固定費と変動費の違いとは?家計の内訳と節約方法をご紹介!

支出削減

固定費と変動費の違いとは?家計の内訳と節約方法をご紹介!

更新日:

家計を管理する際に重要になるのが固定費と変動費です。どちらも家計において大事なものであり、食費や交際費などの項目がどちらに当たるのかを把握しておくことが家計を見直す時の鍵になります。まずは固定費と変動費について知りましょう。

固定費と変動費って具体的になに?

固定費とは毎月必ず支払う必要のある支出、変動費は毎月出ていく金額に変動がある支出のことを言います。家計は固定費と変動費から成り立っていて、2つの費用を削減するほど貯金に回せる額が大きくなります。固定費と変動費の項目をそれぞれご紹介します。

固定費
・住宅費
・光熱費
・保険料
・通信費
・新聞代

変動費
・食費
・交際費
・被服費
・雑費

住宅費や保険料は毎月必ず支払うものであり、光熱費は使用量により若干の違いがありますが毎月支払わなければいけないものに変わりはないため固定費となります。その他に通信費や新聞代も毎月決まった額を支払うので固定費です。

変動費には食費や交際費が含まれます。食費は外食をする回数が増えたり購入する食材に違いがあったりすると費用が毎月異なるものです。交際費、被服費、雑費も毎月かかる費用が変動することから変動費となります。

固定費と変動費について理解することで節約の効果が表れやすくなります。一般的に、節約を考える人は食費や交際費を最初に減らそうとします。食べたいものを我慢して安い食材を購入したり遊びの誘いを断ったりして使うお金を減らそうと考えるのです。

しかし変動費の節約にはとても心に負担がかかります。我慢ばかりしてストレスが溜まるので、結果的にストレス発散のために散財してしまうこともあります。節約を始めるのであれば変動費よりも固定費に着目しましょう。固定費の項目別に節約方法をご紹介します。

変動費よりも固定費の見直しを!まずは住宅費を節約しましょう

money, home, coin

住宅費の節約方法は賃貸か持ち家かで異なります。賃貸の場合は毎月支払っている家賃を減らすために引っ越しを検討しましょう。例えば現在の家賃が10万円の場合、家賃が8万円のマンションに引っ越しをすれば月に2万円節約できることになります。

年間では24万円の節約になるので、引っ越し費用がかかるとしても十分に元が取れるでしょう。現在よりも安い家賃の家に住むためには条件の見直しが必要となり、駅までの距離やスーパーに行くまでにかかる時間等の条件を下げるほど家賃はどんどん安くなります。

条件を下げることに対して不便だと感じてしまう人もいますが住んでみると意外に不便は感じません。今まで駅から徒歩5分のところに住んでいた人が徒歩15分のところへ引っ越した場合、歩く時間は10分増えるものの自転車を使うようにすればかかる時間は同じになります。スーパーも同様に自転車を使うなど工夫をすれば特別不便は感じないでしょう。

安さを求めすぎて車を使わなければ最寄り駅までたどり着けないというのは本末転倒ですが、受け入れられそうな不便なら暮らしていくうちに当たり前のものとして受け入れられるようになります。

持ち家の場合は住宅ローンの見直しをおすすめします。金利の変動次第で借り換えを検討してみるとお得になることがあるからです。住宅ローンについての相談会は毎週のように開催されているので最寄りの相談会へ参加してみると良いでしょう。

固定費の光熱費を見直すのは変動費を節約するより簡単

光熱費の節約と聞くとこまめに電気を消したり水の使用量を減らしたりすることを考えがちですが、契約する会社自体を変えてしまうのが一番の節約になります。電力自由化が始まったことで自分で好きな電力会社を選べるようになりました。インターネットに一括で電力会社の料金を比較できるサイトがあるので契約する会社を変えるとどれくらい節約になるのか調べてみましょう。

ガスについても、プロパンガスを使用しているのであれば契約会社を変えることで節約の余地があります。契約する会社を見直した後に電気や水の使用量を減らすよう工夫していきましょう。電機やガスについても我慢をして節約する必要はなく、使わない部屋の電気を消したりお風呂の残り湯を洗濯に使ったりといったできそうなものから挑戦すると効果が表れます。

変動費より固定費の見直しが大切!固定費の保険代は大きく節約可能

保険は一度契約すると何年も見直しすることなく自動で更新してしまいがちです。また、もしもの時に備えて複数の保険に入ってしまうことがあります。どちらもお金の無駄遣いなので初めに保険の見直しを検討してください。

同じ保障内容でも保険会社によって金額は異なります。最近はネット保険というものが登場して保険料を格安で済ませられるようになったので、見直しの際にはネット保険を候補に入れると良いでしょう。インターネットには一括で保険料を比較できるサイトがあります。

