家族で出来る節約術を知ろう!家族で協力すればお金は溜まる

資産管理

家族で出来る節約術を知ろう!家族で協力すればお金は溜まる

更新日:

家族で節約できる方法はご存知でしょうか。家族で節約するというのはあまり聞かない話ですが、意外と試す方法があったり、効果的な方法が存在します。家族一丸となり出来る節約術や節約をする前に知っておくことなどをご紹介していきます。では詳しく見ていきましょう。

家族で節約をする前に知っておくこと

Money savings concept.

家族で節約生活を行う時に知っておくことが色々あります。家族で節約を行う時は、無理のない範囲で節約を行い家族に協力してもらうことが節約生活を乗り越える近道となります。節約を行う前に知っておかなければいけないことを知らないまま行うと家族内で喧嘩などトラブルになることもあります。

 

節約生活というのは誰しもがしたいと思うことではありません。そして、ギリギリの生活となると不満が溜まってしまい節約もうまくいかなくなってしまいますので、ここでご紹介することはしっかりと覚えておきましょう。

家族で節約生活をする前に知っておくこと①無理をしない

家族で節約生活をする前に知っておく1つ目は「無理をしない」ことです。家族も協力的だからという理由や早くお金を貯めたいからといって、家族に負担をかける節約生活を送ってはいませんか。節約は早くお金を貯める方が楽な生活を手に入れるまでの時間が短縮されますが、本当にその生活を送って節約生活を幸せに過ごせるのでしょうか。

 

節約は無理をしてでも早く溜める方がいいと思う方も少なくはないと思いますが、効率のいい節約を行う時は、無理のない節約を行い家族みんなが幸せと感じる暮らしを送れる無理のない節約が1番早くお金の溜まる方法でもあります。無理をしてお金を溜めようとするとお金は溜まりますが、体調を崩したり節約生活の反動で爆買いをしてしまうことも珍しくはありません。

早くお金をためても爆買いなど無駄なものを買ってしまっては節約した意味がなくなってしまいますので、最低限必要なものは購入したり、多少の自由を持つことが節約生活には必要です。

 

家族で節約生活をする前に知っておくこと②家族の了解を得る

家族で節約生活をする前に知っておくこと2つ目は「家族の了解を得る」ことです。家族で節約生活を送る時に意外とトラブルになってしまうのが、家族に相談や了承を得らない状態で節約を行ってしまい不満を買ってしまうことで夫婦喧嘩や家族喧嘩となることもあります。

節約は誰しもがやりたいことではなく、家族で節約生活を送るなら家族の全員に許可を取らなくては節約は成功しません。家族で節約を行う場合は家族全員の了解と不満にならない程度の節約をしましょう。

家族の内の一人が節約に耐えれたとしてもいくら家族といっても家族全員が耐えられるかはまた別です。家族みんなで無理なく節約生活を送りたいという方は、家族会議を行い節約生活をどの程度のレベルで行うかや節約を行う項目など明確にしておくと家族の了解が得ることが出来ます。

家族で節約生活をする前に知っておくこと③強制をしない

家族で節約生活をする前に知っておくこと3つ目は「強制しない」ことです。家族で節約をするなら強制してはいけません。強制して節約生活を行っても協力的ではないことでお金が溜まらなかったり、家族から反発されるなど問題が起こってしまいます。強制して行うことで得れるものは何もないので、節約したいという時は家族の協力を得てから行うようにしましょう。

ただし、節約生活というのは誰しもが行いたくないことですので、反発されることも少なくはありません。節約生活を送らなければ家計が苦しいという場合は強制しても仕方ないかと思います。節約生活を過剰に行うのは反感を買いますので無理のない様に行いましょう。

家族で節約生活をする前に知っておくこと④目標を作る

家族で節約生活をする前に知っておくこと4つ目は「目標を作る」ことです。節約を成功させるには目標作りが必要となります。目標を作らずにただお金をためているだけではお金も貯まらず、節約してできたお金も使ってしまうこともあります。

 

目標作りは買い物がしたい、旅行に行きたい、マイホームやマイカーの為などどんな物でもいいのです。お金を作アと言うよりも何かのために溜めるという目標を持つことでお金が貯まりやすくなります。また、節約しようという意識付けにもなりますので、必ず目標を持ちましょう。

 

そして、重要なのが家族で同じ目標も持つことです。家族で節約生活を送るなら家族のためになるものの目標にしましょう。また、目標の大きさは大小あると思います。小さい目標でもいいのですが、すぐにお金が溜まってしまったり目標が小さいと節約への気持ちが薄れることもあります。目標と言うのは大きければ大きいほど節約生活も苦にならず頑張っていく力となります。ですので、目標は大きな物を掲げましょう。

家族で節約生活をする前に知っておくこと⑤無駄を知る

家族で節約生活をする前に知っておくこと5つ目は「無駄を知る」ことです。節約生活を行う時に多くの方が考えるのは、電気代などの光熱費や食費といったものを思い浮かべるかと思います。光熱費や食費は家庭で大きな費用が掛かるのですが、実は光熱費や食費を削減してもあまり効果が見えないということもあります。

光熱費や食費で毎月かなりの出費が出ている場合は節約しても効果はありますが、あまり使っていないという人にとっては節約する必要のない箇所だったりします。家庭によって大きく出費が出てい部分は違います。あなたの家庭で何が無駄な出費になっているのかを突き止め節約することで節約が上手く行きます。

 

節約するときは良く考えられる光熱費や食費などの部分を切り詰める前に、何が無駄になっているのかやどこが不要なのかをしっかりと検討することが重要となります。

 

