ガス代の節約方法はある?ガス代を節約して貯金に回そう

支出削減

ガス代の節約方法はある?ガス代を節約して貯金に回そう

更新日:

 

一人暮らしの方や家族で暮らしている方問わずガス代の節約方法は何か行っているでしょうか。ガス代の節約術は色々な方法がありますが、意外と結果があまりでず難しく挫折することもあります。ガス代の節約術に悩んでいる方にぜひ知って欲しいことがあります。ガス代の節約は継続して行うことに意味があることです。そして、協力して行うことが節約を成功させるカギとなります。ここでは、誰でも簡単に出来るガス代の節約術やすぐに結果が分かる方法をご紹介しています。

今までガス代の節約に挫折をしてしまっていた人やこれからガス代の節約がしたいと思う方は是非参考にしてみてください。必ず為になる結果を残せる節約術を知れます。

ガス代の節約方法

ガスメーター

ガス代の節約は行っていますか。光熱費の節約で水道代や電気代の節約術は色々とありますが、意外とガス代の節約術がありません。ここでは誰しもが簡単に出来る節約術をご紹介していきます。ガス代を節約すれば他の光熱費も同時に削減できます。では、ガス代の節約術をご覧ください。

ガス代の節約方法①お風呂の追い炊きはNG

簡単にできるガス代の節約術1つ目は「お風呂の追い炊きはNG」です。家族が多かったり、家族の生活時間に違いがあるとどうしてもお風呂の時間にも違いが出来ます。お風呂は意外とガス代のかかる場所であり、お風呂の使用時間が違うとさらにガス代が掛かってしまうことがご存知でしょうか。そして、お風呂の時間が違うとガス代が掛かってしまうのは追い炊きです。

追い炊きはボタン一つでいつでも沸かしたての温かいお湯に入ることができる万能ツールですが、追い炊き機能はガス代がかかる節約をしたい方にとってはマイナスの大きなポイントです。ですが、生活時間の違う家族だと追い炊き機能は欠かせないツールになります。そんなお風呂の時間が違う家族におすすめするツールは足し湯またはお風呂の蓋をこまめにすることです。

追い炊きをしたくない場合はまず、お風呂のお湯が冷めるのを防ぐ必要があります。お風呂のお湯が冷めるのをできるだけ防ぐ為にはお風呂の蓋をこまめに閉めることです。お風呂に入らない時は蓋をしたり、お湯に浸かる時も蓋を半分までしか開けないといった方法を行えばお湯が冷めるのをできるだけ防ぐことが出来ます。また、追い炊きをするなら足し湯の方が節約になります。

足し湯は温かいお湯を加えることで追い炊きよりもガス代と水道代が掛かってしまいそうに思えますが、追い炊きは設定温度まで温め直すことでガス代が掛かりますが、だし湯は指定量までお湯を足すだけですので、追い炊きよりも節約ができます。蓋をすることと足し湯を組み合わせることである程度の冷め防止が出来ます。

ガス代の節約方法②作り置きで節約

簡単にできるガス代の節約術2つ目は「作り置きで節約」です。作り置きは主婦の楽ができる調理方法として有名となり主婦層に人気となった調理方法ですが、作り置きは主婦が楽をするだけでなくガス代の節約もできる主婦にとっては嬉しい調理方法です。作り置きは一度に大量のおかずを作ることが出来、料理も一度の調理で済んでしまいますので、ガス代の節約がかなりできます。また、忙しい主婦にとって作り置きは助かる料理方法です。もし、ガス代も節約して楽をしたいと思う方は作り置きで一気に作ってしまいましょう。

ただし、作り置きで何時間もガス代を使ってしまえば作り置きの効果もなくなりますので、作り置きを効率よくガス代も抑えたいと思う方は圧力鍋を使用しましょう。また、炊飯器調理などもおすすめです。炊飯器は電気代を使うイメージがありますが、製品とメーカーにもよりますが、一回の使用電気代は4円程度ですので、比較的安い電気代で作ることが出来ます。作り置きも工夫と方法次第でさらにガス代を節約できます。これからガス代を節約行いたいと思う方は作り置き調理から始めてみてはいかがでしょうか。

