100万円で投資するなら知りたい投資先のメリット・デメリット

収入増加

100万円で投資するなら知りたい投資先のメリット・デメリット

更新日:

100万円は本格的に投資の始めるなら、最低限必要だと言われるラインです。
でも大切に貯めた100万円を、どんな方法を使えば安全に、リスクのない投資ができるか悩む人も多いのではないでしょうか。

「リスクが少ない投資とは」「利回りがいい投資先は」などなど色んな事が気になります。

もしも100万円を投資しないで、銀行に定期貯金しても資産形成はできないことは、明快です。

貯蓄と投資の違いは、リスクの大きさでもあります。銀行に100万円を貯蓄したなら、元本保証があります、これはもし銀行が倒産した場合でも、約1,000万円まで保証されているので、元本の100万円は100%保証されています。

ですが銀行に預けても超低金利で、年利は約0.01%程です。仮に1年間預けても年利が0.01%の場合は、利息は100円にしかなりません。

これでは、資産を増やすことは絶対に不可能です。
そこで注目してほしいのが、投資です。投資=危険のイメージもありますが、しっかりと100万円投資先のメリット・デメリットを理解すると、きっとピッタリな投資方法が見つかります。

100万円を投資をする目的を明確にする

Image Photo

投資するからには、それ以上のリターンを求めてしますが、100万円を投資する目的によって投資方法は大きく変わってきます。

長期的に考えているのか、リスクをとっても短期で大きく稼ぎたいのかなど、投資先のメリット・デメリットを考えながら投資先を選んでみましょう。

銀行より金利のいい国債に100万円を投資する

国債とは国が発行している債券のことで、日本政府が発行しています。国債を買うとは、簡単にいえば国にお金を貸すことです。貸す相手が国となれば、投資の運用先としては安心できます。

日本の国債の他にも、世界一安全といわれる米国債などでも人気があります。

国債の魅力はリスクが少なく、銀行よりも金利がいいことです。日本の国債の場合は約0.03%~の金利が付きます。

メリット

  • 銀行より利回りがいい 満期(3年/0.03%、5年/0.05%、10年/0.66%)
  • 国が発行しているのでリスクが少ない
  • 年二回の利払いがある
  • インターネットから簡単に購入できる

デメリット

  • 購入後1年未満の途中解約はできない
  • 最短の満期で3年が必要

投資信託に100万円投資してコツコツかせぐ

投資信託は、プロの投資家にお金を預けて代わりに投資をしてもらうことです。投資のプロに運用をたのむので、株などに詳しくなくても問題ありません。

最近一番人気の投資先が、投資信託になります。近頃では、人間ではなくAIを活用して株の売買をしている投資信託もたくさんあります。

9割の個人投資家が勝てないといわれる株の世界、一から勉強するよりも始めからプロに任せてコツコツと資産形成をしたいと考える若者の傾向が伺えます。

メリット

  • 少額から投資ができる
  • 利回りがいい(年平均で3~7%)
  • ほったらかしにできる(時間がなくても大丈夫)
  • プロのファンドマネージャーに取引を全部任せることができる
  • 分散投資でリスクを減らすことができる
  • 複利を利用して長期に運用ができる
  • 国の節税対策がある (ニーサ)

デメリット

  • 費用が高い
  • マイナスリターンのリスクが大きい
  • 元本保証がない

不動産投資に100万円投資する

不動産投資といえば有名なのが、使ってないマンションの部屋などを貸して得る家賃収入です。またその他には、更地を利用したコインパーキングやトランクルームなども人気があります。
100万円投資の場合は、運用資金として少ないですが、不動産投資の場合は、融資をうけてレバレッジ効果を利用して物件を購入することもできます。

メリット

  • 安定した不労所得が得られる

デメリット

  • 100万円の自己資本だと少ないので借入金が必要になる

100万円投資で仮想通貨を購入する

ハイリスクハイリターンを覚悟するなら、仮想通貨が一番ではないでしょうか。安全性はありませんが、どれも流動が激しく価格変動が一番大きいといえます。

ボラティリティ(価格変動)が、激しい理由の一つが、国家の通貨ではないので、値動きを制限する仕組みがまだあまりない事が挙げられます。

メリット

  • 何十倍の利益をあげられる可能性がある

デメリット

  • ハイリスク・ハイリターン
  • ハッキングによる紛失
  • 税負担が大きい

外資貯金に100万円を預ける

昔は敷居が高かったですが、現在ではインターネットを使って簡単に外資貯金が出来ます。
日本円ではなく外国の通過で預金することで、金利が高くなることが期待でき、米国ドルの他、世界中の興味のある通貨を選ぶことが可能です。

日本の銀行は超低金利のため、ほとんどの外国の通貨の方が円よりも金利が高くなります。
選ぶ通貨によりリスクが変わることや、為替レートの影響、通貨の両替手数料などのデメリットがあります。

メリット

  • 円預金より金利が高い
  • 為替差益がある
  • リスク分散できる

デメリット

  • 預金保護(ペイオフ)の対象外
  • 為替手数料がかかる

実力勝負で株式投資

投資で一番有名なのが、株式投資です。株式投資は、企業が発行している株式を買うので、企業と投資家は一心同体です。もしも投資先の企業が倒産した場合は、債券はただの紙切れになります。

