家計簿の項目はどう分ける?続けるための項目の分け方をご紹介!

資産管理

家計簿の項目はどう分ける?続けるための項目の分け方をご紹介!

更新日:

家計簿を始めてつける場合、何をどの項目に入れれば良いのか悩む人は多いでしょう。自分に合った項目を作ることで家計簿をつけるのが苦ではなくなるため、項目決めが一番重要になります。

家計簿の項目は固定費と変動費に分ける

家計簿の項目は固定費と変動費に分けると管理しやすくなります。固定費とは毎月の支払額が決まっている項目、変動費は月によって支払額が変わる項目です。固定費と変動費にはそれぞれ以下のようなものがあります。

固定費
・住居費
・光熱費
・通信費
・保険費

変動費
・食費
・交際費
・被服費
・交通費
・日用品費

家計簿できちんと全体の生活費を管理して節約を目指すのであれば変動費よりも固定費の削減をした方が効率的です。毎月一定の額を支払っているからこそ、一度安くできればずっと安い状態を維持できるからです。

まずは家計簿の項目を固定費と変動費の2つに分けてから項目の内訳を決めていきましょう。家計簿をつける際の注意点についてご紹介していきます。

家計簿の項目は多くし過ぎない

家計簿の項目を増やし過ぎると書き込む気が失せてしまいます。特に項目ごとに予算を決めている場合は余計厄介なことになります。

初めは必要最低限の項目を作り、しばらく利用してみて足りないと感じたら増やすようにしましょう。最初に作るべき大まかな項目をご紹介します。

・固定費
・生活費
・娯楽費

生活費と娯楽費はともに変動費ですが2つに分けています。生活費は食費や日用品費など生活していくために必ず必要なものを指し、娯楽費は交際費や遊興費など生活していくために必ずしも必要ではないものです。

次にそれぞれの大まかな項目をもう少し細かくしていきます。

固定費
・住居費
・光熱費
・通信費
・保険費
・教育費

生活費
・食費
・交通費
・お小遣い費

娯楽費
・被服費
・交際費

大まかな項目を細かくした後はもう少しわかりやすい項目分けをしていきます。例えば光熱費は電気代・水道代・ガス代に分けることが可能です。

通信費についてはスマホ代とインターネット代に分けられます。保険費も生命保険や自動車保険など加入しているもの別に分けましょう。

迷いやすい費用は家計簿の項目を決めておく

夕飯の食材を購入すれば記入するべき項目は食費だとすぐにわかります。しかし暑くて自分用にアイスを買ったら何費に含まれるかすぐに判断がつくでしょうか。

食費なのか娯楽費なのか、それともお小遣い費なのか迷うはずです。アイスのように悩んでしまうものについてはあらかじめ項目を決めておくことが大切です。

家族で出かけたときの外食や小腹が空いて購入した食べ物など、迷いやすいものはたくさんあります。家計簿をつけるのが嫌になってしまわないためにも明確にしておきましょう。

家計簿を項目ごとにつける習慣がついた後にすることは?

記入するべき項目が決定したら家計簿をつけることに慣れましょう。どの項目にいくら使っているかが明確になり、データとして分析しやすくなります。

ただし最初から几帳面につけようとするのはやめましょう。記入する項目を間違えてしまうとつけることが嫌になる可能性があるためです。

しばらく続けていき、慣れてきてからデータを分析します。特に着目すべきなのは固定費で住居費や光熱費、通信費、保険費が生活費合計のどれくらいの割合を占めているか把握しましょう。

一般的に住居費は手取り収入の30%以内に抑えた方が良いと言われています。例えば手取り収入が20万円なのに家賃が10万円のアパートに住んでいるのならば、引っ越しを検討した方が良いということになります。

引っ越しにはお金がかかりますが長い目で見れば節約になることも多くあるので、諦めてしまわずによく検討しましょう。

光熱費も何にいくらかかっているか把握していないと冷房で部屋をガンガンに冷やしてしまったり水を出しっぱなしにしても気にしなかったりしてしまいます。

月ごとの光熱費をしっかり把握して電気や水道を無駄遣いするのは避けなければいけません。自分の行動を見直す良いチャンスなのできちんと取り組みましょう。

家計簿の項目である保険費が生活費の割合を占めていることも

家計簿をつける前まではどの保険にいくらかけていたか把握していなかった人が多いのではないでしょうか。保険は一度契約してしまうと見直しをしないまま毎年更新する可能性があります。

現在はネット保険など同じ補償内容でも安く済むものがたくさんあるので、一度見直しをしましょう。また不要な保険に入ったままであることもよくあります。

せっかく家計簿を項目別に記入しているのですから加入している保険が本当に必要なものなのか検討することが重要です。

固定費を見直し後は家計簿の項目、生活費を見直す

固定費の見直しを終えたら生活費にも目を向けましょう。食費やお小遣い費は極端に減らそうとするとストレスが溜まるので無理は禁物です。

固定費をしっかり見直して節約をした後に、もう少し節約をして貯金に回したいなと感じたら生活費の節約を始めましょう。

生活費の大部分を占める食費がかさむのはたいてい外食が多いからです。忙しい日が続いて自炊をする気力がないとつい外食に頼りたくなる気持ちはよくわかります。

しかし食費が全体の生活費を圧迫しているのであれば見直す必要があります。一般的に二人暮らしの食費は3~4万円です。平均値に収まっていれば無理に外食を減らす必要はありません。

もしも二人暮らしで5万円を超えているならば外食は減らした方が良いです。外に飲みに行くのが好きなら居酒屋へ入る前に丼ぶり屋などである程度お腹を満たしてからにすると余計な出費を抑えられます。自分なりに工夫をして少しずつ食費を減らしていくことを目標にしてください。

お小遣い費について見直しをするのはなかなか気が進まないでしょう。せっかく自由に使えるお金ですからなるべくなら減らしたくないものです。

お小遣い費を減らしたいならば、昼食をお弁当にすることをおすすめします。朝晩は家で食べるよう心掛けていてもお昼だけは外食という人は多いです。

しかし毎日800円の昼食代がかかると800×20日で16000円もかけていることになります。週の半分だけでも自宅からお弁当を持っていけば一か月で8000円浮く計算になるため、少しずつお弁当の割合を増やしていきましょう。

また、毎日何気なく買っている缶コーヒーもお小遣い費に影響を及ぼしています。一日120円でも一か月で考えれば120×20日で2400円です。自宅から水筒にコーヒーを入れて持っていけばコーヒー代を安く済ませられます。

水筒に入れれば缶コーヒーよりも多くコーヒーを楽しめるメリットもあります。工夫をしてできそうなことから挑戦していきましょう。

家計簿の項目は細かくし過ぎないのがコツ!

家計簿の項目を決める時は細かくし過ぎないのが続けるコツです。まずは固定費・生活費・娯楽費の3つに分けてから細分化していきましょう。

細分化した後は記入し慣れるまでとにかく家計簿に書くことを忘れないようにしてください。三日坊主で終わってしまった場合は、項目の決め方が細か過ぎた可能性があります。

続けられるようになったらどの項目が全体の生活費の割合を占めているか把握しましょう。固定費を中心に削減していけば無理なく節約可能です。

節約は無理をすると続きません。自分なりに工夫をして、節約を楽しみながら生活費を削減しましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.