小銭貯金で夢を掴む!コツコツ貯めることで大きな物が手に入る

資産管理

小銭貯金で夢を掴む!コツコツ貯めることで大きな物が手に入る

更新日:

小銭貯金はしているでしょうか。小銭貯金は意味があるという方としてもあまり意味がないという意見に分かれてしまう貯金方法ですが、実は計画的に行えば得をする貯金方法となっています。これから小銭貯金をしたいと考えている方や小銭貯金を再チャレンジしたいと考えている方にぜひ見て欲しいことがあります。ここでは、小銭貯金を成功させる方法と小銭貯金のルールをご紹介しています。小銭貯金を成功させて目標を手にしましょう。

小銭貯金で夢を掴む方法

貯金箱に小銭を入れる女性

小銭貯金はコツコツと貯めて時間のかかる貯金方法で、地味でお金もあまり貯まらずやっても意味がないという方もいる貯金方法ですが、ちょっとした工夫次第でコツコツと貯めるというイメージを払拭させる方法があります。これまら小銭貯金をしたいという方は是非参考にしてみてください。必ず役に立つ情報をお届けします。

小銭貯金する方法①財布の小銭は全て貯金する

効率よく小銭貯金をする方法1つ目は「財布の小銭は全て貯金する」ことです。小銭貯金をするときはどういった基準で貯金していますか。人によって小銭貯金のルールが違いがあると思います。小銭貯金をするときは財布の中にある1円から50円までを貯金するという方や100円から500円を貯金するという場合もあります。金額を選択して貯金するのも効果のある貯金方法ですが、早くそして無理なく小銭貯金をしたいと思う方は財布の中にある小銭を全て貯金しましょう。

小銭は意外と使う場面はありますが、小銭ばかり使う場面はありません。そして、お札は使っても小銭は意外と財布の中に眠り続けているということもありますので、全て貯金に回してみましょう。もし、全ての小銭を貯金するのはいつか使う時が来るかもしれないという思いで出来ないという方もいるかと思いますので、そういった方は一度全て小銭を抜いて買い物をしてみてください。もし買い物途中に小銭が無くて困ったことがあったのなら小銭を財布の中に入れておいてもいいと思いますが、必要な方っという方は貯金しましょう。小銭貯金は人によって合う合わないがあります。小銭貯金をしたい方は自分にあった貯金方法を見つけ出しましょう。

小銭貯金する方法②貯金する習慣を身につける

効率よく小銭貯金をする方法2つ目は「貯金する習慣を身につける」ことです。小銭貯金を成功させるには小銭を貯金箱に入れる習慣を身に付けることです。小銭貯金を始めたての頃は、小銭が溜まっていくワクワク感で毎日のように貯金しますが、慣れてくると毎日入れるということをしなくなります。小銭貯金は定期的に入れるだけではお金が貯まらず、貯金の失敗原因となってしまいますので、小銭貯金をするときは小銭を貯金する習慣を身につけましょう。小銭を入れるという習慣を身に付けることで無理なく意識することをせずに小銭が溜まっていきます。

小銭貯金する方法③継続する

効率よく小銭貯金をする方法3つ目は「継続する」ことです。小銭貯金を成功させるためには継続させることが1番重要となります。小銭貯金は自然と貯まることではなく継続していかないと絶対に貯まることがありません。小銭貯金を継続できないという方は小銭貯金ができる継続させる何かを作ると良いかもしれません。目標作りは貯金の大切なカギとなります。小銭貯金は大きな貯金箱に為にも10万円以上にはなることはほとんどありません。ですので、10万円以内で出来る目標を持つと継続させることが出来ます。

小銭貯金する方法④期間を作る

効率よく小銭貯金をする方法4つ目は「期間を作る」ことです。小銭貯金には目標作りや継続することも重要ですが、小銭貯金をする期間を作ることも大切です。貯金期間は人によってそれぞれありますが、2年から3年で開封するまたは貯金箱がいっぱいになれば開封するなどの目標をしっかりと作りましょう。期間を作ることで小銭貯金を継続させる力となり、お金が貯まっていく楽しみにもなります。ただし、これまでの貯金ができる方法は目標があるからこそ小銭貯金が成功すると紹介してきましたが、目標なく小銭貯金が失敗に繋がるとは限りません。小銭貯金は人によって合う合わないがあり、特に小銭貯金はその人の特徴に合わせて行うことが成功に繋がります。無理をせず余裕を持って行いましょう。

