シングルマザーの生活費を節約するコツ!1カ月でかかる費用は?

支出削減

シングルマザーの生活費を節約するコツ!1カ月でかかる費用は?

更新日:

シングルマザーになって気にしなければならないのは、生活費ですよね。子どもを養っていくためには、どのくらいの収入が必要なのでしょうか?今回は、シングルマザーの生活費の内訳や、節約方法について紹介します。

 

シングルマザーの生活費ってどれくらいかかる?

家族

シングルマザーの生活費は、子供の人数によって差があります。少し大変ですが、毎月家計簿をつけることで、毎月いくらお金が必要なのかを把握することが可能です。

子ども1人の場合

子どもの年齢や習い事の数などで差はありますが、大まかに見ていきましょう。

家賃:55000円
食費:30000円
水道光熱費:15000円
通信費:10000円
日用品代:3000円
給食費:4500円
子どもの習い事代:10000円
交際費等:10000円
衣服・化粧品代:6000円
生命保険料:4000円

以上を計算すると、毎月生活費に14万7500円かかることになります。子どもが多い家庭は、家賃や食費など全体的に高くなり、子供が一人増えるにつれ、平均約5万円ほど生活費が上がります

母子家庭の場合、役所に申請することで、児童手当や国民年金・公民健康保険の減額や免除といった支援を受けることができます。家の近くにある役所や子育て支援センターに相談してみてください。また離婚によってシングルマザーとなった場合は、相手の男性に養育費の支払いを求めましょう。

家計簿をける

生活費を節約するためにはまず、お金の流れを把握することが大切です。少し手間はかかりますが、家計簿をつけてみましょう。毎日つけたり、1円単位で記入する必要はありません。大まかでも忘れずに続けることで、どの項目にいくら使っているのか見えてきます。

最近は、レシートを撮影するだけで、品物を項目に分けてくれる家計簿アプリもあります。手書きでつけるのが苦手な方は、アプリを活用するのも良いでしょう。継続してつけることで、どの項目の支出が多いのか、収入と支出のバランスは良いか、チェックすることができます

シングルマザーの生活費をどう節約する?

パーツ 主婦

少しでも貯金するために、支出はなるべく減らしたいですよね。以下では、生活費の具体的な節約方法をご紹介します。

家賃を見直す

生活が厳しい、または貯金を増やしたい場合は、家賃の低い家を探すのも一つの手です。なぜなら家賃は、生活費の中で一番大きな支出だからです。郊外や駅近ではない物件を選ぶことで、家賃が1万円以上安くなることも多いです。

食費や日用品代を百円単位で削るより、初めから住居費を抑えておけば、かなり節約することができます。

また、地方自治体などが低所得者に対して提供している、公営住宅に入ることを検討してみましょう。家賃が安く、礼金や仲介手数料が不要なケースがほとんどです。所得の条件を満たし、抽選に通ることで入居することが可能です。

食材はまとめ買い

食費は工夫次第で削れる項目です。そして食費を節約するためには、自炊が基本となります。スーパーの特売日を狙って、食材をまとめて買うと、安く済む上に何度も買い出しに行く手間が省けます。

まとめ買いと同様に大切なのが、食材のロスをなくすことです。せっかく買った食品を捨ててしまうのは、お金を無駄にしてしまうのと一緒だからです。週に一度、冷蔵庫の中身を使い切る日を設定するなど、食材を捨てない工夫をしてみてください。

通信費が安くなる可能性も

毎月かかるスマホ代は、少しでも安くしたいですよね。もし今大手キャリアのスマホを契約しているのであれば、格安SIMに切り替えることで、通信費を安く抑えられる可能性があります。格安SIMは主に、mineoやUQ mobile、LINEモバイルといったものがあります。データ量を低く設定すれば、1000円台の料金プランもあります。

しかし自宅や外出先でもインターネットを利用したり、スマホで動画を視聴することが多い人は、モバイルルーターと併用することがおすすめです。なぜなら格安SIMといっても、大容量の料金プランの場合は高くつくことがあるからです。

モバイルルーターは月額4000円ほどかかります。その代わり、スマホの通信容量を最低限に抑えたプランを選べば、スマホの代金は通話料と端末代程度で済みます。モバイルルーターを利用すれば、スマホのデータ容量を気にせず、動画視聴やSNSを楽しむことができ、便利です。

おすすめ格安SIM

Y!mobile

スマホで通話するのが多いならワイモバイルがおすすめです。
ソフトバンク回線を利用したワイモバイルには、10分以内の国内通話が無制限のサービスがあります。

スマホプランSを申し込めば、ワンキュッパ割で1年間は月々1,980円と格安で利用できます。
さらに、おうち割光セットを同時に申し込めば高速データー通信3Gがついて、なんと月々1,480円ともっとお得になります。

