貯金と投資のバランスはどうしたらいいのか!資産運用に必要な3つの要素

資産管理

貯金と投資のバランスはどうしたらいいのか!資産運用に必要な3つの要素

更新日:

貯金と投資をどのようなバランスで、資産運用していくかを真剣に考える若者は増えています。
将来年金制度がどうなるか不安な状況や、政府が副業を促進していることや、老後資金として何千万円単位の貯蓄を必要であると試算していることから、「貯金していてもお金は増えない」と投資を考える傾向があります。

しかしコツコツと貯金したお金を、投資で運用するのは不安という人もいるでしょう。
投資は一度勉強してみるとギャンブルと違いも分かり、運用方法をしっかりとすればリスクヘッジができて大損になることがないことも理解できるようになります。

これから貯金と投資をどうしようか悩んでいる人達に、一般的に傾向と対策をお伝えしたいと思います。

投資の必要性と貯金

将来の結婚資金や子供の教育資金、老後の資金とお金の問題は、私達を悩みの種になります。
現在では社会システムが大きく変わり、個人で資産運用を考えなくてはならない時代になりました。
ですが貯金と投資の割合はどうしたらいいのかなど、わからないこともたくさんあります。

貯金は生活の基本、元本保証なので安全で確実な資産形成ができます。ですが投資は、元本保証がないリスクがありますが、貯金よりも資金を増やすことができる資産運用の方法です。

人生設計に適した方法で、貯金と投資を使い分けることが目標としましょう。

資産運用は3つの大きな要素からなっている

金融商品は流動性・収益性・安全性を考えなくてはなりません。
この3つがすべてを兼ね揃えた金融商品というのはないので、その要素をしっかりと理解することが大切です。

・安全性:安全性は銀行の普通預金や定期預金などの金融商品のことで、安全性とはすなわち元本保証のことです。貯金と投資では貯金は安全性のある金融商品ですが、投資は元本割れするので安全性に優れた金融商品とはいえません。

銀行貯金の場合は、もしも金融機関が破綻しても、その金融機関に預けている預金を保護する預金保険があります。(元本1,000万円まで)

・流動性: 流動性とは金融商品をすぐに価値のあるお金として使えるかどうかです。
金融商品の中には、中途解約ができないものや、途中で解約すると手数料が高くなるものがあり、これれは流動性がない金融商品になります。

・収益性:収益性があるかどうかがお金を増やすポイントです。日本の銀行の金利は超低金利と言われていて、利率が低く収益性がない金融商品です。貯金は安全性がある代わりに、収益性がほとんどないといってもいいでしょう。
また投資はジャンルによっては、年間で資産を何十%以上にもできる収益性が見込めます。

貯金と投資のバランスは安全性と収益性と流動性

安全性と収益性は両立が難しいので、安全性をとれば、それだけ収益性は見込めなくなります。またその反対に収益性を重視すれば、安全性が低くなります。

貯金と投資のバランスは、安全性と収益性と流動性を上手く考えながら資産運用をすると、自分の人生プランにピッタリな方法がみえてきます。

20代、30代からしっかりと貯金と投資の割合を考える

20代にもなれば友人との会話で、資産運用の話をする機会も増えてくるのではないしょうか。最近では身近な友人に投資を始める人が増えていることで、投資に興味や必要性を感じる若者も増えています。

投資について知識がない人の多くが投資はギャンブルで、大きく損をするのが怖いとう先入観があるのではなでしょうか。

それは日本人の民族性なのかもしれませんが、世界的にも投資をして「お金にお金を稼いでもらう」という感覚は一般的に広まっており、投資は将来が不安な世代にとっては避けては通れない道になるのではないでしょうか。ですが投資にはリスクがつきもの、無理をしてまで周りに合わせる必要もありません。

貯金と投資をする感覚をつかむ

貯金や投資の勉強をすると、様々なジャンルの貯金方法や投資方法があることが分かります。
一般的によくニュースになるFXやビットコインなどの暗号通貨も、投資の一部にすぎず、土地や駐車場、ランドリーなど多岐に渡る投資方法があります。

また投資は、少額から始めることができるのもポイントです。
最近話題になった3,000円投資などの、月々3、000円を投資信託に積立ていく投資方法は、プロに投資を任せるので、株の知識はなくても始めることができます。

自分の適性を知ることが、投資の基本です。投資をしている人達は、みなさんプロフェッショナルの人達です。そんな中に初心者が知識もなく挑戦できるものは、どういう投資方法なのかを考えていくと、自分にあった投資方法が見つけられるのではないでしょうか。

おすすめFX口座

DMM FX

DMMFX

日本国内でFX口座数No.1なのはDMM FXです。

パソコン・スマホ・フィーチャーフォンのどれでも使えて口座開設手数料が0円なのも魅力ですが、FX取引ツールの情報量は豊富なうえにシンプル操作なこともあり、初心者から熟練まで幅広いユーザーに好まれています。

《DMM FXが選ばれる理由》
★出金・口座維持・クイック入金・口座開設など全ての手数料は0円
★380もの金融機関に対応
★土日祝日対応でネットでいつでも入金できてリアルタイム反映
★業界最狭水準スプレッドだから損益を最小限におさえられる
★24時間LINEを使った親切サポート

