一人暮らしの電気代節約術!一人暮らしだからできる節約術

支出削減

一人暮らしの電気代節約術!一人暮らしだからできる節約術

更新日:

一人暮らしの方は意外と電気代が掛からないのですが、一人暮らしを始めたての方や一人暮らしに慣れていない方は電気代の高額請求に驚くかと思います。電気は使っていないと思っていてもどこかしらで使っているものです。そこで、誰にでもできる電気代の簡単節約術をご紹介します。この方法を試せば必ず電気代を節約することが出来ます。

一人暮らしの電気代の節約術

電気代が毎月高額請求されてとても困っているという方はいませんか。電気はガスや水道と言った他の光熱費に比べるとあまり使用している感じが無く、なぜこれほどの高額請求が来るのかと納得できないこともあるかと思います。電気代は使っていないと思てもどこかしらで使用しているので仕方がないことですが、知らない部分で電気代が発生するのは避けたいことです。

ここで紹介する節約術は簡単だけど一人暮らしの方だから成功させることが出来る方法です。電気代の高額請求に頭を抱えているという方は是非参考にしてみてください。電気代は使い方だけでなく、工夫次第で安くなるものです。

一人暮らしの電気代の節約術①冷蔵庫の使い方

一人暮らしだからできる電気代の節約術1つ目は「冷蔵庫の使い方」です。電気代があまり掛からない冷蔵庫の使い方はご存知でしょうか。冷蔵庫は毎日使っていない時でも電気を使う家電であり、生活するなら必要なアイテムです。冷蔵庫の使い方を知っていると知らないとではかなり損をしてしまうこともあります。冷蔵庫の効率よくそして、節約のできる使い方をご紹介します。

冷蔵庫の効率よく節約するには設定温度と冷蔵庫は詰め過ぎない、冷凍庫は開け過ぎないことです。この3つを行うだけで必ず節約ができます。ではまず設定温度から詳しくご説明していきます。冷蔵庫の設定温度は季節によって変えているでしょうか。夏場も冬場も関係なく同じ設定温度にしていると電気代が掛かってしまいます。設定温度の変更で電気代を抑えるなら、冬の時期は「弱」設定で夏場は「強」設定にするだけで節約が行えます。

また、冷蔵庫にはあまり物を詰めないというのは、冷蔵庫の構造的に物をあまり詰め込まない方が均一に食材を冷やすことができます。そして、冷凍庫は食材が入っていれば要るほど冷える力が強くなり電気代の節約が行えます。この方法は一人暮らしだからできる節約術です。

一人暮らしの電気代の節約術②エアコンは避ける

一人暮らしだからできる電気代の節約術2つ目は「エアコンは避ける」ことです。やはり電気代を節約するならばエアコンの使用を避けることです。エアコンは電気代がかかると言われている通り、家計を圧迫するアイテムです。エアコンは使い方で便利なアイテムになりますが、使い方を知らなければただ損をしてしまうアイテムとなります。

電気代を節約したい方はエアコンの使用は避け、夏場は扇風機を使い冬場は石油ストーブを使う事で電気代を抑えることが出来ます。夏場は特にエアコンを使う時期となります。そして、エアコンと比べると扇風機は力なく暑い部屋で使用しても意味がないと思う方もいるかもしれませんが、扇風機は部屋を換気し、人に向かって使用するだけでかなり涼しくなります。特に就寝する時も電気代を気にすることなく扇風機を使用した状態で眠ることが出来ます。

冬場は石油ストーブを使いましょう。石油ストーブはあまり使わない人が多いですが、石油ストーブはエアコンよりも効率よく部屋を暖めてくれるアイテムです。そして、石油ストーブをおすすめする理由は部屋を暖める力が優れているだけでなく、石油ストーブを止めた後も急激に冷えることがないので、温かい部屋で生活することが出来ます。ただし、石油を使ったストーブには石油ストーブと石油ファンヒーターがあります。石油ストーブは電池で動かせるタイプで電気代を抑えることができますが、石油ファンヒーターは電気を使って動きますので、電気代が掛かってしまいます。電気代を抑えたい方は石油ストーブを使用しましょう。

