ICO投資の実態とは!暗号通貨を使った新しい投資方法

収入増加

ICO投資の実態とは!暗号通貨を使った新しい投資方法

更新日:

ICOとは、イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)の略称で、資金調達に暗号通貨を利用した仕組みのことです。

株式(上場)のことは、イニシャル・パブリック・オファリング(Initial Public Offering)と呼ばれていてこれが従来の資金調達の方法でした。

IPOは証券取引所に仲介してもらい、投資家から資金調達をしていました。それではICOの場合はなにが変わったのか、それは株式の代わりに暗号通貨が使われるようになったことです。

これにより、証券取引所などの仲介業者を挟まずにダイレクトに、そして暗号通貨を使うことで世界中からスピーディーに資金調達をすることを可能にしました。

ですが世間一般のICOのイメージは、決して安全な投資方法ではなく、怪しいのではないかという意見が多いです。
そこでICO投資に興味がある人に、ICOは本当に危険なのかお伝えしたいと思います。

ICO投資のリスク

ビットコインを持つ男性

暗号通貨は経済で様々な影響を与えていて、その中でも一番注目されているのがICO投資ではないでしょうか。

しかしICO投資にはまだまだ規制ができておらず、大きなリスクや危険性が潜んでいることはあまり知られていません。これからICO投資に興味がある人には、絶対知っておいてほしいリスクや危険性についてお伝えします。

暗号通貨を使った新しい投資方法

ICOは暗号通貨を使った資金調達の手段であり、世界中の投資家から暗号通貨を使って資金調達ができるので、スピーディーに資金を集めることができます。

投資家は企業が発行するトークン(暗号通貨)を利用して、それを運用することが株式と同じようなキャピタルゲインを得ることができます。ですが株式投資と違い、ルールが曖昧なことから、マネーロンダリングなどのテロ組織の資金調達にも利用される危険性が懸念されています。

また、トークンを発行したあと何の事業展開もしない、または投資を受けたにもかかわらず、トークンを発行しないなどの詐欺行為は、ICOの利用が増加するのに比例しています。ICO投資を悪用しようと考える組織などに、警戒する必要性があります。

なぜ企業はICO投資から資金調達をしたいのか

ビジネスとテクノロジー

企業がなぜICOに興味を持ち、資金調達を行っているかを考えると、少しは投資するリスクを減らすことができると思います。

なぜなら企業にとっては、ICO以外にも資金調達の手段がいくらでもある中で、なぜICOなのかを考えることが必要です。

世界中から資金調達ができるから

多くの企業の中でも特にベンチャー企業が、ICOを資金調達として使う理由は、イノベーションを起しやすいというポイントです。

暗号通貨やICOには、法律にようる整備がまだ不十分であるとよくいわれます。銀行などから融資を受ける場合は厳しい審査があるのに対して、ICOはまだ審査が甘く、コスト面でも安くなります。

これからイノベーションを起こしていきたいと考える企業にとっても一番早く、安く、資金調達をできるので、ICOに人気が集まります。

企業の倒産と失敗のリスク

ICO投資は、会社の信用リスクが高くなります。営業活動、企業理念、経営方法、経営方針などがどこまで信用できるのか、疑う目を持たなといけません。

ルールがないだけに、架空の企業を造りあげて、資金調達を募りその後消息を断つケースは、世界的に起きています。

また中国がICOを全面的に禁止したように、日本でも新しい法律ができ規制がいつ入るかわからない危険性が含まれています。

法整備はどこまで進んでいるのか

日本の場合は暗号通貨についての法律がありますが、ICO投資に関する法律面ではまだ不十分だと言われて、ICO投資リスクが高い金融商品であることを理解してください。

おすすめ証券口座

SBI証券

ネット証券最多の460万を超える口座数が安心感をもたらしてくれる(2019年7月24日現在)。

また日本最大級の顧客満足度調査(JSCI)の証券部門で2015年度1位に輝き、今年の「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」部門では総合1位に輝きました。

SBI証券  は情報量の多さに加え、少額資金で株取引が行えるミニ株など取扱商品も豊富にラインナップ。気になる分野が多岐にわたる場合にも対応してくれるのが魅力だ。

専門のアナリストが分かりやすく株式の動向を分析してくれたり、ネットを介して質の高いセミナーがいつでも視聴できる点から、初心者向けのサービスを展開している姿勢も見て取れる。

加えて、SBI証券が誇る株式取引ツールがHYPER SBIだ。最短1クリックで発注が可能な上、マーケット情報やニュースなどの豊富な情報を提供し、投資のチャンスを逃さないよう作られている。

HYPER SBIの利用料は月額500円(税込540円)だが、「先物・オプション取引口座」もしくは「信用取引口座」を開設する等の条件を満たすと無料で使用できる。

詳しく見る

楽天証券

安心&便利な証券口座を探しているなら、SBI証券がおすすめです。

SBI証券は、2019年のオリコン顧客満足度ランキングでネット証券総合1位に輝き、4年連続&12度めの受賞を果たしています。

お客様主義をモットーにサービスを展開し、証券総合口座数も2019年3月には463万に上昇中です。

《SBI証券のメリット》
★さまざまなニーズに応える豊富なラインナップ
★毎月・毎週・毎日と好きな日付けで積立OK
★友達や家族にすすめて最大10,000円キャッシュバック
★オンラインセミナー動画は随時更新