スマホひとつで楽チン取引ができるだけでなく、口座開設から3か月以内に取引数が500Lot以上になると20,000円のキャッシュバックもあります。

さらに取引実績に応じてポイントが貯まるサービスもあり、貯まったポイントでFX取引できてお得です。ポイントの確認方法も簡単で、DMM FXツールのポイント通帳からいつでも確認できます。

スマホアプリDMMFXは、iPhone・Androidどちらもダウンロード無料です。
設定したレートになるとポップアップ通知がきて、チャンスを逃さずFX取引できます。

詳しく見る

GMOクリック証券

GMOクリック証券キャプチャ

はじめてFXにチャレンジするなら、GMOクリック証券が安心です。

GMOクリック証券にはバイナリーオプションがあり、1,000円未満からはじめられます。
また、ログイン不要でパソコン・スマホからFX体験もできます。
ロスカットシミュレーションもブラウザで体験できるため「FXって何をどうしたらいいの?」と不安に思う初心者にも、優しいサービスが多くあります。

《GMOクリック証券の良さ》
★FX取引オンリーの専用口座がある
★FXネオを利用すれば取引手数料無料
★インストール不要のブラウザ取引
★証券コネクト口座で金利が110倍に
★低金利通貨で高金利通貨を買ってスワップポイントがもらえる

外貨預金と違って、FXは外貨を購入してから売却する必要がないため「円を売って外貨を買う」だけでなく「外貨を売って円を買う」もできます。
そのため円安なら外貨を売り、円高になれば外貨を買い戻せるので外貨預金するより利益を出しやすいのです。

GMOクリック証券は他のネット証券よりも多くのエンジニアを採用していて、システム開発にも力を入れています。

少額投資で取引コストをおさえながら安心してFXをはじめるなら、GMOクリック証券がベストです。

詳しく見る

 

投資は余剰資金ではじめる

投資は元本割れをするリスクがありますし、一夜にして価値が半減するような金融商品もたくさんあります。とりあえず投資に興味があるなら、勉強をしてみましょう。他人に勧めた金融商品をそのまま投資するでもいいですが、自分なりに勉強をして投資に関心を持つことが大切です。

投資には貯金にはない重税がつきもの

貯金と違い投資で大きく稼ぎがでると、どうしても税金の問題がでてきます、思った以上に税金で引かれて、想像通りにプラスにならない場合もあります。
最近では政府がおすすめしていうる節税効果のあるNISA(少額投資非課税制度)などもあり、これをきっかけに投資に興味を持ち始める人も増えました。

NISAを簡単に説明すると、税金がかからない投資方法です。限度額がありますが、投資に興味を持ついいきっかけには、最適な方法で色んな分野の人達が勧めています。

貯金や投資は分散してリスクを減らす時代

一つの金融商品で資産運用をすることがリスクがあることは、投資未経験でも理解しているのではないでしょうか。過去にはリーマンショックや、暗号通貨の暴落など、資産を大幅に減らした人達のニュースを耳にしたことがあると思います。

そこで投資をするうえで必ず考えなくてはならないのが、分散投資です。分散投資は主に3つの方法があります。

・資産を分散する

金融商品には値動きが連動するものや、異なる値動きをするものがあります。例えば株式と債券は異なる値動きをするので、分散投資になります。それぞれの価格変動リスクをカバーする役割があります。

・地域の分散

日本株だけでなく、複数の国の株式や通貨を資産運用することで、地域や国による値動きのリスクを軽減することができます。最近では暗号通貨が人気があるのも、地域の分散に影響を受けないのが人気の理由の一つでもあります。

・時間の分散をする

マーケットは世界中で常に動いており、予想もしない急騰や暴落をしていることがあります。しかし長期的にみれば右肩上がりのチャートをしているものもあり、長期的に資産運用をすることでリスクを軽減することができます。

20代はリスクも取れるし長期的に時間を味方にできる

人それぞれ性格が違うのでコツコツ慎重に貯金したい人や、リスクを取って投資してドカンと稼ぎたいと考える人もいるでしょう。

若い20代はどちらを選んでも間違いではありません。もしも結婚をして子供がいるなら、リスクを取ることはどうしも避けるようになるでしょう、また年がいけば、長期的に積立投資して福利などのご利益を得ることが難しくなります。20代や30代と若ければ、選択肢もより多くなります。

まとめ

貯金と投資、これから真剣に考えなくてはならない大切なお金の問題です。
どのようなバランスで資産運用していくかは、個人問題なので正解はありません。でも昔と違い投資は身近な存在になり、少額からでも始められます。

世界的にも投資をして資産運用をすることが一般的で、投資をすることはギャンブルとは異なり計画的に行うことで、リスク分散をして、将来のためにより大きな利益を期待できるものです。

暗号通貨のような値動きの激しい金融商品はとても魅力的ですがリスクももちろんあります、どんあ金融商品に投資をするにしても、ご自身でしっかりと考えてお金と向き合っていくことが大切になります。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.