ビットコインに復活!2019年から始める暗号通貨への投資

収入増加

ビットコインに復活!2019年から始める暗号通貨への投資

更新日:

ビットコインの名前は知っていても、明確にそれがなんなのかを説明することは難しいです。

暗号通貨であり、インターネット上でつかえる通貨であることは分かります。ですがなぜこれほど、ビットコインが人気があって価値があるのか?

一夜にして暴落することもあるし、暴騰することもあります。傍から見ているとそれは投資ではなく、ギャンブルのようにも感じられます。

ですが今現在多くの人の関心が集まってるビットコインは、魅力のある金融商品であることは否定できません。今までビットコインや暗号通貨に対して投資することをためらっていた人も、今後どうしても無視できない存在になっています。

ビットコインを理解して、リスクを避けて投資するにはどうすればいいのでしょうか。

ビットコインの投資の前に

四葉のクローバー 仮想通貨

ビットコインとは暗号通貨であり近頃では、ビットコインで決算できる場所も増え続けています。

現金のような法定通貨でないビットコインは、すでに通貨の役割でもある「貯蓄ができる」「交換できる」「モノの価値をはかる」ことができ、多数の人がビットコインは、通貨であると認識があれば価値が生まれてきます。

暗号通貨はすでに2000種類以上はありますが、日本で取引されているのは約30種類ほどです。
その中でも一番有名で、人気があるの暗号通貨がビットコインです。

ビットコインは「怪しい・危険」という固定概念がある場合は、一度客観的にビットコインについて理解を深めてみましょう。現在では至るところで暗号通貨が使われていて、この流れはこの先どんどん加速していきます。

ビットコインの誕生

ビットコインは誰が造ったものなのか......実はこの謎のすべてはまだ分かっていません。ビットコインの始まりは「サトシ・ナカモト」と名乗る人物が「理論的こういうことができる」と論文で発表したことがきっかけでした。

サトシ・ナカモトは日本人の名前に似ていますが、今現在まで正体不明で国籍なども分かっていません。

インターネット上に価値のある通貨を造り出す論文をキッカケに、有志のプログラマー達によって分担されて開発が始まり、徐々に現在のビットコインの形の近づいたといわれています。

ビットコインが怪しいと言われる原因の一つに、正体不明の謎の人物が発表した論文が元になっていることが挙げられます。

ビットコイン以外の暗号通貨

暗号通貨はビットコイン以外にも、たくさんあります。

ビットコイン以外で世界中で人気がある暗号通貨

・Ethereum(イーサリアム):単位 ETH
・Ripple(リップル):単位 XRP
・NEM(ネム):単位 XEM

それでは、ビットコインだけがなぜいつも注目されているのでしょうか。それはビットコインが暗号通貨の元祖であり、一番最初に暗号通貨としてプログラムミングされたことで、他の暗号通貨に比べて信用度が高いと認識されているからです。

またビットコインは他の暗号通貨にたいして、基軸通過的役割も補っています。

インターネットの中だけで存在している暗号通貨は、発行主体が存在しません。「暗号通貨には価値がある」という世界中人達の認識が、価値を生み出します。

だから信用度が一番大切であり、ビットコインは暗号通貨の中で一番の信用されています。

ビットコインと電子マネーの違い

ビットコインは、suicaなどの電子マネーとは全く違った存在です。電子マネーは、法定通貨の価値のをそのままデジタル上のお金に変えたものです。

ビットコインの投資は少額から始められる

ビットコインを持つビジネスマン

1ビットコインの値段が高額のため、ビットコインに投資するには、多額の資金が必要なのではないかと思われる方もいますが、ビットコインは「0.001BTC」から購入が可能なので、ビットコイン投資は約1000円から始められます。

値動きが激しいビットコインに始めから高額の資金を投資するのは、ハイリスクでもあります。ビットコインは通貨であり、FXのような為替でもありますが、法定通貨と違い中央銀行のように通貨をコントロールする機関がなく、ストップ高・ストップ安のように急激な上昇や下降を防ぐ対策がないので、需要が高まればその分急上昇し、暗号通貨に不安が広まれば一気に暴落もします。

少額からビットコインを始めてみて、自分に向いている金融商品なのかどうか、確かめてみるのがいいのではないでしょうか。何事も実際にやってみたいと本質はみえてこないものです。
思った以上に使い勝手がいい通貨だと、感じるかもしれません。

取引所に口座開設をするのは、無料なので初期費用は全くかかりません。ですが未成年の場合は、利用できない場合があります。

大手企業が参入している

ビットコインなどのを使った決算サービスは、すでに日本全国で使われていて、今後も「楽天ウォレット」や、LINEの独自通貨を「LINK」が取り扱いが開始されるなど、今後私達の生活に無くてはならない存在になってきました。

特に最近ではフェイスブックが発表した暗号通貨Libra(リブラ)がよく話題になります。ビットコインと違い価格が一定のステーブルコインで使いやすいので、今後普及するのではないかと言われています。
裏付け資産がある法定通貨と同じ感覚で利用できるので、電子マネーに似た感覚に近いかもしれません。