ガス代の節約方法③蒸し野菜は電子レンジで

簡単にできるガス代の節約術3つ目は「蒸し野菜は電子レンジで」行うことです。野菜を煮込んだり茹でたりすると早く野菜は柔らかくするイメージがありますが、一番ガス代が掛かってしまい時間もかかり効率の悪い調理方法だというのはご存知だったでしょうか。野菜に火を通すのにまずはお湯を沸かし、食材にもよりますが5分から8分は茹でるもしくは煮込む必要があります。

ガス代を削減したいと思うのならば電子レンジで加熱調理を行いましょう。蒸し野菜を食べたいという方に特におすすめの調理方法です。電子レンジで加熱することでガス代よりも早くそして、光熱費も抑えることが出来ます。ガス代を抑えたい方は煮込むのではなく電子レンジで加熱調理をしましょう。

ガス代の節約方法④お湯の温度を下げる

簡単にできるガス代の節約術4つ目は「お湯の温度を下げる」ことです。お湯の温度を下げることでもガス代の節約ができるのはご存知でしょうか。ガス代を抑えたいという方お湯の設定温度を38度にすると節約ができます。食器洗いなどは38度だと頑固な油汚れも問題なく洗い流すことが出来、水回りの作業に困ることはありません。ただしお風呂に入る時は38度だと寒いと思いますので、食器洗いとお風呂の温度設定を使い分けましょう。

失敗してしまうガス代節約術

キッチンで給湯リモコンを操作する女性

ガス代を節約しようとしてあまり効果がなかったという方やむしろガス代が高く掛かってしまったという失敗してしまう方がいますが、失敗する人たちが行っているガス代の節約術には共通するポイントがあります。これから貯金をしたいと思う方や失敗続けで挫折してしまいそうな方は是非参考にしてみてください。今まで失敗してきた人もここを見れば必ず改善できます。

失敗してしまうガス代節約術①一人暮らしでお湯を張る

失敗してしまうガス代節約術1つ目は「一人暮らしでお湯を張る」ことです。シャワーよりもお湯を張った方が節約になりそうだと思う方も多いかと思いますが、1回のお湯を張りで、シャワー4回分と匹敵するガス代を使っているのはご存知でしょうか。湯船に入るのは節約になりそうですが、速やかにシャワーで済ませる方が節約になります。節約したいと思う方は冬場以外は出来るだけシャワーで済ませることをおすすめします。

失敗してしまうガス代節約術②寒い時期でもないのに給湯器を使う

失敗してしまうガス代節約術2つ目は「寒い時期でもないのに給湯器を使う」ことです。給湯器を使う時は寒い時期が基本だと思いますが、温かくなった時期でもお湯を使う事で効率よく洗い物ができることもあります。ですが、給湯器の使い分けをせずに洗い物はお湯でする方が効率がいいと思い時期を問わず給湯器を使うのは失敗しやすいガス代の節約術となります。

確かにお湯を使った方が頑固な油汚れや落ちにくい汚れも簡単に洗い流せ、ガス代の節約だけでなく節水もできるのではないかと考えてしまうことも分かりますが、時期を問わず毎回の洗い物を給湯器のお湯を使用して洗うのは効率が悪く、節水ができたとしてもガス代の節約は出来ません。寒い時期は仕方がありませんが、春から秋ごろまではあまり給湯器を使わない方が節約になります。

まとめ:簡単に出来るガス代の節約方法を知ろう

ガス検針票

簡単に出来るガス代の節約方法や失敗してしまう節約方法は参考になったでしょうか。ガス代は節約次第で費用を抑えることが出来ます。特にガス代は方法を知り、工夫すれば簡単に節約が出来てしまうポイントでもあります。また、光熱費の中ではかなり節約しやすい部分ですので、光熱費を節約したいと思う方はまずガス代から節約してみましょう。ガス代を抑えれると自然と電気代も水道代も節約ができます。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.