ミニマリストの貯金術!収入が低くても賢くお金を貯めるには?

支出削減

ミニマリストの貯金術!収入が低くても賢くお金を貯めるには?

更新日:

「ミニマリスト」という言葉が定着しつつある現代。

自分の所有物を最低限の量に減らして生活するというのが彼らの基本ですが、元々海外で広まった文化が日本にも押し寄せる形で流行を見せています。

こうした人達は普段どんな生活をしているのか、そしてお金事情はどのような感じなのか気になるところですが、今回はミニマリストの基本的な生活について解説した上で、貯金術を始めとするお金に対する考え方についてお解説していきます。

ミニマリストになれば貯金は増える?

貯蓄

ミニマリストは不要な物を持たないというのが基本です。

物を持たないということはそれだけお金がかかっていないようにも感じるのが自然ですが、実際のところはどうなのでしょうか?

以下、この人達の貯金事情について解説していきます。

ミニマリストは何にお金を使う?

ミニマリストは必要最低限の物しか持ちませんが、当然何も持たないで生活するということはありません。

彼らがお金を使う物としては生活に最低限必要な物ということになりますが、概ね以下のような物になります。

  • 家具家電
  • 家賃&光熱費
  • 衣類
  • 食費

これらは生活に最低限必要な物であり、これらを必要な量だけ購入・消費するというのが基本です。

ミニマリストの部屋の中はとにかくシンプルであり、人によってはテレビもない、ベッドもないというケースもあります。

食料に関しても当然必要な物だけを買うというスタンスは変わらず、冷蔵庫の中は常にすっきりしているという人がほとんどです。

またその他に考えられる特徴として、1週間に必要な食料を先にまとめて買ってしまうという傾向があります。

買い物の回数を減らすことで、本当に必要な食料だけを買うようになり、衝動買いを減らすことができます。

コンビニで食料を買わない、外食をほとんどしないというのも、彼らの特徴の1つです。

衣類に関しても当然必要なものしか持たず、3着~5着程の服をローテーションするというのが基本です。

ミニマリスト=ケチというわけではない

ミニマリストの生活を見ていると、物を持たない、買わないという特徴が顕著に表れてており、節約家の枠を超えた極端な生活をしている人と見られがちです。

実際、ミニマリスト=ケチというイメージを持つ人も多くいますが、必ずしもこれは正しい認識ではありません。

確かに、人によってはとことん出費を避けてお金を使わないようにする人もいます。

出費を減らすことで仮に収入が少なくともしっかり貯金ができるという人が多いというのは事実ですが、一方で「買う物に関しては徹底的にこだわる」という人もいます。

あくまでも彼らの考えは、「必要最低限の物で生活する」というのが基本ですので、その必要最低限の物を高価なもので固めるという人もいます。

また、家具家電費用や食費を抑えることでそれを趣味に回すという人もいますので、彼ら彼女らの人全員が財布の紐が固いというわけではありません。

貯金にどれくらい回す?

上記でも解説のように、ミニマリストでも使うところにはしっかりお金を使う人もいます。

そのため、同じタイプの人も、月々の収入からどれだけの割合で貯金に回すかはそれぞれ異なります。

参考までに、家計の黄金比率と呼ばれるものを参考にして、一般的な貯金の割合について見ていきます。

家計の黄金比率とは、ファイナンシャルプランナーによって算出された月々の各出費の割合ですが、それによると月々の貯金の割合は、収入の15%~20%程とされています。

つまり手取りが20万円ある人の場合は3万円~4万円ということになります。

節約を徹底して行う人の場合、人によっては収入の半分を貯金に回すという人もいますので、一般的な人よりも貯金に回す割合が高い傾向にあります。

ミニマリストの貯金方法

世界のコイン

ミニマリストの人には徹底的に出費を抑えるという人と無駄なところにお金を使わないというタイプに別れますが、基本的な考えとしては無駄を省いて不要なところにお金を使わないというものは共通しています。

では、こうした人達はどのようにして貯金しているのでしょうか。

以下、彼らが実践している貯金方法について見ていきます。

出費の記録を残す

ミニマリストは不要な物は買わないというのが基本的なスタイルです。

しかし、人間はどれだけ意思が強くてもついつい不要な物を買ってしまいがちです。

また、必要と思って買った物が実際には不要だったということもあります。

彼らの場合、不要な物を徹底的に排除するために「何を買ったか」「何にお金を使ったか」を管理している人が多くいます。

家計簿をつけたり、スマホアプリで収支を管理する人が多く、記録を残す中で不要な物を買っていないかを確認したり、「これは不要だったから今後買わない」というように学習していきながら無駄を省いていきます。

