二人暮らしの食費はどれくらいが一般的?節約するコツは?

支出削減

二人暮らしの食費はどれくらいが一般的?節約するコツは?

更新日:

独り暮らしの時は食費を節約するためにもやしをたくさん食べるなどの工夫ができましたが、二人暮らしとなるとそうはいきません。安さよりもお互いの健康に気を配った食事を心がけたくなります。

しかしどうしても食費が高くなってしまうことに対しては悩むものです。そこで、実際に二人暮らしの場合はどのくらいの費用をかけるのが一般的なのか見ていきましょう。平均を知ることで自分の家の食費について理解することができます。

二人暮らしの食費の相場はいくら?

二人暮らしの食費は外食費も含めて3~4万円が一般的です。外食をあまりしない家庭や実家からお米などの食料が頻繁に送られてくる家庭では2万円代で済むこともあります。

できれば食事にかかる費用を減らして、今のうちから貯金を増やしておきたいと考えている人は多いでしょう。無理に食費を減らそうとするとストレスになりますが、できることから始めれば浮いたお金を貯金に回すことができます。

食費を節約するコツをご紹介していきます。

二人暮らしの食費を節約するためには外食を減らすべし

外食が多い家庭ほど食費は高い傾向にあります。自炊と比較するとどうしても1回の食事代が高くなるからです。疲れている時やお祝いのために外で食べたい場合は別ですが、なるべく自炊を心がけましょう。

例えば冷ややっこを外で食べると安くても300円はかかります。もしも自宅で作ればかかる費用は高くても100円なので、差額は200円となります。

差額を意識するようにすると外食したい衝動を抑えられるはずです。外で食べること、自宅で食べることにはそれぞれメリットがあるので時と場合により使い分けましょう。

居酒屋に行く前に安い定食屋さんである程度の腹ごしらえをしておくと頼み過ぎを防げます。

スーパーに行く頻度を減らして二人暮らしの食費を節約!

自炊をする場合はスーパーで食材を調達することがほとんどですが、週に何回もスーパーへ通っていませんか?一週間に行く回数が多いほど余計なものを買っている可能性があります。

毎日頑張っているご褒美だと言って、行くたびに100円のお菓子を買うとします。週に1回しか行かない人は100円で済みますが週に3回行く人は300円分もお菓子を買っていることになります。

一か月に換算すると、400円と1200円で800円の差がつきます。食費で800円の差は大きいので無駄遣いには十分注意しましょう。

また、特売につられてスーパーへ行くのも要注意です。特売は一つの商品を安くして集客を行い、他の商品もついでに買ってもらうことが目的です。

特売のたびに買う予定のなかったものまで買ってしまうのでは、安く買えた分の意味がなくなってしまいます。スーパーへ行くのはなるべく週に1回にして無駄遣いを防ぐ必要があります。

二人暮らしの食費を安くしたいならスーパーには一人で行くべし!

スーパーへ行く頻度を減らすと1回あたりの荷物が多くなってしまうので夫婦で一緒に買い物に行こうと考える人は多いです。

しかし一緒に行くと無駄なものを買ってしまうことがあります。特に男の人は節約に対する意識が薄いため、自分が食べたいものを買い物かごに勝手にいれてしまう可能性があるのです。

お菓子やお酒などをポイポイ入れられてはたまりません。スーパーには一人で行くようにして、どうしても荷物が重たい場合は迎えに来てもらうと良いでしょう。

お肉は冷凍保存をして二人暮らしの食費を抑える!

特売日にスーパーへ行くと余計なものを買う可能性があるとご紹介しましたがお肉が安い場合は別です。お肉は冷凍保存をしておくことができるので安い時にたくさん購入しておくと便利です。

一度に使う分を小分けにして冷凍保存しておけばすぐに調理できますし、冷凍庫に保存してある分で献立を考えられるのでメニューに困りません。

お肉以外にも干物やうどんを冷凍することができます。野菜も可能ではありますが、栄養価が下がってしまうためおすすめはできません。

冷凍庫の中に何が入っているか冷蔵庫に貼りだしておくと同じものを購入するミスを防げるので、中身がわかるようにしておきましょう。

特売日に他のものを買ってしまうのが怖いのであれば、買うものをメモして出かけると良いです。買うものを決めておき、それ以外の商品には目を向けないようにすれば誘惑に負けずに済みます。

二人暮らしで忙しければネットスーパーを活用して食費節約!

共働きで忙しく、ついつい外食が増えてしまうのであればネットスーパーの利用がおすすめです。ネットスーパーとはインターネットの通販で食材を購入すると指定の時間に自宅まで届けてくれるというものです。

決まった金額以上購入すれば配達料は無料になるためとてもお得です。買い物に行く時間が取れなくても自炊ができて外食代を抑えられます。

インターネットを介して注文するので余計なものを買ってしまう心配もいりません。使い勝手がどうか試してみる価値は十分にあります。

食料は使い切りを心がけて二人暮らしの食費を安く!

食材が安いからと言って使いきれないほどの量を買ったり、いっぱい食べてほしいからと言って食べきれないほどの料理を作ったりしていませんか?

食材を捨ててしまうのは非常にもったいないです。買いすぎや消費期限が切れたことに気づかずに廃棄してしまうのは絶対にやめましょう。お金を捨てているのと同じことです。

家の中に何がどれくらいあるのか把握しておくことが大切になります。冷蔵庫にメモを貼り定期的に把握しておきましょう。

料理を作り過ぎてしまう場合は少しずつ量を減らしていく必要があります。一気に少なくするとギャップが大きくて足りないと感じやすいためです。少しずつ減らせば一か月後には標準的な量になっているでしょう。

スーパーは一つに絞って二人暮らしの食費を抑えましょう

利用するスーパーは一つに絞った方が節約になります。お米はこのスーパー、野菜はあのスーパーというように使い分けをする人がいますがあまり効率的ではありません。

一日に何件も巡るのは結果的にスーパーへ行く頻度を増やしていると言えます。また、移動時間などで時間を消費するのももったいないです。

商品の値段が違うと言っても500円も違うことはないはずです。数十円の違いのために余計な時間を割くのは時間の無駄遣いです。

スーパーへ行く頻度が増えれば当然必要ないものまで買う可能性が出てきます。出かける頻度は週に1回でも同じ日に3つの店舗へ買い物に行けば週3回出かけているのと同じなのです。数十円の差には目をつむり一つのお店に絞って買い物をしましょう。

二人暮らしの食費は無理をし過ぎず節約して

食費が安くなるのは嬉しいことですが無理のし過ぎは禁物です。節制しようとしてストレスが溜まると外食がしたくなり、一度に大きな金額を使ってしまいかねません。

とくに居酒屋は一品あたりの量が少ないのでお腹がすいている時に行くと頼み過ぎてしまいます。ストレス発散のためにお酒を飲む量も増えてしまいいいことがないでしょう。

スーパーに行く頻度を減らすなど、自分にできそうなものから始めていくと失敗がありません。二人暮らしの食費の平均は3~4万円ですが無理に合わせようとしなくても良いのです。

できることから行動していけばいつの間にか平均値まで食費を抑えられるようになっています。うまく息抜きをしながら節約方法を試していきましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.