一人暮らしの貯金方法はある?一人暮らしの貯金は習慣次第で貯まる

資産管理

一人暮らしの貯金方法はある?一人暮らしの貯金は習慣次第で貯まる

更新日:

一人暮らしの方を悩ませるのが、貯金問題かと思います。一人暮らしで収入が多い方だと貯金は問題なくできるのですが、あまり収入がない方にとっては貯金がしたくてもできない悩める問題となります。ここでは、そんな悩める一人暮らしの貯金問題を解決できる方法をご紹介します。貯金が無くこれから貯めるという方や貯金を失敗して諦めてしまった方は是非参考にしてみてください。そんな方の力に必ずなれる情報があります。

一人暮らしでも確実に貯まる貯金方法

家 住宅 引越 新築 新生活 ライフスタイル 不動産

一人暮らしをしていると貯金なんてできるはずがないと思う方もいると思いますが、貯金は一人暮らしの方でもお金に自由がない方でも簡単にそして苦労することなく確実にお金を貯めれる方法があります。今お金に困っているという方や貯金ができず将来がファンという方は簡単に出来る貯金術をご覧ください。ここで紹介する貯金方法を試せば必ずお金が貯まります。

一人暮らしの貯金方法①光熱費の節約

一人暮らしの貯金方法1つ目は「光熱費の節約」です。やはり一人暮らしの方が貯金をしたいもしくは貯金額を増やしたいと考えるならば光熱費の節約は基本となります。光熱費は住んでいるだけで発生してしまうもので、生きていく上では必要となり、なくてはならない存在です。ですが、光熱費というのは気にせずに生活していると家計を圧迫してきます。では、どうやれば光熱費の節約ができるのかという問題ですが、答えは簡単です。光熱費をあまり使わないことです。

光熱費を使用せずに生活なんてできないと思う方もいますが、光熱費をすべて使わないのではなく、必要最小限で生きることです。電気代を節約したい時はこまめに電気を消すことや日中は自然光で生活するなど無理をせずにできる節約術です。また、電気ケトルやIHヒーターというのは電気代をとても消費しますので、基本は使わないことです。

自炊をしない方はあまりガス代のことは気にならないとかと思いますが、自炊する場合は給湯器を使わないことや強火調理をしないことで節約が出来ます。また、水道代は一人暮らしの場合はシャワーを使う事や節水をすることです。光熱費の節約は文章にすると難しいと感じますが、実際に生活をしてみると簡単に出来てしまいます。無理なく光熱費の節約を行い貯金をしましょう。

一人暮らしの貯金方法②自炊

一人暮らしの貯金方法2つ目は「自炊」です。一人暮らしの方に多いのが自炊をせずにコンビニやスーパーマーケットでお弁当などを購入してしまうことですが、この方法は楽で得をしていそうに見えますが一人暮らしの方が損をしてしまう食生活でもあります。確かに自炊ができない方にとって自炊で美味しくない料理や1食の食事代がお弁当よりも高額になってしまうとコンビニやスーパーマーケットで購入する方が得をします。

ですが、コンビニやスーパーマーケットで購入する生活はトータル的に見ると必ず損をしてしまい、貯金できるはずのお金がこうした食事で消えて言ってしまう事態を引き起こしてしまいます。自炊は慣れないうちは高額な食費になってしまうことがあったり、美味しくないご飯を食べることとなりますが、料理が上手くなり節約さえできればこうした問題も解決できます。

自炊は慣れないうちは失敗続きになってしまうかと思いますが、慣れることでどんな料理でも作ることができ彼氏彼女ができた時に喜んでもらえる特技にもなります。料理は慣れることで誰にでもできる節約術となります。

一人暮らしの貯金方法③基本はシャワーを使う

一人暮らしの貯金方法3つ目は「基本はシャワーを使う」ことです。一人暮らしをしている方はお風呂に入る時シャワーオンリーですか。それともお湯を張っていますか。貯金を真剣にしたいと考える方はシャワーで済ましてしまいましょう。湯船一杯にお湯を張る1回分がシャワー4回分から6回分に匹敵すると知っていましたか。4回から6回というのは個人差がありますが、シャワーだけにすることでかなりの節約ができその分貯金が出来ます。