しかも3年連続でスマホ満足度No.1を獲得していて、全国にワイモバイルの取り扱い店舗数は4000店あります。
携帯電話会社より安く&繋がりにくい時間のない格安SIMを探しているなら、断然ワイモバイルが便利です。

《ワイモバイルの魅力》
★1回の通話が10分以内なら0円でかけ放題
★ワンキュッパ割+おうち割光セットで高速データー通信
★取扱店舗数は安心の4000店
★いま使っているiPhoneをそのまま使えてコミコミ価格

AndroidのラインナップもありLG社のAndroid One X5や、京セラかんたんスマホなど選べます。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでお得に買い物できるサービスもあり、ショッピングでポイントを貯めたいあなたにもワイモバイルはベストな選択です。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはNTTドコモまたはauから好きなSIMを選んで、通常の携帯電話会社より70%もスマホの利用料金を安くできます。

《BIGLOBEモバイルの特徴》
★ネット利用のみのデータSIMは3GBで月々900円
★音声通話SIMの月額料金は480円の激安価格
★ドコモ・auのほか、SIMフリーのスマホに差し替えてそのまま使える
★使い切れなかった通信容量は翌月繰り越しOK

「スマホはネット利用だけだから、もっと安くしたいな」と考えているなら、確実にBIGLOBEモバイルはお得です。

今ならBIGLOBEモバイルで音声通話SIMと同時にエンタメフリーオプションを申し込めば、最大3ヶ月間無料になるキャンペーンを実施しています。

エンタメフリーオプションはYouTubeやAbemaTV・Apple MusicやLINE MUSICなど、動画や音楽を通信量の制限なく定額料金で楽しめるものです。

スマホのネット利用のうち、動画や音楽配信がメインなら間違いなくBIGLOBEモバイルをおすすめします。

 

現金はなるべく使わない

水道光熱費などの支払いや日用品代は、クレジットカード決済にまとめた方がお得です。その理由は、支払いした分だけポイントが付き、支出の管理もしやすくなるからです。ポイントはAmazonギフト券や図書カードといったギフトカードや、Tポイント楽天スーパーポイントに換えることができます。

また最近では、クレジットカードの明細をWebで確認できることが多いです。いつどのお店でいくら利用したかを、簡単に把握することができます。家計簿アプリと連動させれば、いちいち買った品物などを入力することなく、家計簿への記入が完了します。

そしてクレジットカード決済をお得に活用するためのポイントが3つあります。まず一つ目は、年会費のかからない選ぶことです。一般的にクレジットカードの年会費は、1000円以上かかります。少しでも節約するためには、年会費が永年無料のものを選びましょう。カードによっては、初年度は年会費が無料だけれど、2年目以降は発生するものもあるので、注意が必要です。

続いて二つ目は、ポイントの還元率です。還元率が1%以上のものを基準に選ぶのがおすすめです。使う店舗によってポイントが、2.0%以上の還元率となる場合もあります。後で詳しく説明しますが、よく利用する店舗を基準にクレジットカードを選んでも良いでしょう。

三つ目は、ポイントの交換先の多さです。せっかく貯めたポイントを、有効活用できなければ意味がありません。自分が利用する頻度の高い店舗や、ネットショッピングで使えるポイントであることが大切です。

この三点を踏まえた、おすすめのクレジットカードは、
・楽天カード
・JCB CARD W
・Yahoo!JAPANカード
です。

楽天カードは、通常のショッピングのポイント還元率が1%です。さらに楽天市場を利用した場合、4%の還元率となります。貯まったポイントは、楽天市場で使ううことができ、日用品を買いそろえることも可能です。楽天をよく使う方に、おすすめのカードです。

JCB CARD Wは、通常のポイント還元率が1%で、Amazonやセブンイレブン、イトーヨーカドーでは2.5%の還元率となります。ネットショッピングはAmazonを利用する人や、セブンイレブンやイトーヨーカドーでよく買い物をする人に適したカードです。

Yahoo!JAPANカードも同じく、通常のポイント還元率は1%です。しかしYahoo!ショッピングやLOHACOでは、還元率が3%に上がります。またこのカードは、Tポイントカードとしても使うことができるため、Tポイントがよく貯まる方にぴったりです。

生活費を一度見直してみよう

家計簿と電卓とお金とチェックリスト

今回は、シングルマザーの生活費について解説しました。生活が厳しい場合は、役所に相談することで支援を受けられるケースがあります。また節約を始めるには、現状の支出を把握することも大切です。自分に合った節約術で、生活費を見直してみましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.