ミニマリストになる!と決めてもいきなり100%完璧にするのは難しく、少しずつ無駄な物を省いていく中で生活に何が必要なのかを理解していく、というのが基本です。

節約をしている人は家計簿をつけるという人が多いですが、細かく出費を計算・確認するのは意外と面倒くさく、中々長続きしないという人も少なくありません。

そこで便利なのがクレジットカードです。

クレジットカードを使用することの最初のメリットとして、月々の明細を確認することができるということが挙げられます。

明細を確認する中で、「ここにこんなにお金がかかってたの!?」「これは余計は出費だったな」ということが可視化され、翌月以降の参考になります。

そして、クレジットカードを使用することのもう1つのメリットとして、ポイントが加算されるという点があります。

どんなに小さな買い物でもクレジットカードを使えばポイントが溜まっていくので、気づいたときにはかなりのポイント量になっているものです。

また、カードを持つときは管理のしやすさやポイントの分散を避けるという意味でも、1枚のカードでやりくりするようにしましょう。

おすすめクレジットカード

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

年会費無料のクレジットカードなら、OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)が断トツでお得です。

通常100円の利用で1オリコポイントなのですが、入会後6ヶ月のあいだは2倍のポイントがもらえます。オリコモールを利用すれば入会後7ヶ月をすぎても、それ以上のポイントが貯まるサービスのある高還元率のクレジットカードです。

《オリコカード・ザ・ポイントはココがお得!》
★オリコモール経由で楽天市場やYahoo!ショッピング・Amazon利用可能
★毎月8の付く日はnanacoポイントが5倍貯まるハッピーデー
★貯まったポイントはiTunesやAmazon・LINEギフト、楽天やT-ポイントになる
★電子マネーのiDとQUICPay搭載、チャージ&サイン不要でお買い物

とにかくポイントが貯まりやすいのが魅力のオリコカード・ザ・ポイントですが、ポイント交換もスムーズでリアルタイム交換で、使いたいときすぐポイントをギフトなどにできます。

オリコモールコンシェルジュというブラウザ用の拡張機能があり、モールの経由忘れを防止できます。そして、オリコポイントゲートウェイアプリを使えば、スマホひとつでポイント移行も楽々です。

スピーディーにポイントを貯めて、お得に買い物を楽しみたいあなたにオリコカード・ザ・ポイントが役立ちます。

詳しく見る

楽天カード

パソコンやスマホでカンタンに申し込めて、年会費がずっと無料のクレジットカードに楽天カードがあります。

楽天市場など楽天のサービスを多く利用しているなら、楽天カードを持っていないと損をしてしまいます。

《楽天カードのメリット》
★楽天市場の利用でポイント+2倍!楽天トラベルなら+1倍
★貯まったポイントは楽天グループで1ポイント=1円で使える
★マクドナルドやペッパーランチ・大丸などでもポイントが貯まる&使える

また、楽天カードは海外旅行先でも便利に使えます。
日本から出国する以前に、自宅から空港へ行くときの交通費や旅行代金をを楽天カードで支払っていると海外旅行傷害保険が有効になります。海外通貨でのキャッシング機能もあり、旅行前に空港で両替えするよりも手数料が安くついてお得です。

また、楽天ポイントは2ポイント=1ANAマイルにも交換可能です。

楽天カードはファミリーで利用すると、もっとお得になります。
楽天カードを家族で利用すると、アプリでまとめて確認できます。アプリの家計簿サービスを利用すれば、レシート撮影で自動入力ができてカードの支払いとあわせて収支管理も楽チンです。

目標設定やヘソクリ設定もあり、ポイントを貯めながら賢く買い物して貯金や節約もできちゃいます。

詳しく見る

固定費の出費を抑える

節約をする人の多くは、月々の固定費の出費を最大限に抑える傾向にあります。

多くの人の場合、節約をする場合には無駄な物を買わないというところからスタートしますが、ミニマリストの場合は固定費についても厳しく管理しています。

皆さんは、固定費に月々いくら払っているか認識していますか?

固定費とは

  • 家賃
  • 光熱費
  • インターネット・携帯

になりますが、節約上手な人はまず固定費を最小限に抑える工夫をしています。

例えば携帯料金は大手キャリアのスマホを使っていれば無意識のうちに1万円使ってしまっていますが、多くの人はこれは仕方ない出費として捉えがちです。

一方で携帯代を抑えようとする人の場合、携帯は格安シムを使用し、月々の利用料金を3,000円ほどに抑えているという人が多くいます。

余計な出費を減らしたいという人の場合、携帯料金は真っ先にカットできる部分であるとも言えますが、意外とできていないのが実態です。

また、家賃に関してもなるべく抑えるというのが基本です。

家具や家電をあまり持たないミニマリストにとって、家の広さはそこまで重要ではありません。

住環境は大事であり、なるべく広い部屋に住みたいという気持ちを持つのは当たり前ですが、家具を減らすことでゆったりとして生活を送ることができます。

今のあなたのお部屋の広さ、そこに占める家具の割合を認識した上で、もっと狭くて家賃の安い部屋に引っ越せないか考えてみてください。

できるところから見直せばやりくり上手になれる

以上、ミニマリストの生活から貯金方法について解説してきました。

ミニマリストを目指している人もそうでない人も、彼らの生活習慣から学べる点は多くあります。

真似できそうなところだけ取り入れるだけでも無駄な出費を減らして貯金を増やすこともできるので、今回の内容を参考にして、まずは月々の出費を確認してみてはいかがでしょうか。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.