投資を始めるなら一番リスクの少ない債権投資から資産運用しましょう

収入増加

投資を始めるなら一番リスクの少ない債権投資から資産運用しましょう

更新日:

債券投資に興味を持つ人達が増えている背景には、老後資金や教育資金など人生の中でも大きなお金を用意しておく必要性をヒシヒシと感じるからではないでしょうか。

公的年金だけでは老後資金は足らず、2000万円も貯蓄が必要なんてことが、世間ではよく話題になっています。

これだけの大きなお金をもしも準備する必要があるなら、できるだけ早く準備をしておきたいと考えることでしょう。

銀行に貯金しても超低金利、公的年金も期待できないなら、個人で投資を始めて賢く、資産運用していくしかありません。

そこで一番安全といわれている債券投資について、メリットやデメリットをお伝えしたいと思います。

債権投資するなら債権の種類と特徴を知ろ

債権の種類には、国が発行する国債、地方公共団体が発行する地方債、会社が発行する事業債(社債)があります。その中に償還までの期間や、利子の受け取り方が違うものがあります。また国内だけでなく、海外の債権も取り扱っている証券会社もあります。

・国債:個人向け国債は少額からの購入可能にしたもの

・地方債:国債の次に信用リスクが高い、また資産運用だけでなく地域貢献にもなる。

・事業積:債権の中では一番ハイリターンが望める(外資建ての債権は為替の影響をうけるデメリットがある)

債権投資の際には、特徴を理解して選ぶことが大切です。外資建ての債権は円建ての債権に比べて相対的に金利が良いですが、為替の変動によって受取金額が変動することがあります。

債権と定期預金の違い

債権は安全な投資方法といわれていますが、債権と定期預金の違いとはなんでしょうか。

例えば途中で換金する場合、定期預金は解約して元本は保証されていますが、債権の場合は売却になり証券会社に買い取って貰うため、額面金額を下回ることもあります。

また預金はペイオフ(預金保険制度)で1000万円までの預金を保護されていますが、債権にはペイオフがないため債権を発行する発行体が信用できるかどうかを見極めることが必要になります。

債権は、償還日まで保有すれば額面金額が戻ってきますが、発行体である国や地方自治体、企業が破綻、倒産した場合は額面金額は返済されず債務不履行(デフォルト)になる場合もあります。

債権を換金したい場合は、証券会社で売却する事で現金化が可能です。ただし、売却価格は日々変動していることを留意しましょう。

債権投資するなら新発債と既発債を知ること

債権には新しく募集される新発債とその後、市場に出回る既発債があります。既発債は債権価格が日々変動するため、発行価格が安くも高くもなります。

既発債のメリットは、自分の希望にそったものを選べるうえ、多くの選択肢があることです。

また新発債や既発債に投資するなら価格変動リスク、信用リスクを理解してから投資しましょう。

・価格変動リスク :途中で売却をする場合は額面金額以下になることもあるが、逆に額面金額以上にもなる。

・信用リスク   :破綻、倒産 元本が戻ってこないこともある 債権の発行条件や発行体の事業内容、経営状況を把握しておくことが重要

・為替変動リスク :外資建での債券を資産運用をする時には、為替の影響をよく考えましょう。もし償還された時に、円高になっている場合は、そのまま外資で保有して、タイミングをみて円に戻すという方法があります。

債権投資する場合は、目論見書(事業内容、経営状況、債券の発行条件)や格付けをしっかりと確認して投資先を選びましょう。

資産運用してお金を増やしていくには、時間も大きな武器になります、若い時期から債券投資に興味をもつことは、将来の不安を解消することになります。

老後資金はそれぞれのセカンドライフによって変わる

老後資金は、個人により必要な金額が変わってくるものです。

また公的年金が全く貰えないとう状況は考えにくいので、老後資金をすべて資産運用で用意しなくてはいけないわけでもありません。

自分が受け取るであろう年金額や退職金を把握できていると、老後に必要なお金もわかってきます。老後資金は長期的な債権投資の運用で、投資に対しても低リスクで資産運用が可能になります。

おすすめ証券口座

SBI証券

ネット証券最多の460万を超える口座数が安心感をもたらしてくれる(2019年7月24日現在)。

また日本最大級の顧客満足度調査(JSCI)の証券部門で2015年度1位に輝き、今年の「2019年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」部門では総合1位に輝きました。

SBI証券  は情報量の多さに加え、少額資金で株取引が行えるミニ株など取扱商品も豊富にラインナップ。気になる分野が多岐にわたる場合にも対応してくれるのが魅力だ。

専門のアナリストが分かりやすく株式の動向を分析してくれたり、ネットを介して質の高いセミナーがいつでも視聴できる点から、初心者向けのサービスを展開している姿勢も見て取れる。

加えて、SBI証券が誇る株式取引ツールがHYPER SBIだ。最短1クリックで発注が可能な上、マーケット情報やニュースなどの豊富な情報を提供し、投資のチャンスを逃さないよう作られている。

