東京で一人暮らしをすると生活費はどれくらい?節約術を身につけよう

支出削減

東京で一人暮らしをすると生活費はどれくらい?節約術を身につけよう

更新日:

東京で一人暮らしをするためには、いくら必要なのでしょうか?東京で暮らすと、地方よりも家賃が高くつくケースが多いです。

今回は、東京で暮らしていく上で最低限必要な費用や、少しでも生活費を抑えるコツを紹介します。

東京の一人暮らしの生活費はいくら?

マンションの外観 都心部賃貸 ワンルームマンション

生活費の平均は16.5~17万円

東京で一人暮らしをする人の生活費はどのくらいかかるのでしょうか?項目ごとに分けて、生活費の内訳をみていきましょう。

・家賃:7.5~8万円
・水道光熱費:1万円
・食費:3万円
・通信費:1万5千円
・日用品代:5000円
・交際費:2万円
・趣味、娯楽費:1万円
合計:16.5~17万円

季節などの影響で、月によって変動はありますが、東京で一人暮らしをしていくには、約17万円必要となります。さらに人によっては、奨学金の返済や保険料の支払いが増えます。また毎月貯金をしたい場合は、上乗せしてお金を確保しなければなりません。

家賃は平均で7万5千円

正社員や派遣社員、フリーターなど職業によって家賃の差はありますが、東京で一人暮らしをしている人の平均額は7万5千円です。また女性の方が防犯面を気にして、オートロック付きの物件を選ぶなど、家賃が高くなる傾向があります。

一般的に家賃は、手取り収入の3分の1以下に抑えると良いと言われています。自分の収入と照らし合わせて、物件を選ぶようにしましょう。

外食が増えると食費が高くなる

自炊をする場合は、3万円ほどで食費を抑えることができますが、外食が増えると食費はさらに上がります。3万円を30日で割ると、1日あたりにかけられる食費は1000円という計算になります。

昼か夜のどちらかに自炊をすれば、1日あたりの食費を1000円以内に抑えることは難しくありません。しかしランチは付き合いで同僚と外食するため、昼食に1000円程度かかる方もいるでしょう。その場合は毎月の食費を、3万円以上と見積もりましょう。

生活費を把握するために家計簿をつける

生活費を把握するためにも、一人暮らしを始めたら、家計簿をつけることをおすすめします。家計簿をつける手間を減らしたい場合は、外食したときや交際費、趣味に使ったお金だけでも記録しておきましょう。「先月は娯楽費が高かったから、今月は控えよう」などと浪費に歯止めをかけることができます。

最近ではレシートを撮影するだけで、品物と金額の記入が完了する家計簿アプリもあります。自分で家計簿をカスタマイズしたい方は、エクセル等で自己流の家計簿を作ると良いでしょう。

東京の一人暮らしの生活費を抑えるコツは?

家計イメージ

生活費を安くするにはいくつかのポイントがあります。コツを抑えて、節約術を身につけましょう。

家賃が安いところに住む

大半の人は生活費の中で、家賃が一番大きな支出でしょう。そのため、最初の家選びがとても重要になります。新築や駅地価の物件は、相場より高くつきます。収入とのバランスを考え、背伸びはせず妥協できる部分を考えましょう。

また物件を決める際に、都市ガスかプロパンガスかもチェックすると良いです。その理由はプロパンガスの物件だと、月々のガス代が2500円程度高くなるためです。年間で計算すると、約3万円多くかかってしまうことになります。

引っ越し代がかかるため、一度住んだ家を気軽に変えることは難しいです。毎月払い続けても余裕を持てる、物件を探しましょう。

格安SIMにする

通信費も格安SIMや固定回線を見直すことで、大きく節約できる可能性があります。まず大手キャリアでスマホを契約している人は、格安SIMに乗り換えることを検討してみてください。毎月5000円ほど節約できることもあります

格安SIMは、大手キャリアの回線を借りて通信サービスを提供しています。そのため通信設備は大手キャリアと同じレベルです。格安SIMは、格安というだけあって、通信料を抑えたプランは1000円台で契約できるケースがあります。

ただ通信料が低いプランを選べば、スマホで動画視聴やSNSを楽しむことができません。そこでおすすめしたいのが、モバイルルーターとの併用です。モバイルルーターは、ほぼ固定回線のように、容量を気にせずにネットに繋ぐことが可能です。

その上モバイルルーターを契約してしまえば、家に固定回線を引く必要はほとんどないでしょう。モバイルルーターは毎月3500円ほどかかります。格安SIMの料金と合わせても、通信費の料金を月々6000円以内に抑えることができるのです。

おすすめ格安SIM

Y!mobile

スマホで通話するのが多いならワイモバイルがおすすめです。
ソフトバンク回線を利用したワイモバイルには、10分以内の国内通話が無制限のサービスがあります。

スマホプランSを申し込めば、ワンキュッパ割で1年間は月々1,980円と格安で利用できます。
さらに、おうち割光セットを同時に申し込めば高速データー通信3Gがついて、なんと月々1,480円ともっとお得になります。