家族で楽しく出来る節約術5選

家計簿

節約方法は人それぞれあり、節約術を試したからといって必ず成功するとは限りません。節約を行う時は試してみないとどんな結果になるのかというのはだれにも分かりません。ここで紹介する節約術は無理のない範囲で出来る方法です。

 

無理をしては節約は上手く出来ないので、無理なくそして、効率のいい節約を行える方法をご紹介します。ただし、人によって大きな効果が得れる場合と意外とあまり効果のない場合がありますので、まずは試してみてください。そして、節約をしたいという方がまずどこを削ればいいのかという方は全て試さずにできる範囲から行うことをおすすめします。

家族で出来る生活術①契約関係の見直し

家族で出来る生活術1つ目は「契約関係の見直し」です。多くの家庭で意外と大きな出費となっているのが契約関係です。契約関係というのは保険や携帯料金といった固定費用です。光熱費や食費を見直し節約するのも効果がありますが、契約関係を見直してると意外と節約になるかもしれません。

ただし、注意して欲しいのが安い契約は品質も下がってしまいます。特に保険関係は緊急時に必要となるものですので、安いからといって切り替えたりするのは避けましょう。保険料の見直しや携帯料金の見直しは節約に効果がありますので、これから節約したいと考えている方は是非参考にして欲しい所です。

家族で出来る生活術②1月の食費を決める

家族で出来る生活術2つ目は「1ヶ月分の食費を決める」ことです。食費の平均は4人家族で4万円とされて一月に一人1万円と考えられていますが、あなたの食費は一月にいくら使っていますか。食費を抑えるのに色々方法があり、特によく行われているのが安いものを購入するという方法です。ですが、安いものを購入しているだけではあまり節約にはなりません。

本当に効果のある節約をしたいという方は一月に使う分の食費を決めてそれ以上使わないという方法です。月初めに一月で必要最低限の金額を財布に入れ、1週間に1度1週間分の買い物をします。1週間分を一度に購入することで無駄なものを購入しなくて済みます。そして、一月で使用する金額が足りなくても追加するのは避けましょう。追加してしまうと意味がなくなってしまいます。

節約するときは金額を決めてその中からやり繰りをすることが1番お金が貯まりやすい方法です。この方法を続けることでやり繰り上手にもなりますのでとてもおすすめです。

家族で出来る生活術③マイボトルを持つ

家族で出来る生活術3つ目は「マイボトルを持つ」ことです。外出先で喉が渇いた時に飲み物を購入している方も多いと思いますが、その買い物はかなり家計を圧迫している原因でもあります。外で飲み物を購入したとしても100円程度のものが家計を圧迫するはずがないと考えている方もいると思いますが、100円が積み重ねていくと何千円何万円と高額な金額となります。

安いからいいと思っていてもトータル的に見て見るとお金もかなりかかるので、そういった小さな無駄を省くためにはマイボトルがあります。マイボトルなら経済的に負担をかけることがないので、節約する人にとっては気楽に使用できるアイテムです。

ただし、ペットボトルを再利用してマイボトルにするのは避けましょう。ペットボトルを再利用することで安価でマイボトルが作れますが、1月に何度も買い替えることを考えると結局は家計に負担がかかってきます。マイボトルにするなら水筒を持ちましょう。水筒は初期投資は高額ですが、何年も使う事が出来るので負担も掛からず経済的です。

家族で出来る生活術④お酒とたばこはNG

家族で出来る生活術4つ目は「お酒とタバコはNG」です。お酒とたばこは一つが安くてもトータルにすればとても高額なアイテムとなり、お酒やたばこというのは節約の敵となります。お酒やたばこを楽しみにしている方にとっては辞められないものかもしれませんが、お酒やたばこをやめることで個人差はありますが1年で3万円から5万円以上は節約できると言われています。

 

節約したい家庭にとってはお酒やたばこは不必要なアイテムなのでおすすめは出来ません。ですが、絶対にやめられないという方もいると思います。そういった方は量を減らしてみましょう。お酒やたばこの量が減るだけで少しは効果があります。

家族で出来る生活術⑤エアコンを避ける

家族で出来る生活術5つ目は「エアコンを避ける」ことです。夏の暑い時期や冬の寒い時期になるとエアコンはとても助かる必須アイテムですが、知っての通りエアコンはとても電気代のかかるアイテムです。特に夏場になるとエアコンの設定温度が自然と高くなってしまい電気代が高額請求されることもよくあります。

 

夏場や冬場と言うのは無意識の内にエアコンを使用していますが、エアコンよりも経済的で効率のいいアイテムがあります。夏場はエアコンを使うのではなく扇風機を使用しましょう。部屋全体を涼しくさせようとすると扇風機の効果は劣りますが、人に風を当てるようにしようするとかなり涼しくなります。また、冬場がエアコンもいいですが、一定の気温になるとエアコンの効果が薄れてしまいます。エアコンは一定以上温めることが出来ないので、ファンヒーターを使用すると部屋中が暖かくなります。

 

エアコンはとてもいいアイテムですが、使い分けることでより良いアイテムと変わります。夏場や冬場はエアコンだけでなく他の危機も駆使して節約をしましょう。

家族で出来る効率のいい節約術を知ろう

家計簿を眺める女性

家族でで行える効率のいい節約術や節約をする前に知っておくと良いことなどは参考になったでしょうか。家族で節約を行う時は家族の同意と協力があってこそ成功します。また、家族で同じ目標を持つことで早くそして、順調に節約が出来ます。

 

節約術は様々ですが、無理なくそして、効率よく無駄をなくすことが節約生活を乗り切る方法です。無理をして過酷なギリギリの生活を送るのではなく、節約生活を送っていても楽しいと思える無理のない範囲で行いましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.