26歳の人がすべき貯金額とは?生活を見直して賢く貯金しよう!

資産管理

26歳の人がすべき貯金額とは?生活を見直して賢く貯金しよう!

更新日:

社会人として働く人であれば、自分自身で稼いだお金をどのように使うかというのは、生きていく上で大きなテーマになります。

あなたは稼いだお金のどれくらいを貯金にまわしていますか?

今回は、26歳の方が参考にすべき貯金額と、賢い貯金方法について解説していきます。

26歳の人の貯金額は?

26歳というと、働いている人であれば大卒4年目~5年目、高卒であれば8年目ということになります。

26歳ともなればライフステージも大きく変化を迎えることも多く、結婚をされる方もいますし、職場での責任感がましてくるという人もいます。

では、26歳の人の貯金額はどれくらいが適切なのでしょうか?

26歳の平均貯金額

政府統計や民間のデータによれば、26歳の人の平均的な貯金額はおよそ155万円とされています。

今のあなたの貯金額はこれと比較してどうでしょうか?

25歳くらいからライフステージが変化する人が多く、例えば結婚する、マイカーを購入するなど、今までに経験したことのないような出費をする人が多いことから、25歳の人よりも26歳の人の方が貯金額が少なくなる傾向にあると言われています。

しかも、人生において大きな変化が生じた時、立て続けに変化が生じることもあります。

例えば、同棲・結婚に伴い広い家を借りる必要ができた、車が必要になった、保険に加入することになった等、付随的に出費が増える傾向にあるのもこの年代と言えます。

そこで、人生設計をしている人はたくさんいますが、意外と細かいところまで計画している人は少ないのが現状です。

将来に備えてしっかりと貯金をしておくということが大事です。

貯金は何のためにするのかを考える

貯金をする目的は何なのでしょうか?

ただ漠然とお金を貯めるというのではあまりモチベーションも上がらず、だったら貯金なんかしないで使ってしまったほうが良いとも思えてしまいます。

そこで、貯金をすることに対しての目的をしっかり考えることが大事です。

幼少期から貯金をしている人もいますが、社会人として自立している人の場合、単にお金を貯めるのではなく「マネープラン」というものを考える必要があります。

つまり、中長期的な将来のことを考えた上で、それに必要な資金を準備しておくということです。

もちろん、将来何が起きるかは予測できません。

しかし、例えば結婚を考えている人の場合であれば結婚資金の他にもマイホーム、マイカー、そして子どもの養育費等を準備しておく必要があります。

どれくらいの費用がかかるかわからないという人は、会社の先輩や上司、もしくはご自身のご両親に相談するというのもいいでしょう。

あなたが大学卒だとして、それまでにかかった養育費を聞いてみることで、必要になってくる資金が明確になってきます。

また、老後のことについても早い段階から考えて置くことは重要です。

最近では老後資金2,000万円問題などが取りざたされていますが、日本人の寿命は今後一層伸びることは確実であり、老後の余生を過ごす時間は必然的に長くなります。

まだ若い段階では老後のことなんて想像がつかないですが、いずれ訪れる老後の生活についても今のうちから考えておくべきです。

必要なお金がリアルにわかって来れば、貯金をする目的が明確になってきます。

漠然とではなく、明確な貯金の目的を考えておきましょう。

どうやって貯金するか

毎月の収入の中でいくら貯金をするかというのを明確に決めている人というのは多くありません。

そこで、まずどれくらいの金額を貯金すべきかについて理解しておきましょう。

一般的に、手取り金額の20%を貯金に回すのが理想とされています。

つまり、手取り額が20万円の人であれば、最低でも4万円は貯金に回したほうがいいということになります。

毎月の出費が安定せず、しっかり貯金できる人とそうでない人の場合は、貯金専用の講座を作ることをおすすめします。

すべての口座を一本化すると、どうしてもどれだけ貯金できたかどうかを把握するのが難しくなります。

貯金専用の講座を1つ作っておき、よほどのことがない限りは引き出さないというようにしましょう。

26歳の人が無理なく貯金をするには

貯金をすることは生きていく上で欠かせないものであり、今のうちからしっかりと行っておいて損はありません。

とはいえ中々貯金をするのは大変…という方は、まずは以下で解説する内容を参考にしてみてください。

無駄な出費を減らす

貯金というのはお金を貯めるという行為ですが、直接的に給料を口座に残しておくということだけが貯金ではなく、無駄な出費をへらすということも、現金を手元に残すということになり、間接的に貯金をすることになります。

