20代投資に最適!積立型投資信託がなんで人気があるのか

収入増加

20代投資に最適!積立型投資信託がなんで人気があるのか

更新日:

20代から投資に興味を持つ若者は、増えてきました。

投資をして未来のために資産形成を考えている20代の若者は、たくさんいます。ですが「投資の勉強をする時間がない」「まとまった貯蓄もない」「リスクをとりたくない」などの悩みを抱えています。

そんな20代の若者に最適といわれているのが、積立型投資信託です。
投資=ギャンブルのイメージを取り除いて、コツコツと投資する方法をお伝えします。

20代投資でスタートダッシュが重要

不動産投資 

20代は人生の中で、一番自由にお金が使える時期であります。将来的に年金に頼ることが難しい現在の20代は、資産づくりも早く始めてなくてはなりません。

30代が結婚平均年齢になっている日本では、30代、40代と結婚、子育て、住宅購入、教育費、そして老後の生活費と支出が増えてきます。

人生は何が起こる分からないので、大切なタイミングで資金・資産がないためにチャンスを逃してしまうのは勿体ないので、自由なお金がある20代からしっかりと投資を始めましょう。

人生で大きな支出となるライフイベント

全国平均の一般的なライフイベントの支出をみてみましょう。

  • 結婚:約330万円
  • 子育て/教育費:国公立で約1,000万円、私立で約2,500万円
  • 住宅購入:約3,800万円
  • 老後:年間約:150万円

20代から長期的に資産形成していく

お金を稼いでもタンス預金していると、何年たっても元本はかわりません。
それでは銀行に預けて貯蓄をしても現在の低金利では、お金を増やすことは難しいでしょう。

そこで20代の若者に選ばれている投資が、投資信託です。少額から始められ、リスクを抑えた運用ができるのが人気の理由です。

20代は積極的にリスクを取ってリターンを狙える世代

20代は短期間でお金を増やしたいと、ハングリーになって挑戦するのも間違いではありません。投資は目的によって、方法は変わります。

収益性を最重要重視した金融商品を積極的に運用するのも、間違いではありません。
短期間で資産を増やしたい場合、ある程度のリスクをともなった投資が必要となります。

簡単に言えば「ハイリスク・ハイリターン」の金融商品もたくさんあります。収益が大きくなりやすく、リスクとリターンのバランスを考えてお取引する必要があります。

20代投資の重要キーワード「長期・分散・積立」

データ

20代の投資と40代投資の違いは、何でしょうか?
それは投資に対して、長期的な戦略を立てることができることです。

20代は収入が少なく場合がありますが、だからこそ少額で始められる積立投資信託が絶好の機会になります。

安全資金を確保してから投資をする

投資を始める前に重要なことは、支出を把握しておくことです。
家賃・食費・交際費などの生活費すべての支出をすべて洗い出して、ムダなお金を使ってないか確認してみましょう。

20代は投資に使える資金が少ないことが特徴です。だからこそ、ムダなお金の支出を抑えてまずは安全資産を確保しないといけません。
もしもの場合に3~6ヵ月分の給料を安全資産として確保してから、投資を始めることがオススメです。

20代で投資をする目的を明確にする

一万円札

20代投資では、個別株・不動産投資・仮想通貨・FXなど、いろいろな投資に興味が湧きますが、「どれに投資すべきか」を考え前に、「なぜ投資をする必要があるのか」を考えましょう。

  • 将来の結婚資金
  • 老後の為
  • お金に詳しくなる為
  • 株主優待の為
  • 自由に生活がしたい
  • 不労所得を得たい

などなど目的によって、投資の方法は変わってきます。

老後の為になら焦る必要はない

老後の資金のためならリスクが大きい投資、例えば個人株、FX、仮想通貨などに投資する必要はあまりせん。なぜなら投資=ハイリスクではないからです。

多くの日本人が考える投資とは、なぜかハイリスク・ハイリターンのものばかりで、もしも投資に失敗すると全財産だけでなく、多額の借金を抱えてしまうギャンブルのような認識をしている人もいます。

ですがリスク分散をしっかり理解していたら、元本からマイナスになることがあっても全財産まで失うような失敗は起こりません。

投資方法にはすべてメリット・デメリットがあります、その中で自分の投資目的にあった投資を選ぶことが、一番大事なことです。

20代の投資をする最大のメリットは、時間があることです、色々な投資手法を勉強して、それぞれのメリット・デメリットを知った上で、目的に最適で自分が実践できる投資を選びましょう。

老後の資金確保のための投資とは

20代からしっかりと老後の事を考えておくことは、大切なことです。20代から長期的にコツコツと老後の為に投資するなら、投資信託の積立が人気があります。
低利回りでも20代から長期戦略で資産を確実に増やせます。

投資信託の利回りは、金融庁の統計によると平均1~5%です。
もちろんこれ以上の利回りがいい金融商品もたくさんありますが、20代からの老後の為の資金の確保としては、悪くありません。

投資といえば仮想通貨などのような、大きな値上がりを期待できて、短期間で何十倍もの資産を得ることができるイメージがありますが、同じだけ資産が減るリスクもあることを忘れないようにしましょう。
リスクをとって高い利回りを求めなくても、投資に回すお金を少しでも長期で捻出することができれば、利回りが低いものでも、大きな資産に化けることがあります