一人暮らしの電気代の節約術③古い家電は使わない

一人暮らしだからできる電気代の節約術3つ目は「古い家電は使わない」ことです。10年以上前の家電は今の最新家電よりも何倍もの電力を使用するというのはご存知だったでしょうか。10年以上の古い家電が電気代を何倍も使ってしまうのは、元々使用電力量が多いということもありますが、古い家電は力が弱っていますので、最新の家電のように動かそうとすると負荷がかかてしまい、負荷のかかる場所が電気代になってしまいます。

古い家電は節約をしたい方にとっては効率の悪いアイテムとなります。10年以上の家電は使用するのは避けましょう。ただし、10年以上の家電だからと言って全ての家電が電気代が掛かってしまうわけではありません。家電によっては最新家電とあまり変わらないこともありますので、古いから使わないではなく、高額な電気代が掛かっているのかを確認してみるのも1つの節約術です。

一人暮らしの電気代の節約術④作り置きで節約

lunch box, lunch dishes, korean

一人暮らしだからできる電気代の節約術4つ目は「作り置き」です。作り置きは主婦の間で大人気となった便利調理方法です。作り置きは便利な点を注目されがちですが、実は電気代をかなり削減することが出来る調理方法でもあります。作り置きは一度に調理をするので、毎日食事を作るよりも電気代が掛からず節約ができます。また、作り置きは一度に作りますので、電気代だけでなく、ガス代や水道代も節約することが出来ます。

一人暮らしの方にとっても作り置きは便利で楽な調理方法です。料理をする時間が勿体ないという方や料理する時間がない方は是非作り置きを行ってください。作り置きをすれば全ての時間が有効活用することが出来ます。

一人暮らしで電気代の節約のためにしてはいけない事

節約生活を送る時に意外と失敗してしまうことがあります。節約生活をすると必ず起きてしまうのが、節約できているだろうと思う行為をしているだけで電気代を節約できず反対に電気代が掛かってしまっていることもあります。電気代の節約はこまめな気遣いで削減できますが、方法を知らなければ損をしてしまうことがあります。そこで、一人暮らしの電気代節約生活で意味のないマイナス術をご紹介します。電気代を節約しても請求額に変化がない方は是非参考にしてみてください。

一人暮らしで電気代の節約のためにしてはいけない事①家電の買い替え

一人暮らしで電気代の節約のためにしてはいけない事1つ目は「家電の買い替え」です。上記でご紹介しました、古い家電は電気代が掛かってしまい節約できないとご紹介しましたが、節約のために新しい家電を買い直すのは節約にはなりません。最新家電を買い替えても高額なお金を使ってしまっただけで損をしてしまいます。

家電を買い替えてもすぐに節約効果が表れるワケではなく、何か月何年と使用し続けることで結果に違いが出るだけであって買い替えたからと言ってすぐに節約は出来ません。反対に家電を買い替えるという高額なお金を使用しているだけ損をしてしまっています。節約のためにお金を使うのは損をすることが多いので避けるべきです。

一人暮らしで電気代の節約のためにしてはいけない事②こまめな電気のONOFF

一人暮らしで電気代の節約のためにしてはいけない事2つ目は「こまめな電気のONOFF」です。電気はこまめに切り替えることが節約につながると思っている方も少なくはないかと思いますが、電気をONとOFFに何度も切り替える方が電気代が掛かってしまいます。電気は使わない時はOFFにするなどの気遣いが重要ですが、こまめな切り替えは電気代がかかりますので、節約したい方は使用方法を考えて行いましょう。

まとめ:一人暮らしだからできる電気代の節約を知ろう

light, architecture, lamp

一人暮らしで出来る節約術は参考になったでしょうか。電気代は知らず知らずのうちに高額請求となってしまうものであり、一人暮らしの方にとっては頭を抱えるポイントとなります。一人暮らしの方は家族で暮らすよりも簡単に節約が行えます。節約をしたいと思う方は上記でご紹介してきたことを気にかけて生活してみてください。少しの気持ちの持ち方で節約は成功します。

支出を下げる方法ランキング

クレジットカードを使う

格安SIMを使う

ポケットWiFiを使う

収入を上げる方法ランキング

転職する

投資をする

副業をする

Copyright© incomy , 2020 All Rights Reserved.