HYPER SBIの利用料は月額500円(税込540円)だが、「先物・オプション取引口座」もしくは「信用取引口座」を開設する等の条件を満たすと無料で使用できる。

詳しく見る

楽天証券

安心&便利な証券口座を探しているなら、SBI証券がおすすめです。

SBI証券は、2019年のオリコン顧客満足度ランキングでネット証券総合1位に輝き、4年連続&12度めの受賞を果たしています。

お客様主義をモットーにサービスを展開し、証券総合口座数も2019年3月には463万に上昇中です。

《SBI証券のメリット》
★さまざまなニーズに応える豊富なラインナップ
★毎月・毎週・毎日と好きな日付けで積立OK
★友達や家族にすすめて最大10,000円キャッシュバック
★オンラインセミナー動画は随時更新

SBI証券にはハイブリッド預金サービスがあり、住信SBIネット銀行へ預金していると預金残高からSBI証券の株取引などを購入できます。株式などを取引して利益があれば、自動で証券口座に送られるしくみです。

いつも使っている銀行口座からSBI証券へもリアルタイムで入金できて、手数料は0円です。
またSBI証券は、金融のプロが利用する値動きに関するニュース配信やチャート検索で銘柄をチェックして即注文できるサポートツールも充実しています。

新しく証券口座を持つなら、安心と満足のあるSBI証券がベストです。

詳しく見る

 

債権投資は教育資金との相性もいい

教育資金は老後資金も身近な問題であり、老後資金と違いある程度の教育方針などにより必要な教育資金が明確になっています。

債券投資は償還日になれば、投資した額面金額が戻ってくるので、教育資金にも向いています。

教育資金は子供の成長にともに必要となる日がわかるので、計画的に債券投資ができます。

また子供が将来海外に留学を予定しているなら外資建ての債券投資をして、必要なときに外資で受取ることも可能になります。ですがこれは外資建てをする前に、償還日後に外資で受け取ることができるか、証券会社などに相談して確認する必要があります。

また教育資金もすべてを資産運用で用意できなくても、教育ローンや奨学金制度など様々な方法があるので、頭でっかちに考える必要もありません。

債券投資のリスクとリターンについて

資産運用する方法は人それぞれに違います。

投資にどうしてもリスクがつきものですが、その分銀行に貯金するようりもリターンが大きくなります。

そのな中で債券投資は、投資に興味がある人にも始めやすいと言われています。

それは債券投資が他の金融商品、例えば投資信託、株式、暗号通貨などと比べてローリスクであるからです。

また株の知識がなくても信頼できる発行体に貸し付けて、償還日まで債券を持ち続けることだけで、利子を得ることができます。ローリスクのためリターンは比較的他の投資に比べて高くありません。

債券投資は、ローリスク・ローリターンなどとも言われています。ですが超低金利の銀行よりは利回りにはいいので、おすすめする人が多いのです。

おすすめの債券投資とは

債券投資の中で一番信用リスクが高いのが、個人向け国債です。

メリット

年率:0.05%の金利を最低保証

1年経過した場合は元本割れなしで売却可能

少額から投資できる

個人向け国債は、人気がありますが一般的には金利が、ネット銀行の定期預金の金利の変わらないことから、リターンに旨味がないと言われています。

確かに、金利が0.05%は他の国の国債と比べても低く、しっかりと資産形成していくうえでは物足りません。

先進国の外国債券投資

先進国で信用リスクが高いのが、米国国債です。

メリット

年率:3%~4%の金利

米ドルは世界一の通貨で安定しているので為替リスクが少ない

為替リスクなどを考慮しても、個人向け国債よりはるかに金利がいいのが米国国債の魅力です。

また新興国国債は高金利ですが、ボラティリティが激しく為替リスクが高いのが特徴です。

米ドル建て外資系金融機関の社債も分散投資するのも人気があり、3%~4%の利回りが期待できます。

まとめ

債券投資のメリットは償還日までの期間に定期的(半年に一度が一般的)に利子を受取ることができるので、キャッシュフローが決まっています。また償還までの途中でも売却して換金することが可能なので流動性もあります。

デメリットはもしも途中で債券を売却する場合は、損失が出るになる可能性があることや、発行体の倒産、破綻などにより支払不能になる可能性があることです。

外資建ての債券の場合は為替の影響を受けて、償還日には債券の額面金額を下回る(為替差損)こともあります。

債券投資は貯金よりもリスクがありますが、他の投資と比べてもローリスクであり、国債など信用リスクが高い金融商品が多いのがポイントです。

必ず安全とはいえませんが、発行体についてしっかりと下調べができていると、信用リスクも減らすことができます。

債券投資は、投資初心者が実際に投資に触れるいい機会なのではないでしょうか。

始めは誰でも投資のリスクを恐れるものです、そこでローリスクの債券投資で、資産運用について深く考えるキッカケを与えてくれます。

債券投資は確かに、他の投資に比べて金利がいいわけではないので大きく資産を増やすことは難しいですが、これからの時代を生きていくうえでは投資についての知識があるとないとでは、将来に対する不安が違ってきます。

債券投資は初心者でも簡単に少額から始めることができる投資なので、これをキッカケに色々と勉強してみるのもいいのではないでしょうか。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.