリストに載ることもあるのです。どのくらい使ったのかしっかり管理するか、今はインターネットバンキングのように手軽に金額を確かめられるので利用すると良いでしょう。

クレジットカードで支払いを統一する

クレジットカードを使うと、使った金額に合わせてポイントを貰うことができます。近所のスーパーなどでもカードでポイントを貯めて、現金還元するシステムは存在しますよね。これも銀行によってどんなものに還元できるかは異なりますが、他社の利用ポイント・電子マネー・商品券・現金など役に立つ商品に還元して貰えるのは便利でしょう。

公共料金の引き落としに関しても、ペーパーレス対策として、紙ベースではなく口座引き落としを利用するといくらかマイナスになるのです。逆に紙ベースの振り込みを希望する場合は余計に手数料がかかるなど、さまざまな分野で電子化が進んでいるというのです。

クレジットカードは限度額の範囲ならば使用できてしまうので、きちっとご自身で管理しないと支払いが難しくなります。リボ払いを続けて、手数料だけでかなりの金利が無駄になったという例も度々耳にします。あくまで支払いを統一するだけで、支払い方法を固定すると考えるのが正しいでしょう。

基本的に一括払いで支払いをする

クレジットカードで限度額まで買い物できるからといって、調子に乗って使えるお金が増えたものだと勘違いしてはいけません。よくあるのは、使用したお金を翌月に払いきれずに2回払い・4回払い・ボーナス一括払い・リボ払いなどで分割支払いすることです。

支払いまでに時間がかかるほど、金利が高くなるので、特に毎月の支払いを一定にするリボ払いは注意する必要があるでしょう。ご自身で自覚を持って、余計なものを買わない強い意思を持つことが大切だと言えるでしょう。

おすすめクレジットカード

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

年会費無料のクレジットカードなら、OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)が断トツでお得です。

通常100円の利用で1オリコポイントなのですが、入会後6ヶ月のあいだは2倍のポイントがもらえます。オリコモールを利用すれば入会後7ヶ月をすぎても、それ以上のポイントが貯まるサービスのある高還元率のクレジットカードです。

《オリコカード・ザ・ポイントはココがお得!》
★オリコモール経由で楽天市場やYahoo!ショッピング・Amazon利用可能
★毎月8の付く日はnanacoポイントが5倍貯まるハッピーデー
★貯まったポイントはiTunesやAmazon・LINEギフト、楽天やT-ポイントになる
★電子マネーのiDとQUICPay搭載、チャージ&サイン不要でお買い物

とにかくポイントが貯まりやすいのが魅力のオリコカード・ザ・ポイントですが、ポイント交換もスムーズでリアルタイム交換で、使いたいときすぐポイントをギフトなどにできます。

オリコモールコンシェルジュというブラウザ用の拡張機能があり、モールの経由忘れを防止できます。そして、オリコポイントゲートウェイアプリを使えば、スマホひとつでポイント移行も楽々です。

スピーディーにポイントを貯めて、お得に買い物を楽しみたいあなたにオリコカード・ザ・ポイントが役立ちます。

詳しく見る

楽天カード

パソコンやスマホでカンタンに申し込めて、年会費がずっと無料のクレジットカードに楽天カードがあります。

楽天市場など楽天のサービスを多く利用しているなら、楽天カードを持っていないと損をしてしまいます。

《楽天カードのメリット》
★楽天市場の利用でポイント+2倍!楽天トラベルなら+1倍
★貯まったポイントは楽天グループで1ポイント=1円で使える
★マクドナルドやペッパーランチ・大丸などでもポイントが貯まる&使える

また、楽天カードは海外旅行先でも便利に使えます。
日本から出国する以前に、自宅から空港へ行くときの交通費や旅行代金をを楽天カードで支払っていると海外旅行傷害保険が有効になります。海外通貨でのキャッシング機能もあり、旅行前に空港で両替えするよりも手数料が安くついてお得です。

また、楽天ポイントは2ポイント=1ANAマイルにも交換可能です。

楽天カードはファミリーで利用すると、もっとお得になります。
楽天カードを家族で利用すると、アプリでまとめて確認できます。アプリの家計簿サービスを利用すれば、レシート撮影で自動入力ができてカードの支払いとあわせて収支管理も楽チンです。

目標設定やヘソクリ設定もあり、ポイントを貯めながら賢く買い物して貯金や節約もできちゃいます。

詳しく見る

賢く貯金する方法は物に対する過度な執着をなくすこと

Wardrobe with clothes

「どうしてもこの商品が欲しい」と直感で購入しても、実際にはそんなに必要なものじゃなかった...という苦い経験をした方も多いのでしょうか?一般的に、少しでも悩む部分があるのならば、いくら良い商品でも購入しない方が良いと言われています。仮に後悔したとしても、縁がなかったとしてプラスに考えていきましょう。

欲しいものに優先順をつけて決めた範囲で買い物をする

貯金をするためには、毎月の収支を整理した上で、いくら貯金に回せるのかを考えることにあります。貯金以外にも臨時で買わなければならない故障品・消耗品などの分類もあるため、毎月コンスタントに貯金するのはなかなか難しいですよね。そのため、無駄遣いを減らすことから考えていくのも一案だと言えるでしょう。

定期預金に入れて貯金する方法

スティルライフイメージ

定期預金はある程度まとまったお金が出来た時に銀行にお金を預けて、一定期間預けておくことで僅かながら金利がつく方法です。バブルの頃と比べるとだいぶ金利も安くなりました。しかし、数百万単位で預ければ、少しは生活の足しになるはずです。また、通常はないですがどうしてもの時には定期預金を解約することもできます。

その場合、お金が利子で増えることはありませんが、預けたお金がそのまま手元に戻ってくる形になります。

積立貯金をすると計画的に貯金できる

毎月支払える範囲を考え5,000円程度と金額を設定し、毎月決められた日に自動的に普通預金から積み立てていく方法もあります。もし口座にお金がなかったらその月の積み立てはなく、銀行にもよりますが、1,000円や2,000円からでも積立貯金することが可能なのです。お子さんの将来のために少しずつ積み立てていくのもありでしょう。

まとめ

貯金をしていくためにはまず現状をしっかり把握して、収支を分析することから始めましょう。その際に公共料金・通信料・クレジットカード・定期預金(積立預金)が大切であって、無理のない程度に各家庭で話し合って、節約方法を考えていくことが理想的でしょう。

この記事を参考に、今現在貯金方法に悩んでいる方々が、少しでも考え直すきっかけとなれば幸いです。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.