複数の保険に入っている場合は本当に必要な保険なのか再度見直しが必要です。保険料を余計に支払わないためにも契約更新のたびに同じ保障内容でもっとお得な保険がないか、必要なくなった保険はないかを確認をしましょう。

通信費は格安SIMにして節約を!変動費より固定費に着目して!

sim card, nano sim, micro sim

保険料と同様に通信費も一度契約してしまうと中々見直しをする機会がなくなります。携帯電話を大手の会社で契約したまま変更をしていないのであれば格安SIMに替えることをおすすめします。

一般的に大手の会社だと月の通信費は7000円ほどかかりますが、格安SIMにすると3000円ほどに抑えることができます。以前よりも通信速度の違いはなくなりサービスも充実するようになったため、大手も格安SIMも大きな違いはありません。

自宅でインターネットを使う時に光回線を引いているのならポケットWi-Fiにするとさらに通信費が節約できます。光回線は月に5000円ほどかかりますがポケットWi-Fiなら3500円ほどです。便利度に違いはあまりないため、固定費を削減したいのであれば格安SIMとポケットWi-Fiに切り替えましょう。

おすすめ格安SIM

Y!mobile

スマホで通話するのが多いならワイモバイルがおすすめです。
ソフトバンク回線を利用したワイモバイルには、10分以内の国内通話が無制限のサービスがあります。

スマホプランSを申し込めば、ワンキュッパ割で1年間は月々1,980円と格安で利用できます。
さらに、おうち割光セットを同時に申し込めば高速データー通信3Gがついて、なんと月々1,480円ともっとお得になります。

しかも3年連続でスマホ満足度No.1を獲得していて、全国にワイモバイルの取り扱い店舗数は4000店あります。
携帯電話会社より安く&繋がりにくい時間のない格安SIMを探しているなら、断然ワイモバイルが便利です。

《ワイモバイルの魅力》
★1回の通話が10分以内なら0円でかけ放題
★ワンキュッパ割+おうち割光セットで高速データー通信
★取扱店舗数は安心の4000店
★いま使っているiPhoneをそのまま使えてコミコミ価格

AndroidのラインナップもありLG社のAndroid One X5や、京セラかんたんスマホなど選べます。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでお得に買い物できるサービスもあり、ショッピングでポイントを貯めたいあなたにもワイモバイルはベストな選択です。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはNTTドコモまたはauから好きなSIMを選んで、通常の携帯電話会社より70%もスマホの利用料金を安くできます。

《BIGLOBEモバイルの特徴》
★ネット利用のみのデータSIMは3GBで月々900円
★音声通話SIMの月額料金は480円の激安価格
★ドコモ・auのほか、SIMフリーのスマホに差し替えてそのまま使える
★使い切れなかった通信容量は翌月繰り越しOK

「スマホはネット利用だけだから、もっと安くしたいな」と考えているなら、確実にBIGLOBEモバイルはお得です。

今ならBIGLOBEモバイルで音声通話SIMと同時にエンタメフリーオプションを申し込めば、最大3ヶ月間無料になるキャンペーンを実施しています。

エンタメフリーオプションはYouTubeやAbemaTV・Apple MusicやLINE MUSICなど、動画や音楽を通信量の制限なく定額料金で楽しめるものです。

スマホのネット利用のうち、動画や音楽配信がメインなら間違いなくBIGLOBEモバイルをおすすめします。

 

新聞は必要?変動費を節約する前に固定費をよく確認して

newspapers, leeuwarder courant, press

以前はインターネットが普及していなかったこともあり、人は新聞から情報を得ていました。しかし現代ではインターネットにたくさんの情報があふれるようになって必ずしも新聞が必要ではなくなりました。

新聞を読むのが毎日の楽しみであれば解約しなくても良いですが、惰性で契約を続けているのならば思い切って解約してみましょう。不便を感じたら再び契約すれば良いだけなので特に問題はないはずです。

新聞代は月に4000円近くかかるため、定期購読をやめれば年間5万円ほど節約できることになります。インターネットやテレビでもニュースを知ることはできるので解約をしても不便だとは感じないでしょう。

固定費と変動費の違いを知ってから節約しましょう

節約を始める時は変動費よりも固定費の見直しからスタートさせるとストレスなく生活費を減らすことができます。固定費は毎月支払うものだからこそ、一度見直しをすることが大きな節約につながるのです。

特に住宅費と保険料の見直しは大きな効果が期待でき、固定費一式を見直せば月々3万円の節約も可能です。固定費の見直しが済んだら変動費の見直しをしていきましょう。節約を成功させるコツは無理をしないことです。食費や交際費を切り詰めるのではなく無駄をなくすように意識して楽しく節約をしましょう。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

 

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.