あなたは正しくお金を使えている?お金の使い道について考えてみよう

資産管理

あなたは正しくお金を使えている?お金の使い道について考えてみよう

更新日:

お金は人間が生きていく上で必要なものです。

お金は仕事やアルバイトをした対価として得るものであり、その使い方についてはその人の自由であることはいうまでもありません。

しかし、本当にあなたのお金の使い道は正しいと自身を持って言えますか?

今回は、お金の正しい使い道について解説していきます。

お金の使い道をどう考えるか

一万円札を持つビジネスマン

人がどれだけのお金を持っているか、月々どれくらいのお金を得ているかによって、お金に対する認識が異なるのは事実です。

お金の使い道についても当然人によって変わってきますが、改めてお金の使い道について考えてみましょう。

お金を何に使っているか

日々の生活の中で人間はお金を使って生活しています。

生きていく上ではお金が無くてはならず、例えば月々の光熱費や食費、マンションやアパートを借りている人は賃料を払って生活しています。

その他にも携帯電話・インターネットといったようないわゆる「固定費」を払って私達は生活しています。

これらの固定費を引いた残り分の使い道については人それぞれでしょう。

例えば趣味のために使う、貯金する、自己啓発や能力開発のためにセミナーやスクールに通う等、本当にバラバラです。

お金の使い道については習慣化してくるものなので、何に月々使っているかを理解しているつもりでも、年間、月間で何にどれだけのお金を使っている(貯金している)のかを細かく把握している人が少ないのも事実です。

あなたのお金の使い道は「消費」か「投資」か

固定費以外にも何らかの部分にお金を使うというのが普通ですが、「今月も無駄遣いが多かったな」「今月も全然貯金できなかった」という声を多く耳にします。

無駄遣いという言葉については人それぞれの価値観によっても異なりますが、どうしても無駄遣いが多いと感じてしまっている人は、まずはそのお金の使い道が「消費」か「投資」かということを自問自答してみることをおすすめします。

消費とは単にお金を使うということ、もっと詳しく言うと、その場限りの満足のためにお金を使うということです。

一方の投資とは、そのお金の使い道が、今だけでなく将来的にもあなたの利益になる(可能性がある)ものを指します。

金融用語の投資ももちろん資産を将来的に増やすという意味でもちろん投資ですが、投資とはそれ以外も部分も含まれます。

例えば、健康診断の結果が思わしくなかったからスポーツジムに通うという行為は、投資に含まれる可能性が高くなります。

スポーツジムに通って健康な身体を手にいれ、それにより年齢を重ねても仕事を続けることができるのであれば、それは立派な投資です。

しかしスポーツジムに通う人すべてにとってジムの会費が投資になるかというと、100%そうとは言い切れません。

ジムに入会しても全然行かない、行ってもろくに運動しないのであれば、それは消費担ってしまいます。

つまり投資か消費かは、究極的にはその人個人にしかわからないので、他人から見たら「それってお金の無駄遣いじゃん」と思われても投資になることもあり、その逆もあります。

くれぐれも注意して欲しいのは、お金の使い道について無理矢理「投資だ」とこじつけて無駄遣いするのだけはやめましょう。

貯金は善か、悪か

無理やり生活を切り詰めて貯金を行う人がいます。

1日の食費を500円ときめ、安い家賃の家に住み、好きなことを我慢して貯金に回すという人があなたの周りにもいるはずですが、このように極端に貯金のことばかりを考えるのは良いことなのでしょうか。

もちろんお金を浪費することは良いこととは言えず。浪費するくらいなら貯金したほうが良いということはいうまでもありません。

しかし、「お金を貯めること」だけが目的になってしまっている人は注意が必要です。

海外旅行に行きたいからお金を貯める、スクールに通いたいから貯金するという人は、お金を貯めることではなく、お金を貯める事によって達成したい、叶えたいことがあるという人です。

とにかく貯金することだけが目的となってしまうと、目標の貯金額に到達した途端目的を失ってしまう、もしくはもっと多くの金額を無目的に貯金するという行動に出ます。

無理な生活をして貯金して身体を壊す、人間関係が悪化するということになってしまえば、長期的に考えればマイナス面のほうが大きくなってしまいます。

貯金をするという行為についても、長期的なメリット・デメリットを考えておくのは大事です。

お金の正しい使い道を覚えよう

家計

お金は生きていく上でなくてはならないものであり、しばしばトラブルの原因となるものです。

お金に対する正しい付き合い方を学ぶというのは、この先の人生を生きていく上で非常に大切です。

今現在、正しくお金を使えていないんじゃないかと考えている人は、少しずつでもいいのでお金の使い道について考えてみましょう。

まずは出費を可視化してみる

月々にいくらのお金を使ったかを正確に理解できている人は多くありません。

家賃は把握できていても、それ以外の光熱費や食費を把握できていないという人もいます。

固定費はもちろんですが、その他にいくらのお金を使っているのかを可視化しましょう。

家計簿をつける、家計簿アプリを利用して日々の出費を確認することもできますので、そうしたものを利用するのもいいでしょう。

家計簿をいちいちつけるのは面倒くさいという人は、支払いをクレジットカードで一本化するというのもおすすめです。

クレジットカードを使って支払いを行うことで、自分がいつ、何に、いくら使った蚊を把握することができます。

明細を細かく見ながら、「これは無駄だった」「これは必要な投資だった」と見直すことができます。

おすすめクレジットカード

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

年会費無料のクレジットカードなら、OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)が断トツでお得です。