しかも3年連続でスマホ満足度No.1を獲得していて、全国にワイモバイルの取り扱い店舗数は4000店あります。
携帯電話会社より安く&繋がりにくい時間のない格安SIMを探しているなら、断然ワイモバイルが便利です。

《ワイモバイルの魅力》
★1回の通話が10分以内なら0円でかけ放題
★ワンキュッパ割+おうち割光セットで高速データー通信
★取扱店舗数は安心の4000店
★いま使っているiPhoneをそのまま使えてコミコミ価格

AndroidのラインナップもありLG社のAndroid One X5や、京セラかんたんスマホなど選べます。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでお得に買い物できるサービスもあり、ショッピングでポイントを貯めたいあなたにもワイモバイルはベストな選択です。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはNTTドコモまたはauから好きなSIMを選んで、通常の携帯電話会社より70%もスマホの利用料金を安くできます。

《BIGLOBEモバイルの特徴》
★ネット利用のみのデータSIMは3GBで月々900円
★音声通話SIMの月額料金は480円の激安価格
★ドコモ・auのほか、SIMフリーのスマホに差し替えてそのまま使える
★使い切れなかった通信容量は翌月繰り越しOK

「スマホはネット利用だけだから、もっと安くしたいな」と考えているなら、確実にBIGLOBEモバイルはお得です。

今ならBIGLOBEモバイルで音声通話SIMと同時にエンタメフリーオプションを申し込めば、最大3ヶ月間無料になるキャンペーンを実施しています。

エンタメフリーオプションはYouTubeやAbemaTV・Apple MusicやLINE MUSICなど、動画や音楽を通信量の制限なく定額料金で楽しめるものです。

スマホのネット利用のうち、動画や音楽配信がメインなら間違いなくBIGLOBEモバイルをおすすめします。

 

夜は自炊を心がける

食費は毎日の心がけで削ることができる項目です。つい夕飯を外食で済ませたり、コンビニ弁当を買っている方は少しずつ自炊を取り入れてみましょう。そして自炊で使う食材は、スーパーで買うようにしましょう。休日にまとめ買いをしておくと、平日にスーパーへ行かずに済み、楽になります。

どうしても自炊する時間がない方は、夜遅い時間帯にスーパーで買い物をすると良いでしょう。お惣菜などが割引になっていることがあります。同じお惣菜を買うにしても、コンビニではなくスーパーを選ぶことをおすすめします。

またコンビニやカフェでついコーヒーを買ってしまう習慣を減らすだけでも、月1000以上節約できることがあります。無理のない範囲で、自分にできることから取り入れてみましょう。

クレジットカードを活用する

生活費の支払いを、現金からクレジットカード決済に切り替えるだけで、節約になることがあります。クレジットカードを利用すると、ポイントが貯まるだけでなく、支出の内訳を把握することができます。最近では家計簿アプリクレジットカードのweb明細が連動し、商品をクレジットカードで決済するだけで、自動でアプリに記入される機能が備わっています。

クレジットカードをお得に活用するためには、ポイントが3つあります。まず一つ目は、年会費が永年無料かどうかです。クレジットカードには、年会費が必要なものもあります。その費用は、1000円以上かかる場合が多いです。少しでも節約するためには、年会費も抑えたいところです。また初年度は無料でも、2年目から年会費が生じるケースもあるので、注意しましょう。

二つ目は、ポイント還元率です。この還元率が高いほど、ポイントが貯まりやすくなります。還元率は、1%以上のものを選ぶのがおすすめです。最後に三つ目は、ポイントの使い道の多さです。せっかく貯まったポイントを、有効活用できなければ貯めた意味がありません。自分がよく利用するネットショッピングや店舗と照らし合わせながら、クレジットカードを選んでみてください。

この3点を踏まえたおすすめのクレジットカードは、
・楽天カード
・オリコカードザポイント
・JCB CARD W
です。

この3つのカードは年会費永年無料はもちろん、通常のポイント還元率は1%です。その上楽天カードは、楽天市場で買い物をすると、3%のポイント還元率となります。オリコカードザポイントは、Amazonで2%以上のポイント還元率にアップします。またJCB CARD Wは、Amazonで還元率が上がる上に、セブンイレブンやイトーヨーカドーでも2%以上の還元率となります。

毎月発生する水道光熱費や通信費だけでなく、食費や日用品代をクレジットカード払いにしてみましょう。

自分に合った節約術を取り入れてみよう

東京地図

今回は、東京での生活費の平均額や、節約術を紹介しました。東京は他の地域と比べて家賃相場が高いため、最初の物件選びが重要となります。生活費を安くしたい場合は、家賃を抑えた上で、自分に適した節約術を取り入れてみてください。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.