シャワーだけだと満足できないという方もいるかと思いますが、貯金を優先するならこの方法をおすすめします。また、シャワーだけのお風呂は水道代の節約ができるだけでなく、ガス代や電気代の節約もできます。あまり意識されないかと思いますが、風呂に入るだけでガス水道電気、光熱費と呼ばれる全てを使っています。お風呂は意外と光熱費のかかる場所でもありますので、できるだけ速やかに済ませることが節約に繋がり貯金が出来ます。

ただし、冬場や疲れた時も湯船に入るのはダメというワケではありません。お風呂にはいる時はシャワーと湯舟の使い分けがとても重要となります。

一人暮らしの貯金方法④目標を作る

一人暮らしの貯金方法4つ目は「目標を作る」ことです。貯金を成功させるかさせないかは目標があるないで大きな差が生まれます。目標はどんなことをするにしても重要なポイントであり、やる気や継続力に繋がるように貯金にも同じことが言えます。貯金をするときはダラダラと目標なく行うのではなく、しっかりと目標をもって貯金生活を送りますしょう。

では、貯金をするために目標はどんな物が良いのかということですが、好きなことの為や夢のためにお金を貯めるという目標を作ると貯金が成功する可能性が上がります。ですが、中には目標がないけれども貯金がしたいという方がいるはずです。そういった方も出来るだけ目標を持つ方がいいのですが、ないという場合はお金を貯めることを目標にしてみましょう。

貯金は目標が無くても成功する方はします。ですが、今まで貯金に失敗してきた人や挫折してきた人は目標がないことで継続できなかったと思います。貯金をするときは必ず目標を作り、目標のために貯金をしましょう。

一人暮らしの貯金方法⑤住宅選び

一人暮らしの貯金方法5つ目は「住宅選び」です。一人暮らしをする人で一番貯金に影響するのが住宅選びです。住宅選び時はどういった基準で選んでいますか。住宅選びの基準は人によって違いますが、多くの方は「立地の良さ」や「職場に近い」などかと思いますが、住宅選びで損をせず貯金をするならば家賃の安い物件を選ぶことが重要です。

一人暮らしの貯金問題は大げさに言うと住宅選びの時から始まっています。住宅選びを成功すると生活を圧迫することなく貯金ができますが、住宅選びを間違えると貯金ができず生活もギリギリとなってしまいます。住宅選びはそれほど重要なこととなります。

もし、収入と家賃が合わない場所に住んでいるのならば住宅を変えることをおすすめします。ただし、住宅の契約によって契約期間の退去で違約金が発生するという場合は契約期間が過ぎるまで待ちましょう。貯金のためにお金を出すのはマイナス効果となりますので注意しましょう。

一人暮らしの貯金習慣を身につけよう

smiling child putting coin into big piggy bank

一人暮らしで貯金を成功させるには目標を持つことや節約をすることも重要ですが、習慣も必要となります。貯金をする習慣が無ければ成功することも成功しなくなってしまうこともありますので、貯金をしたいと思う方は節約術だけでなく貯金ができるようになる習慣を身につけましょう。

一人暮らしの貯金習慣①貯金を意識する

一人暮らしの貯金習慣1つ目は「貯金を意識する」ことです。貯金をするのは節約だけではいけません。節約して余ったお金を使ってしまうことがあったり、ちょっとした誘惑に負けて散財することもあります。貯金を成功させるには常に貯金のことを意識した生活を送ることが秘訣となります。

一人暮らしの貯金習慣②貯金額を決める

一人暮らしの貯金習慣2つ目は「貯金額を決める」ことです。貯金をするときには貯金額を決めていますか。毎月決まった貯金額を決めているかで最終的に大きな差が出来ます。これから貯金をしたいと思う方は家計を圧迫しない程度の収入に合わせた金額を決めて貯金するようにしましょう。

まとめ:一人暮らしでもできる貯金術を知ろう

通帳(架空デザイン)

一人暮らしの貯金方法や貯金ができるようになる習慣は参考になったでしょうか。一人暮らしの貯金方法は光熱費の節約や食費の削減が一番効果があります。また、一人暮らしの貯金をするときは継続して無理のない程度に行うことが基本です。無理をしてしまうと貯金も失敗してしまいますので注意が必要です。無理のない貯金生活で理想のお金を貯めましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.