そこで、まずはあなたの月々の出費を確認した上で、無駄があると感じる部分はカットしていきましょう。

特に見直すべき点は「固定費」です。

固定費とは、毎月必ず仕払う必要のある費用のことであり、具体的には光熱費、通信費、保険、家賃などがあります。

まず、家賃について考えます。

現在実家にお住まいの方であれば家賃について考える必要はありませんが、賃貸アパートやマンションを利用している人の場合は、決まった日に決まった家賃を支払います。

家賃は手取り収入の3割というのが上限とされているので、これよりも高い場合は家賃を見直すというのも一案です。

また、現在勤務している会社に社宅がある場合や、家賃補助がある場合は積極的に活用しましょう。

次に、通信費について考えます。

通信費は携帯電話・インターネットにかかる費用です。

月々携帯にいくらかかっているかを把握している人は意外と少なく、1万円以上支払っている人も多くいます。

食費を節約している人が、携帯料金に1万円を平気で払っているというのは少し奇妙な気がしますが、それだけ携帯料金を気にしている人は少ないということです。

しかし、本当に月々に1万円も必要なのかどうかと言えば、そんなことはありません。

余計なオプションをつけていたり、高い料金プランを組んでいるという人は、まずはそれが本当に自分に適しているのかを確認しましょう。

現在では格安SIM携帯や、大手キャリア以外のスマホも人気が高まりつつあります。

競争が高まる中で大手キャリアの料金も下がる傾向にあるので、スタッフに確認して最適な料金プランを採用しましょう。

クレジットカードを有効活用する

あなたは支払いを何で行っていますか?

現金とクレジットカードを使い分けている人がほとんどですが、より無駄遣いをへらすためには、細かい部分での出費をしっかり把握することが大事。

そこで、どんなに細かい出費であってもクレジットカードを使用するようにしましょう。

クレジットカードを使うことで、明細を見たときに何にいくら使ったかを確認することができます。

出費の見える化をするのは、以前では家計簿をつけるというのが一般的でしたが、今ではクレジットカードの明細があれば簡単に確認できます。

出費を逐一確認することで無駄をあぶり出すことができ、徐々に効率的な生活ができるようになります。

数字として自分の目で確認することで、自然と無駄がなくなってくるので、是非この方法を実践してみてください。

おすすめクレジットカード

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

年会費無料のクレジットカードなら、OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)が断トツでお得です。

通常100円の利用で1オリコポイントなのですが、入会後6ヶ月のあいだは2倍のポイントがもらえます。オリコモールを利用すれば入会後7ヶ月をすぎても、それ以上のポイントが貯まるサービスのある高還元率のクレジットカードです。

《オリコカード・ザ・ポイントはココがお得!》
★オリコモール経由で楽天市場やYahoo!ショッピング・Amazon利用可能
★毎月8の付く日はnanacoポイントが5倍貯まるハッピーデー
★貯まったポイントはiTunesやAmazon・LINEギフト、楽天やT-ポイントになる
★電子マネーのiDとQUICPay搭載、チャージ&サイン不要でお買い物

とにかくポイントが貯まりやすいのが魅力のオリコカード・ザ・ポイントですが、ポイント交換もスムーズでリアルタイム交換で、使いたいときすぐポイントをギフトなどにできます。

オリコモールコンシェルジュというブラウザ用の拡張機能があり、モールの経由忘れを防止できます。そして、オリコポイントゲートウェイアプリを使えば、スマホひとつでポイント移行も楽々です。

スピーディーにポイントを貯めて、お得に買い物を楽しみたいあなたにオリコカード・ザ・ポイントが役立ちます。

詳しく見る

楽天カード

パソコンやスマホでカンタンに申し込めて、年会費がずっと無料のクレジットカードに楽天カードがあります。

楽天市場など楽天のサービスを多く利用しているなら、楽天カードを持っていないと損をしてしまいます。

《楽天カードのメリット》
★楽天市場の利用でポイント+2倍!楽天トラベルなら+1倍
★貯まったポイントは楽天グループで1ポイント=1円で使える
★マクドナルドやペッパーランチ・大丸などでもポイントが貯まる&使える

また、楽天カードは海外旅行先でも便利に使えます。
日本から出国する以前に、自宅から空港へ行くときの交通費や旅行代金をを楽天カードで支払っていると海外旅行傷害保険が有効になります。海外通貨でのキャッシング機能もあり、旅行前に空港で両替えするよりも手数料が安くついてお得です。

また、楽天ポイントは2ポイント=1ANAマイルにも交換可能です。

楽天カードはファミリーで利用すると、もっとお得になります。
楽天カードを家族で利用すると、アプリでまとめて確認できます。アプリの家計簿サービスを利用すれば、レシート撮影で自動入力ができてカードの支払いとあわせて収支管理も楽チンです。

目標設定やヘソクリ設定もあり、ポイントを貯めながら賢く買い物して貯金や節約もできちゃいます。

詳しく見る

まとめ

26歳の貯金について解説してきました。

まだまだ若い26歳ですが、かといって若さにかまけて将来の準備をしないというのは間違いです。

将来設計をしっかりと行い、無駄な出費をなくす。

こうした意識をすることで確実に貯金を増やすことができます。

実践できるところから行っていきましょう!

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.