おすすめ証券口座

SBI証券

ネット証券最多の460万を超える口座数が安心感をもたらしてくれる(2019年7月24日現在)。

また日本最大級の顧客満足度調査(JSCI)の証券部門で2015年度1位に輝き、今年の「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」部門では総合1位に輝きました。

SBI証券  は情報量の多さに加え、少額資金で株取引が行えるミニ株など取扱商品も豊富にラインナップ。気になる分野が多岐にわたる場合にも対応してくれるのが魅力だ。

専門のアナリストが分かりやすく株式の動向を分析してくれたり、ネットを介して質の高いセミナーがいつでも視聴できる点から、初心者向けのサービスを展開している姿勢も見て取れる。

加えて、SBI証券が誇る株式取引ツールがHYPER SBIだ。最短1クリックで発注が可能な上、マーケット情報やニュースなどの豊富な情報を提供し、投資のチャンスを逃さないよう作られている。

HYPER SBIの利用料は月額500円(税込540円)だが、「先物・オプション取引口座」もしくは「信用取引口座」を開設する等の条件を満たすと無料で使用できる。

詳しく見る

楽天証券

安心&便利な証券口座を探しているなら、SBI証券がおすすめです。

SBI証券は、2019年のオリコン顧客満足度ランキングでネット証券総合1位に輝き、4年連続&12度めの受賞を果たしています。

お客様主義をモットーにサービスを展開し、証券総合口座数も2019年3月には463万に上昇中です。

《SBI証券のメリット》
★さまざまなニーズに応える豊富なラインナップ
★毎月・毎週・毎日と好きな日付けで積立OK
★友達や家族にすすめて最大10,000円キャッシュバック
★オンラインセミナー動画は随時更新

SBI証券にはハイブリッド預金サービスがあり、住信SBIネット銀行へ預金していると預金残高からSBI証券の株取引などを購入できます。株式などを取引して利益があれば、自動で証券口座に送られるしくみです。

いつも使っている銀行口座からSBI証券へもリアルタイムで入金できて、手数料は0円です。
またSBI証券は、金融のプロが利用する値動きに関するニュース配信やチャート検索で銘柄をチェックして即注文できるサポートツールも充実しています。

新しく証券口座を持つなら、安心と満足のあるSBI証券がベストです。

詳しく見る

 

20代投資の最大のメリットは複利

砂時計とコイン

投資信託は、お金や投資に興味を持ついいキッカケになります。投資信託は長期的な投資になるので、投資をしてすぐにお金持ちになりたいというイメージとは、かけ離れているかもしれません。
ですが20代投資の最大のメリットは長期に投資が可能であり、なんといっても複利という効果があることです。

投資信託はプロの投資家がすでにリスク分散をしてくれているので、投資家のように金融に詳しくなく、専門的な知識がなくてもいいのです。

リスクが少ないので、資産がなくなる危険も少なく、長期的に投資信託で積立ることで複利という効果によって、焦らなくても資産は増えていきます。

複利は20世紀最大の数学的発見

「資金がないと投資ができないのでは」は間違ったイメージです。資産がなくてもコツコツと増やすがことができるカラクリが、複利の効果があるからです。

そしてその効果は長期的になればなるほど、有力になり効果が表れます。20代の投資には、複利という考え方を取り入れてください。

「複利は20世紀最大の数学的発見!」とかの有名なアインシュタインもその効果を認めています。

単利と複利

利息には単利と複利とう2種類があります。
単利とは、元本だけに利息がつくもの

例えば100万円を単利で年10%の利息とすれば、毎年1万円のお金が増えていきます。

複利は元本+利息を含めた金額に利息が付きます

つまり100万円の複利で年10%の利息とすれば、1年後は単利と同じ1万円のお金が増えます。ですが2年目からは、111万円に対して10%の利息がつくので、2年目は121万円になります。
始めは小さい金額かもしれませが、10年後には、単利では200万円、複利では259万円になります。

これこそが複利の効果であり、20代の早くから投資をコツコツすることが大事な理由です。

20代の投資には節税策を活用

節税・イメージ

20代投資で資産を増えたと思ったら、税金のことを考えてなかったというケースは本当にたくさんあります。
それに備えて節税策を活用を、投資に取り入れてみましょう。

つみたてNISA

投資イメージ NISA 少額投資非課税制度 

最近では、つみたてNISAが人気あります。少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

最大のメリットは

・投資によって得られた売却益や分配金の運用益が非課税になる

日本では、投資から得られた利益に対して、通常約20%の税金(所得税+住民税+復興特別所得税)がかかります。つみたてNISAをご利用することで、これがゼロになります。

例えば3000円投資して10万円の利益が得た場合は

  • 通常の運用の場合:約8万円
  • つみたてNISAで運用した場合:10万円

通常約20%かかる税金が、つみたてNISAなら非課税なので丸々手元に残ります。

まとめ

人生100年時代に、現在の20代は年金も貰えるか貰えないか分からない未来が待ち受けています。

投資=ギャンブルという概念は、全く間違っています。20代のうちから投資・資産運用についてしっかりとした知識をつけて将来に備えないといけない時代がきます。

0代から投資の大切さを知って、コツコツでもいいので始めていれば将来の大きな不安はなくなり、投資に対する考え方も変わってきます。

投資は確かにリスクがないわけではありませんが、、資産形成に必要な「長期・分散・積立」を理解することで、投資のリスクを減らして確実に資産を増やすことができます。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.