スキマ時間を使った副業!手軽に始められるクラウドソーシングで稼ぐには

収入増加

スキマ時間を使った副業!手軽に始められるクラウドソーシングで稼ぐには

更新日:

近年、多くの企業が副業を解禁しており、働き方に対する認識というものも大きく変わりつつあります。

しかしいざ副業といっても何をしたらいいのかわからず、結局何もしないという人が多くいます。

そこで今回は、手軽に始めることのできる副業手段としておすすめな、クラウドソーシングについて解説します。

まずは少額でもいいので稼ぎたいという人は、是非参考にしてみてください。

クラウドソーシングを使った副業について

クラウドビジネス

クラウドソーシングとは一体どのようなものなのでしょうか。

クラウドソーシングをうまく活用することで効率的に副収入を得ることもできるようになりますが、まずはクラウドソーシングとな何かについて解説していきます。

クラウドソーシングとは?

まず、クラウドソーシングについて解説します。

クラウドソーシングとは、企業または個人が発注した仕事に対して応募し、その仕事を達成することにより報酬を得るシステムになります。

クラウドソーシング専用のサイトがあり、自分で仕事を選択して応募するというのが一般的な形式になります。

クラウドソーシングの仕事内容は?

クラウドソーシングで発注される仕事の内容は多岐に渡ります。

例としては

  • 記事作成
  • アンケート
  • サイト作成
  • データ入力

等があります。

記事作成に関しては、様々なジャンルの記事の発注依頼があるので、得意なジャンルの物を選んで作成するという形になります。

字数に関しても発注者によって異なり、数百字のものから1万字以上のものまで幅広くあります。

アンケートとは、特定のジャンルに関する質問に対して回答することでお金を得ることができるというものであり、最も短時間かつ気軽にできるタスクです。

サイト作成は企業のホームページ作成を行うというものであり、サイトデザインの他にもSEO(検索エンジン最適化)対策も請け負うこともあります。

データ入力は数字をEXCELに入力したりする作業になります。

クラウドソーシングで稼げる金額は?

クラウドソーシングで稼げる金額に関しては、受注した業務の種類や、発注者によって変わってきます。

例えば記事作成の場合、基本的に文字単価での契約となります。

発注者によって1文字0.1円という少額の人もいれば、1文字2円などの比較的高額になる場合もあります。

文字単価が高いということはそれだけ専門性が求められるという事であり、適当な記事を作成したりコピペした文章を提出すれば修正もしくは契約破棄ということも考えられます。

特にコピペに関しては厳しくチェックする発注者もおり、もし使いまわしの記事や他サイトを完コピした記事を提出した場合には著作権侵害を主張してくる人もいますので、絶対にやめましょう。

アンケートについては簡単にできる分、単価は低くなっています。

はい/いいえの簡単なアンケートに答えるだけなら10円などの低単価となり、長いアンケートや、個人の感想を書くようなアンケートであれば報酬も100円などになる可能性もあります。

サイト作成についても発注者によって異なりますが、より本格的なサイトであれば100,000円を超す場合もあります。

サイト作成のような専門技術を要する仕事の場合、まずは発注者とサイト内容のすり合わせをおこない、その上で報酬を決める可能性もあります。

クラウドソーシングのサイト内で契約を締結することができますが、発注者によっては別途秘密保持契約を締結する場合もあります。

報酬は提示された金額+消費税となりますが、クラウドソーシングサイトを利用する場合はサイト利用料がそこから引かれます。

まずはスキマ時間を使って副業しよう

クラウドソーシングを行うのは、当然ながら本業以外の時間になります。

スキマ時間をいかに活用できるかで、稼げる額も変わってきます。

簡単なアンケート作業であれば電車などの移動時間で行うことができますし、記事作成の場合は業務開始前や帰宅してからなどの時間を見つけて効率的に仕事する必要があります。

副業で使えるクラウドソーシングサイトの種類

クラウドとビジネス

現在では複数のクラウドソーシングサイトがあり、各サイトに登録することで仕事を受注することができます。

以下では、代表的なクラウドソーシングサイトを紹介します。

登録料や月額利用料金は発生しないので、まずは登録だけでもすることをおすすめします。

クラウドワークス

instagram-image

oryzae_celebrations

国内でも規模の大きさがトップクラスのクラウドソーシングサイト、クラウドワークス。

仕事の内容も多岐にわたり、記事作成やアンケート回答、サイト作成などたくさんあるので、あなたの得意分野で力を発揮できる可能性があります。

以前は報酬支払いの際にサイト手数料が発生しませんでしたが、現在では報酬の20%が手数料として引かれます。

実績を重ねることで「プロワーカー」としての称号を得ることができ、仕事に応募しなくとも発注者側からスカウトの形で仕事の依頼を受けることができます。

ランサーズ

instagram-image

fujiringo_osf

ランサーズもクラウドワークスと並んで国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

サービスを開始してから10年の歴史を持ち、信頼感や実績という面で安定感のあるサイトです。

発注内容もジャンルが多く、記事作成の他にもコンサルでゲームデザイン、エンジニアといった専門性の高い内容の業務発注も多く存在します。

大手企業からの発注実績も多く、大手通信会社や銀行などの企業からの発注もあります。

ココナラ

手作りアクセサリー

最近テレビCMで目にすることも多いココナラ。

ココナラは、あなたの得意分野を人や企業のために活かすことのできるサイトであり、上記2つのクラウドソーシングサイトとは若干異なる形態となります。

ココナラの場合、登録者自身が持つ特性やジャンルを売り込むという形式になっていて、価格の設定も登録者自身がおこないます。

例えば「私はサイト作成を○○円でおこないます」というような形で登録しておき、それを見て気になった人から仕事の以来を受けるという形式になります。

「占い」や「ダイエットアドバイス」など、とにかくあなたが活かせる強みをなんでも登録することができます。

クラウドソーシング副業での注意点

源泉徴収票

クラウドソーシングを活用することで月々の収入を増やすことができますが、注意すべき点もいくつかあります。

税金

クラウドソーシングサイトでの副業が軌道に乗り、安定して稼げるようになった場合には税金について注意する必要があります。

副業をしている人の中には正社員として勤務している会社にバレたくないという人もたくさんいます。

しかし、クラウドソーシングで稼いだ収入に対して適切な対処をしないと、住民税の増額という形で会社にバレる可能性があります。

そのため、副業での収入を会社に知られたくない場合には、クラウドソーシング副業分の収入に対する住民税を「特別徴収」から「普通徴収」に切り替えておきましょう。

適当な仕事は信頼をなくす

これは本業・副業に関係なく言えることですが、適当な仕事をしていると信頼をなくし、仕事をもらえなくなってしまいます。

クラウドソーシングサイトに登録し、業務を行う中であなた自身の仕事が評価されます。

納期を守らない、クオリティが低い、連絡が来ても返事をしない等のマイナスポイントが重なれば、それがあなた自身のレビューに反映されます。

レビューが低ければ当然新しい仕事が来ることはなく、うまく収入を増やすことはできません。

クラウドソーシング副業で収入アップにつなげよう

クラウドソーシング副業に関して解説してきました。

クラウドソーシングで稼げる額は、副業に割ける時間やスキルによって異なります。

まずは1万円でもいいから収入を増やしたい!という人は、簡単な内容からスタートしてみてはいかがでしょうか。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.