通常100円の利用で1オリコポイントなのですが、入会後6ヶ月のあいだは2倍のポイントがもらえます。オリコモールを利用すれば入会後7ヶ月をすぎても、それ以上のポイントが貯まるサービスのある高還元率のクレジットカードです。

《オリコカード・ザ・ポイントはココがお得!》
★オリコモール経由で楽天市場やYahoo!ショッピング・Amazon利用可能
★毎月8の付く日はnanacoポイントが5倍貯まるハッピーデー
★貯まったポイントはiTunesやAmazon・LINEギフト、楽天やT-ポイントになる
★電子マネーのiDとQUICPay搭載、チャージ&サイン不要でお買い物

とにかくポイントが貯まりやすいのが魅力のオリコカード・ザ・ポイントですが、ポイント交換もスムーズでリアルタイム交換で、使いたいときすぐポイントをギフトなどにできます。

オリコモールコンシェルジュというブラウザ用の拡張機能があり、モールの経由忘れを防止できます。そして、オリコポイントゲートウェイアプリを使えば、スマホひとつでポイント移行も楽々です。

スピーディーにポイントを貯めて、お得に買い物を楽しみたいあなたにオリコカード・ザ・ポイントが役立ちます。

詳しく見る

楽天カード

パソコンやスマホでカンタンに申し込めて、年会費がずっと無料のクレジットカードに楽天カードがあります。

楽天市場など楽天のサービスを多く利用しているなら、楽天カードを持っていないと損をしてしまいます。

《楽天カードのメリット》
★楽天市場の利用でポイント+2倍!楽天トラベルなら+1倍
★貯まったポイントは楽天グループで1ポイント=1円で使える
★マクドナルドやペッパーランチ・大丸などでもポイントが貯まる&使える

また、楽天カードは海外旅行先でも便利に使えます。
日本から出国する以前に、自宅から空港へ行くときの交通費や旅行代金をを楽天カードで支払っていると海外旅行傷害保険が有効になります。海外通貨でのキャッシング機能もあり、旅行前に空港で両替えするよりも手数料が安くついてお得です。

また、楽天ポイントは2ポイント=1ANAマイルにも交換可能です。

楽天カードはファミリーで利用すると、もっとお得になります。
楽天カードを家族で利用すると、アプリでまとめて確認できます。アプリの家計簿サービスを利用すれば、レシート撮影で自動入力ができてカードの支払いとあわせて収支管理も楽チンです。

目標設定やヘソクリ設定もあり、ポイントを貯めながら賢く買い物して貯金や節約もできちゃいます。

詳しく見る

収入に見合った出費を

収入に見合ったお金の使い道を選択することも大事です。

お金を使う際には投資か消費かという判断をすることが大事であると解説しました。

しかし、いくら投資の意味合いでお金を使ったとしても、それにより生活を圧迫するのであれば意味がありません。

そこでまずは、あなたの現在の収入の範囲内でお金を賢く使うということが重要です。

お金の使い道を考える上では、まずは固定費を見直すというところからスタートしましょう。

例えば家賃の場合、一般的には収入の手取りの3割程が適正な範囲と言われています。

食費に関しては手取りの15%程、通信費+光熱費は10%が適正とされます。

今のあなたの家賃はいくらでしょうか?

通信費や光熱費にいくら支払っていますか?

まずは無駄を削るところから

固定費やそれ以外の出費に対しての可視化ができたところで、改めてお金の使い道を考えてみましょう。

月々の出費を可視化することの目的は、以下に無駄な出費を省くことができるかということを見つけることにあります。

自分でも気づかないところで無駄遣いが発覚することもあります。

無駄を省くことでそれを貯金に回すか、投資に使うかという判断をすることができるようになり、お金の使い道が正しく健全なものになっていきます。

無駄な出費に気づいたからといって、いきなりそれを0にするのは難しいものです。

そこで、まずは少しずつでもいいので無駄を減らしていくという努力をしましょう。

例えば特定のことに毎月3万円の消費があった場合、1万円は投資や貯金に回そうというような意識を持つといった感じで、徐々に賢いお金の使い方ができるようになっていければOKです。

お金の使い道まとめ

通帳を見て喜ぶミドル主婦

お金の使い道について解説してきました。

お金に関する悩みや課題は、生きていく上で一生つきまとうものです。

賢いお金の使い道ができれば、人間として成長することができます。

まずはできることから始めていきましょう!

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.