SBI証券にはハイブリッド預金サービスがあり、住信SBIネット銀行へ預金していると預金残高からSBI証券の株取引などを購入できます。株式などを取引して利益があれば、自動で証券口座に送られるしくみです。

いつも使っている銀行口座からSBI証券へもリアルタイムで入金できて、手数料は0円です。
またSBI証券は、金融のプロが利用する値動きに関するニュース配信やチャート検索で銘柄をチェックして即注文できるサポートツールも充実しています。

新しく証券口座を持つなら、安心と満足のあるSBI証券がベストです。

詳しく見る

 

余剰資金を使ってICO投資する

図表 チャートグラフ チャート

資産形成という意味では、ICOはまだまだ不安がある金融商品になります。
ですので、余剰資金の中で気になる企業などがあれば、ICO投資をする形が望ましです。

まだまだギャンブル性が高いのでハイリスク・ハイリターンを理解してICO投資をしましょう。

分散投資の対象に

ICOで資金調達をしている企業の中にも、今後世界にイノベーションを起こす企業もでてくるでしょう。

ビットコインもそうですが、莫大な利益を得る人は「怪しい」「危険」と言われている時に、しっかっりとその価値を理解したうえて覚悟をして投資をするので、莫大な利益を得る先駆者としてのメリットが得られます。

これだと思う企業があれば、積極的に投資をするのもいいのではないでしょうか。

中国でICO投資が全面禁止になる理由とは

暗号通貨は中国の裕福層を中心に、資産を海外に移すためのリスクヘッジとして人気が高まりました。
しかし中国政府は人民元の価値の下落を防ぐために、2017年9月にICOを全面禁止にしました。

その時中国政府は「ICOは金融詐欺であり、ネズミ講である」とその理由を述べています。
またすでにICOで資金調達した企業や個人に対しても、投資家に資金の返却を命じて、返却ができなかった場合は、厳しい処罰を受けるといいます。

ICOに投資するメリット

メリットとデメリットのバランス

自由度が高いICOに投資するメリットは、たくさんあります。

・誰にでもICO投資が可能

特別な手続きや資格もいらずに、始めることができます。これからICOに関してどのような法律ができるかは分かりませんが、今現在2019年では、とてもオープンな投資を行うことができます。

・ホワイトペーパーで事業計画知ることができる

ICO投資に欠かせなのが、ホワイトペーパーと呼ばれる、事業計画書などの投資対象となる企業や個人の情報が開示されたサイトで、これは誰にでも読めるようになっています。

・少額から投資が可能

1,000円以下の少額からでも始められるので、ICO投資がまだ怖いなって方は、少額から運用して向き不向きを確かめてみるのもいいのではないでしょうか。

・ICO投資はダイレクトに投資できる

株式会社といえば、証券会社や取引所を通すことが多いので、仲介業者に手数料がかかってします。その点ICO投資は、直接投資するのでキャッシュフローも向上します。

・グローバルに投資ができる

ICO投資は国内だけでなく、海外の企業には簡単に投資をすることができます。暗号通貨を使ってインターネット上ですべての取引を行うので、投資の幅が大きく広がります

・ハイリターンが期待できる

まだ成熟してない市場だけにりハイリターンがまだまだ期待できます。暗号通貨の上昇とともに、資産を何百倍にできる可能性があります。

ICOに投資して取引を始める

キャッシュカードとパソコンのイメージ

ICOを投資するば従来を投資に比べて銀行や証券会社のおすすめなのがないだけに、自分自身でいい投資先をみつけなくてはなりません。

今までより自由な投資ができる分、自己責任のが大きくなります。

ウォレットを作る

ICO投資に必要なものは、暗号通貨です。ICOでは主にビットコイン、イーサリアム、ネムなどが使われいますが、投資先により扱う暗号通貨が異なるために、先に投資先がどの暗号通貨で資金調達をしているのかを知る必要もあります。

暗号通貨取引所で購入した暗号通貨を専用のウォレットに保管してください。

ICOの投資先をきめる

ICOは企業が行う新規プロジェクトを支援するための、投資です。これに似た資金調達といえば、クラウドファンディングによる資金調達などもあります。

ベンチャー企業は、新しい技術や知識などで創造的なビジネスの展開を目指す企業です。
そのため、アイデアに対して資金が足りないといった場合も多くあります、資金調達によってまとまった資金が得られることは、ベンチャー企業にとって大きなメリットであると言えます。

インターネット上で事業の情報や製品のアイデアを公開し、多くの人から資金調達をしています。

まとめ

21世紀に入ってからできた新しい技術、暗号通貨やブロックチェーンなどを活用した新しい投資方法やビジネスがこれから生まれる時代です。

今現在は技術の方が先にいって、法律が追いついていない状態が続いているのではないでしょうか。その為に様々な詐欺行為などが頻繁に起きるので、マイナスのイメージも与えやすいです。

ですが新しい時代の波にのることができるのは、今がチャンスかもしれません。
ICOは少額から投資が可能なので、余剰資金などを使い投資を始めてみてはいかがでしょうか。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

 

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.