おすすめ証券口座

SBI証券

ネット証券最多の460万を超える口座数が安心感をもたらしてくれる(2019年7月24日現在)。

また日本最大級の顧客満足度調査(JSCI)の証券部門で2015年度1位に輝き、今年の「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」部門では総合1位に輝きました。

SBI証券  は情報量の多さに加え、少額資金で株取引が行えるミニ株など取扱商品も豊富にラインナップ。気になる分野が多岐にわたる場合にも対応してくれるのが魅力だ。

専門のアナリストが分かりやすく株式の動向を分析してくれたり、ネットを介して質の高いセミナーがいつでも視聴できる点から、初心者向けのサービスを展開している姿勢も見て取れる。

加えて、SBI証券が誇る株式取引ツールがHYPER SBIだ。最短1クリックで発注が可能な上、マーケット情報やニュースなどの豊富な情報を提供し、投資のチャンスを逃さないよう作られている。

HYPER SBIの利用料は月額500円(税込540円)だが、「先物・オプション取引口座」もしくは「信用取引口座」を開設する等の条件を満たすと無料で使用できる。

詳しく見る

楽天証券

安心&便利な証券口座を探しているなら、SBI証券がおすすめです。

SBI証券は、2019年のオリコン顧客満足度ランキングでネット証券総合1位に輝き、4年連続&12度めの受賞を果たしています。

お客様主義をモットーにサービスを展開し、証券総合口座数も2019年3月には463万に上昇中です。

《SBI証券のメリット》
★さまざまなニーズに応える豊富なラインナップ
★毎月・毎週・毎日と好きな日付けで積立OK
★友達や家族にすすめて最大10,000円キャッシュバック
★オンラインセミナー動画は随時更新

SBI証券にはハイブリッド預金サービスがあり、住信SBIネット銀行へ預金していると預金残高からSBI証券の株取引などを購入できます。株式などを取引して利益があれば、自動で証券口座に送られるしくみです。

いつも使っている銀行口座からSBI証券へもリアルタイムで入金できて、手数料は0円です。
またSBI証券は、金融のプロが利用する値動きに関するニュース配信やチャート検索で銘柄をチェックして即注文できるサポートツールも充実しています。

新しく証券口座を持つなら、安心と満足のあるSBI証券がベストです。

詳しく見る

 

ビットコインに投資したいけど暴落が怖い

ビットコイン

ビットコインの値動きは、色んな要素に影響を受けています。予期せぬ暴落などに事前に備えていないと大きな損失を出してしまう可能性があります。

ビットコインはできるだけ余剰資金で投資して、万が一ビットコインの価格が暴落しても長期的に回復を待てるだけの、余裕を持って取り組みましょう。短期的には乱高下をするチャートですが、長期的にみると暗号通貨の誕生から右肩上がりになっています。

ビットコイン投資をするなら取引所を慎重に選ぶ

人気の暗号通貨の取引所は、暗号通貨が流通し始めた2010年代前半と比べて、信頼できる技術を提供してくれています。

リアルタイムの売買や、ハッキング対策に備えてコールドウォレット(インターネットと完全に切り離して保管されていること)を採用しているところが多く、初心者でも簡単に投資ができる使いやすいアプリが人気です。

副業で暗号通貨に投資するときは、安心できる取引所を選びましょう。

・Coincheck
24時間いつでも暗号通貨を売買でき、送金、受け取りも簡単です。本格的なトレードビューが取引手数料無料でつかえ、2段階認証、コールドウォレット、システム監査など安全なセキュリティが人気です。

・GMOコイン
GMOの特徴は使いやすさ「暗号通貨はよくわからない」「アプリが使い方がわからい」といったことがないように使いやすさを重視して設計されていて、簡単に暗号通貨の取引ができると人気があります。

・Bitbank
暗号通貨取引量が国内で一位であり、その他にセキュリティ、アプリにも定評があります。
快適なトレードの為の豊富な機能を持つ安定したアプリ、外出先でも気軽にトレードが可能で、チャンスを逃す心配がありません。

ビットコインは送金手数料がやすい

銀行を挟まなくても世界中どこでも送金できるビットコインは、今後益々注目されるメリットの一つです。
まず、ビットコイン自体が世界中で使える通貨になっているので、両替手数料や為替手数料が存在しません。

また世界中どこでも送金可能で、ビットコインはユーザー間で簡単に直接送金を行うことができます。そのため今までの手数料に比べて、格段に安くなります。
これは法定通貨を送金するのに対して、手間がかからず便利になります。

まとめ

bitcoin and computer on wooden table

ビットコインなどの暗号通貨は、目まぐるしい進化をしています。大手企業も暗号通貨を積極的に取り入れて、活用していく動きがあります。

暗号通貨に対する不安感も徐々にですが薄らいで、再び暗号通貨に投資をする人達が増えてきました。

この流れでまた、ビットコインの価格が上昇しています。2017年のバブル後に、低迷を続けていたビットコインに復活の兆しが表れているのです。
ビットコインの特徴でもある「価値の変動が激しい」「交換業者(取引所)のセキュリティー」をしっかり吟味して、ビットコインに投資してみるのもいいのではないでしょうか。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.