100万円投資で一つの企業に投資するのは、ハイリスクとも言えます。よほどの先見の眼や、投資のテクニックがなければ資産形成をするのが難しい時代です。

なぜなら個人投資家の9割は、損をすると言われるからです。

また最近では、株主優待目当てに投資する人も増えています。株を企業が指定する一定以上を保有している場合は、株主優待が受け取れます。商品券や無料食事券など、株式を保有することでメリットがあります。

メリット

  • 値上がり益(キャピタルゲイン)
  • 配当金(インカムゲイン)
  • 株主優待

デメリット

  • 100万円だと資金が少ない(投資額が比較的高いため)
  • ハイリスク・ハイリターン

おすすめ証券口座

SBI証券

ネット証券最多の460万を超える口座数が安心感をもたらしてくれる(2019年7月24日現在)。

また日本最大級の顧客満足度調査(JSCI)の証券部門で2015年度1位に輝き、今年の「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」部門では総合1位に輝きました。

SBI証券  は情報量の多さに加え、少額資金で株取引が行えるミニ株など取扱商品も豊富にラインナップ。気になる分野が多岐にわたる場合にも対応してくれるのが魅力だ。

専門のアナリストが分かりやすく株式の動向を分析してくれたり、ネットを介して質の高いセミナーがいつでも視聴できる点から、初心者向けのサービスを展開している姿勢も見て取れる。

加えて、SBI証券が誇る株式取引ツールがHYPER SBIだ。最短1クリックで発注が可能な上、マーケット情報やニュースなどの豊富な情報を提供し、投資のチャンスを逃さないよう作られている。

HYPER SBIの利用料は月額500円(税込540円)だが、「先物・オプション取引口座」もしくは「信用取引口座」を開設する等の条件を満たすと無料で使用できる。

詳しく見る

楽天証券

安心&便利な証券口座を探しているなら、SBI証券がおすすめです。

SBI証券は、2019年のオリコン顧客満足度ランキングでネット証券総合1位に輝き、4年連続&12度めの受賞を果たしています。

お客様主義をモットーにサービスを展開し、証券総合口座数も2019年3月には463万に上昇中です。

《SBI証券のメリット》
★さまざまなニーズに応える豊富なラインナップ
★毎月・毎週・毎日と好きな日付けで積立OK
★友達や家族にすすめて最大10,000円キャッシュバック
★オンラインセミナー動画は随時更新

SBI証券にはハイブリッド預金サービスがあり、住信SBIネット銀行へ預金していると預金残高からSBI証券の株取引などを購入できます。株式などを取引して利益があれば、自動で証券口座に送られるしくみです。

いつも使っている銀行口座からSBI証券へもリアルタイムで入金できて、手数料は0円です。
またSBI証券は、金融のプロが利用する値動きに関するニュース配信やチャート検索で銘柄をチェックして即注文できるサポートツールも充実しています。

新しく証券口座を持つなら、安心と満足のあるSBI証券がベストです。

詳しく見る

 

100万円の投資資金は過剰資金から?

投資イメージ NISA 少額投資非課税制度 

100万円投資をするにあたって考えなくてはならないのが、過剰資金から100万円を用意しているかどうかです。
要するに、100万円の貯蓄があり、それ全額を投資に当たることは、失敗したときのリスクや、急に現金が必要になったときに面倒になります。

投資した金融商品の中には、すぐに現金化できなものもたくさんあります。

そのために、投資はするにあったて給料の3ヵ月~6ヵ月ほどの備えておいた方がよいでしょう。

100万円で投資するなら節税が大事

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。
最大のメリットは

  • 投資によって得られた売却益や分配金の運用益が非課税になる

日本では、投資から得られた利益に対して、通常約20%の税金(所得税+住民税+復興特別所得税)がかかります。つみたてNISAをご利用することで、これがゼロになります。

例えば3000円投資して10万円の利益が得た場合は

通常の運用の場合:約8万円
つみたてNISAで運用した場合:10万円

通常約20%かかる税金が、つみたてNISAなら非課税なので丸々手元に残ります。

まとめ

資産形成 貯蓄 投資信託 投資

100万円は本格的に投資の始めるなら、最低限必要だと言われるラインです。
でも大切に貯めた100万円を、どんな方法を使えば安全に、リスクのない投資ができるか悩む人も多いのではないでしょうか。

「リスクが少ない投資とは」「利回りがいい投資先は」などなど色んな事が気になります。

もしも100万円を投資しないで、銀行に定期貯金しても資産形成はできないことは、明快です。

貯蓄と投資の違いは、リスクの大きさでもあります。銀行に100万円を貯蓄したなら、元本保証があります、これはもし銀行が倒産した場合でも、約1,000万円まで保証されているので、元本の100万円は100%保証されています。

ですが銀行に預けても超低金利で、年利は約0.01%程です。仮に1年間預けても年利が0.01%の場合は、利息は100円にしかなりません。

これでは、資産を増やすことは絶対に不可能です。
そこで注目してほしいのが、投資です。投資=危険のイメージもありますが、しっかりと100万円投資先のメリット・デメリットを理解すると、きっとピッタリな投資方法が見つかります。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.