小銭貯金するときのルールを知ろう

豚の貯金箱と硬貨

小銭貯金をするときにはルールがあるのはご存知でしょうか。ルールは人によって様々ですが、ルールを作ることで小銭貯金を成功させることが出来ます。これから小銭貯金をしたいと思う方がいるのであれば小銭貯金をする前にルールを作りましょう。小銭貯金は数ある貯金の中でも意外と簡単に出来る貯金方法ですが、一番自分を試す貯金となります。小銭貯金は我慢して継続し頑張った分だけ成果が表れる貯金です。無理なく継続しできるルールを作り貯金を始めましょう。

小銭貯金のルール①無理に小銭を作らない

小銭貯金のルール1つ目は「無理に小銭を作らない」ことです。小銭貯金を早く貯めたいと思う気持ちや小銭があればあるほど入れたくなる考えは理解できますが、小銭貯金をするのにはわざわざ小銭を増やすことはありません。小銭をわざと作っても小銭貯金の意味はありますが、貯金の意味がなくなってしまいます。小銭貯金はコツコツと貯めたり、財布にある小銭を貯めることに意味があります。わざわざお札を両替して小銭貯金をするのであればお札は口座へ貯金しましょう。

小銭貯金のルール②中身の見えない開封できない貯金箱を使う

小銭貯金のルール2つ目は「中身の見えない開封のできない貯金箱を使う」ことです。小銭貯金は貯金箱を選ぶところから始まります。貯金箱を選ぶときは中身の見えないもので開封ができない貯金箱にしましょう。中身が見えてしまう貯金箱や開封できる貯金箱だと貯金をする欲が減ってしまったり、使ってしまいたい衝動にかられ小銭貯金を失敗してしまうことに繋がります。小銭貯金をするときは貯金箱のサイズや材質はどんな物でも良いのですが、必ず中身の見えない開封できない貯金箱を選びましょう。

小銭貯金のルール③中身がいっぱいになるまで開けない触らない

小銭貯金のルール3つ目は「中身がいっぱいになるまで開けない触らない」ことです。中身がいっぱいになるまで開けない触らないのにはしっかりとした理由があります。小銭貯金は上記でもご紹介した通り、見えてしまったり開封出来てしまうと使いたい衝動に駆られてしまいます。また、中身は見えなくても触ってしまえばいくら貯金されているかが分かってしまい小銭貯金を継続できなくなってしまうこともありますので、小銭貯金をするときは開けない触らないを心掛けましょう。

小銭貯金のルール④貯金箱に小銭を入れる日を決める

小銭貯金のルール4つ目は「貯金箱に小銭を入れる日を決める」ことです。貯金箱に小銭を入れるタイミングは貯金をする人の自由ですが、小銭があまりない時に貯金をしたり、財布の中に小銭だけでなくお金がない時でも貯金をしてしまうと貯金で家計を圧迫してしまいますので、小銭を入れる日を作ることをおすすめします。また、小銭貯金は小銭の増え方に酔っても違いが出てきますので、小銭が増えやすいという方は週に2回ほど貯金する。小銭があまりできない方は1週間に1度のペースで貯金するなど貯金する日を決めましょう。

まとめ:小銭貯金を成功させる方法を知ろう

Jar full of coins.

小銭貯金方法や小銭貯金をするときのルールは参考になったでしょうか。小銭貯金は上記でもご紹介した通り貯金の中では行いやすい方法ですが、継続するのがとても難しい貯金でもあります。小銭貯金を成功させるのには目標作りや期限を決めることが重要です。また、小銭貯金をするときは見えない開封できない、触らないが基本です。このルールを守れる方は小銭貯金にチャレンジしてみてください。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.